2017.10.09 *Mon*

『この本をかくして』

この本をかくして』マーガレット・ワイルド文 フレヤ・ブラックウッド絵
 アーサー・ビナード訳(岩崎書店)

←Amazonへ


 敵の飛行機が落とした爆弾が町の図書館にあたった。
 町は燃え、図書館は爆発し、本は皆木っ端みじんになり空に舞い上がった。

 だが、ピーターのお父さんが図書館から借りていた一冊の本が残った。
 次の日、敵の軍隊がやってきた。

 ピーターとお父さんは鉄の箱に本を入れ、町を脱出した。
 人々は長い列を作り、何日も歩き続ける。

 お父さんはやせ細り、ある夜息が止まっていた。
 ピーターは鉄の箱だけを持ち、歩き続けた。

 だが、高い山を越えなければならなくなり、
 ピーターは鉄の箱を山の手前の村はずれのシナノキの下に埋めた。
 そして山を越え、ピーターは海を渡った。

 戦争が終わり、ピーターは再び鉄の箱を埋めたシナノキを訪れた。
 シナノキの枝にはブランコが掛けられ、女の子がブランコに乗って遊んでいた…



恐らく第二次世界大戦中、ユダヤ人の人たちが決死の覚悟で
ヨーロッパを脱出した時のお話ではないかと思います。
歴史が苦手な私の推測ですので、間違っていましたら本当に申し訳ありません。

本には解説がなく、出版社のホームページにも
元になった出来事があるのか否かの記述がありませんでした。

ピーターがたどった道は、『おさるのジョージ』の作者のレイ夫妻が
ドイツ軍のパリ侵攻前にパリを脱出し、ジョージの原稿を守りながら
スペインとの国境を越えてアメリカへ渡った時のいきさつと良く似ています。


ところで、ピーターが守り抜いた本は赤い表紙で、
昔の人たちの話が書いてあり、それは金銀・宝石より大事だと
お父さんから言われていました。
それはどんな本だったのでしょう?

「ぼくらがどこからきたか」が書かれている本とは…
もしかすると、「ハガダー」かな?と思いました。
これも私の拙い推理ですので、全然違うかもしれませんが。

※ハガダー(ハッガーダー)とは
 ユダヤ教徒が過越の祭りで用いる本。
 過越祭は、虐げられていたユダヤ人が、
 モーセに率いられてエジプトを脱出した歴史に由来する祭り。
 ハガダーには「出エジプト記」や祭りの式次第が記されている。

もう少し歴史的背景や本に関する解説が欲しかったですね。
日本人にはピンときにくい内容だと思いますので、
こちらの絵本を読んだお子さんから質問されても、
困ってしまう方が多いかもしれません。



*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ児童書(図書館利用)

池上彰のよくわかる世界の宗教 イスラム教』池上彰・著
 こどもくらぶ・編(丸善出版株式会社)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2017.10.07 *Sat*

『だいじなくつ』

今月(2017年10月)発売のこどものとも年少版です。


だいじなくつ』にしむらあつこ
 (こどものとも年少版 2017年11月号 福音館書店)

 ももちゃんは、ママに新しい靴を買って貰いました。
 赤くてマジックテープが付いています。

 ももちゃんと新しい靴は、どこへ行くときも一緒。
 ももちゃんの大事な靴です。

 ところが、図書館のおはなし会へ行った時、
 靴がなくなってしまったのです。

 靴は先に歩いて帰ってしまったのかしら?
 かくれんぼをしているのかしら…?



図書館のおはなし会は、
子どもたちが靴を脱いで上がれる部屋で行われることが多いです。
もしくは、子どもたちが座れるようにカーペットが用意されている場合もあります。

こちらの絵本の図書館のおはなし会も、
子どもたちが(大人も)靴を脱いでおはなし会に参加しています。
おはなし会の全景を横から見たページは興味深いですね。
(靴はもう少し揃っていて欲しいけど…)

靴は、知らない女の子が間違えて履いて行ってしまったのでした。
ちゃんと戻ってきて、ハッピーエンドです。

靴の履き間違いは、大人でもありますよね…
昔、間違えられて焦ったことを思い出しました。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書館利用)

暁の天使たち外伝 舞闘会の華麗なる終演』茅田砂胡(中央公論新社)




暁の天使たち外伝 天使たちの華劇』茅田砂胡(中央公論新社)



う~ん、暁の天使シリーズは、
セントラル(人間世界)とボンジュイ(神のようなラー一族)と
ロスト・プラネット(地球??)の三つの世界を描くSFなのかな~と思ったのですが、
今のところあまり進展はない感じですね。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事
tag : その他

2017.10.05 *Thu*

『くだものだーれ?』

仕掛け絵本です。


くだものだーれ?』よねづゆうすけ(講談社)

←Amazonへ


 真っ赤なりんごに 隠れているのはだーれ?
 ページをめくると……おさるさん。


色々な果物のページをめくると、
色々な動物が出て来るという仕掛け絵本です。

その動物が結構意外性があり、
おはなし会では大人の方も引き込まれて見ていらっしゃいます。

あまり書くとネタバレになってしまいますが…
みかんから馬が出てくるページが好きです。びっくり!
バナナから出てくる動物も意外ですよ。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(児童書/図書館利用)

考えよう! 子どもの貧困』中島哲彦・監修(PHP)




ロマン主義ってなんだろう?』ケイト・リッグス編(六曜社)





◇読んだ本(図書館利用)

王女グリンダ』茅田砂胡(中央公論新社)




暁の天使たち 全6巻』茅田砂胡(中央公論新社)



『デルフィニア戦記』の二人の主人公・金銀天使のその後を描いた物語。
デルフィニアは中世風ファンタジーですが、暁の天使はスペースファンタジーです。
私は銀天使が好きです(*^_^*)

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2017.10.01 *Sun*

購入した絵本(10月)

備忘録です。


ラトビア民話 ひつじかいとうさぎ』内田莉莎子・再話 スズキコージ・画
 (こどものとも年中向き 2017年11月号 福音館書店)

だいじなくつ』にしむらあつこ
 (こどものとも年少版 2017年11月号 福音館書店)
関連記事

2017.09.29 *Fri*

『これ あな』

表紙にも小さな穴が開いています。



これあな』宮西達也(すずき出版)

←Amazonへ


 ページをめくると、たくさんの穴。なんの穴?
 ブーン、ブーン! ハチの巣でした。

 海の上に小さな島。なんの穴?
 ザッブーン! くじらさんでした。



おはなし会では、最初に表紙の穴から指を出して
子どもたちに見せています。

私が一番好きなページは、50円玉のページ。
多分このページが一番難しいと思うのですが、
すぐに分かるお子さんが必ずいます。
すごいな~!と、本気で尊敬してしまいます。



*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*



◇読んだ本(図書館利用)

デルフィニア戦記 大鷲の誓い』茅田砂胡(中央公論新社)




デルフィニア戦記外伝2 コーラル上の平穏な日々』茅田砂胡(中央公論新社)




デルフィニア戦記画集』茅田砂胡/沖麻実也(中央公論新社)



・その他デルフィニア関係の短編(作品集等に収録分)
 『紅蓮の夢』『ヴァンツァーの櫛(漫画)』『がんばれ、ブライスくん!』

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

10
2
3
4
6
8
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

ムーンライト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在133冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)