FC2ブログ

This Category : コミックス

2011.03.07 *Mon*

「夏目友人帳」11巻

3月4日に発売された「夏目友人帳」11巻の感想です。

 「夏目友人帳」9巻 緑川ゆき(白泉社)
夏目友人帳 11 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 11 (花とゆめCOMICS)
(2011/03/04)
緑川 ゆき

商品詳細を見る

大したネタばれはありませんが、
これから読まれるご予定の方はご注意下さい




待ちに待った11巻! 嬉しい~♪
私はコミックス派なので、
いつもコミックスの発売を首を長くして待っております。
コミックスでただ一つ残念な事は、
カラーページをカラーで見られない事ですね…(当たり前)

今回も可愛い浴衣姿の夏目のイラストがあって、
やはりカラーで見たかった~と思いました。
ところで、イラストのニャンコ先生が蚊取り線香入れに見えて仕方ありませんでした…


さて、今回は「封じてあるもの」と「遠き家路」の二作品。

封じてあるもの
 タキの家の蔵掃除を夏目と田沼がお手伝いするお話。

 タキの祖父・慎一郎は妖怪が大好きだった。
 が、全く妖を見る目の無い人で、一度も妖怪と会えないまま亡くなっていた。

 慎一郎が中途半端に貼った結界を三人が大掃除で動かしたため、
 偶然封じられていた人形の妖・カクラが解放される。

 カクラがバラバラになっていた手足と頭を取り戻したら、
 大変な力を持った妖怪として復活してしまう。
 夏目達三人は、カクラの復活を阻止する事が出来るか…?


タキは相変わらずニャンコ先生の大ファンなのですね!
羊羹の一本食い(?)をする、ニャンコ先生、ラブリーです♪

病の床に伏せる慎一郎を取り巻いて、
小妖怪たちが医者の真似をして聴診器を当てて慎一郎を直そうとする場面…
何だか切なかったです。
小妖怪たちは本当に慎一郎の事が好きだったのですね。


遠き家路
 夏目の実家の家に買い手がついた、と管理をしていた親戚から連絡が入る。
 古くて小さな家なので、取り壊されてしまうとの事。
 
 夏目は最後に実家を見に出掛ける。
 そして、昔お世話になっていた親戚の家に寄るが、
 以前からそこに住み着いていた妖怪が更に大きくなり、
 力を増して家の人に害を為そうとしている事を知る…


夏目のお父さんとお母さんが写った写真が出てきます。
二人とも夏目に良く似た雰囲気の、優しそうな人でした。
お母さんは早くに亡くなったようですが、
お父さんと過ごした思い出はあるのですね。良かった…!
でも、夏目の祖母・レイコさんの謎は更に深まりましたね。

ところで、夏目は親戚をたらい回しされて辛かったと思うのですが
(しかも妖怪が見えるし)、
その家の子供も複雑な感情で夏目を見ていたのですね…。

夏目の部屋でニャンコ先生とお馴染の妖怪メンバーたちの宴会シーン。
名前を返して貰いにやってきた妖怪のために、夏目が友人帳を使うのですが、
妖怪たちが興味津々で儀式を見守っていて面白かったです♪
でも、最近は派手(?)な返還シーンがないのは少し残念…

次巻予告では、ニャンコ先生が夏目に化けるとか。
面白そう!(いえ、夏目は大変な目に会うようですが…)


さて、アニメ「夏目友人帳」の第3期放送が決まったそうです。
タイトルは「夏目友人帳 参」。

アニメでは、アクションたっぷりなシーンを是非見たいです。
的場一門の登場を期待しても良いのでしょうか? 楽しみです!


本館ブログの記事を転記しました(12/02/25)。

2010.10.03 *Sun*

ドラマCD「夏目昔物語集」

「夏目友人帳」の本誌関係の話題です。
若干ですがネタばれもありますので、ご注意下さい。






「夏目友人帳」のドラマCDが付録との事で、
今月号のLaLa、購入致しました!
情報を教えてくれたのは家族です。ありがとう~♪

内容は、「文化祭の話」と
「ニャンコ先生が『ミケ』と間違えられてしまう話」の二編です。

アニメを見ていたせいか、ドラマCDを聞いていても、
ちゃんと「誰がしゃべっている」とか分かりますね。
配役に声優さん達がぴったりなのでしょう!

特に名取さん役の石田彰さんは凄い!
台詞だけで目の前にキラキラオーラが見えます☆

ドラマもおもしろかったですが、
一番すてきだったのはCD収納用のクリアケースでした!
と~~ってもかっこいい夏目の姿が!! 大切にします♪


さて、今月号のLaLaには「夏目友人帳」が載っていなくてがっかりでしたが、
来月号の予告にびっくり!

夏目が実家へ行くそうです!?

謎に包まれていた夏目の両親について明かされるのでしょうか?
レイコさんも絡んでくるのかなあ。

というか、夏目、実家がまだあったのですね!

物凄く気になりますが、私はコミックス派ですので、
コミックスに収録されるまで我慢、我慢!

◇本館ブログ「銀うさぎの庭」の記事を移動しました。(14/04/19)

2010.09.21 *Tue*

弓道漫画

卓球のコーチから「こんな漫画があるよ!」と教えて頂いた弓道漫画です。
忘れないようにメモっておこう~☆

ひらひらひゅ~ん」西 炯子(WINGS COMICS)


ネットでレビューを調べたところ、「男性にも読める少女漫画」とありました。
書店で探してみます。


☆拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 嬉しいです♪







2010.01.06 *Wed*

「夏目友人帳」9巻

1月4日に発売されたコミックス「夏目友人帳」の感想です。

 「夏目友人帳」9巻 緑川ゆき(白泉社)
夏目友人帳 9 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 9 (花とゆめCOMICS)
(2010/01/04)
緑川 ゆき

商品詳細を見る


ネタばれを含みますので、ご注意下さい。


今回は「小さきもの」「東方の森」「特別編 夏目観察帳5」の三本立て。
中でも長編の「東方の森」が面白かったです。

東方の森
ひょんな事から(はしょり過ぎ?)、
祓い屋・的場一門の当主・的場静司の別邸に捕えられてしまう夏目貴志。
森の猿面妖怪の一団に襲われたり、的場一門と格闘したり…、
夏目は満身創痍、アクション映画さながらの大活躍でした。
が、夏目を縛ろうとした的場の式や、思いっきり殴った的場配下の奴は許せません…!

ラストの妖怪パレード百鬼夜行の如く空を飛ぶ夏目&妖怪たちはすてきでした!
的場たちも目を丸くして見上げていましたね。
是非、アニメで見たいと思いました。
ニャンコ先生も三篠(みすず)も八ツ原の中級妖怪たちも格好良かったです。

今回、的場に「友人帳」の存在を嗅ぎつけられてしまったのが心配です。

夏目観察帳5
夏目が藤原家に引き取られる以前のお話です。
周囲の人たちとの関係がうまくいかず苦労しています。

そんな中で夏目を理解しようとする同級生の少女・緒方ユリコ。
夏目に好意を持っていた友人もいたと分かって、ほっとしました。

夏目の周囲で突然ガラスが割れる現象が起ります。
廊下にいる夏目の周囲の窓ガラスが割れるのですが、内側に割れるのです。

その事に気がついて夏目を庇うユリコちゃん。
こういう事をちゃんと言える子って、素晴らしい!
それに比べて一方的に夏目のせいにする教師は困ったものです…。

このユリコちゃんにはまたいつか登場して今の夏目を見て欲しい、と思いました。

漫画も面白かったですが、
後書きの祓い屋・的場の当主と名取の若様のイラストが格好良くて素敵でした!
是非この二人の全面対決のお話を読んでみたいです☆

本館ブログの記事を転記しました(12/02/26)。
i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪




2009.07.10 *Fri*

「夏目友人帳」8巻

 「夏目友人帳」8巻緑川ゆき著(白泉社)
夏目友人帳 8 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 8 (花とゆめCOMICS)
(2009/07/03)
緑川 ゆき

商品詳細を見る

7月3日に発売されたコミックスの感想です。
ネタばれを含みますので、、これからお読みになるご予定の方はご注意ください。



第27話「夏目、文化祭に参加する
高校の友人の北本と西村がいつもながらいい人で感動しました!
バザーの接客係になって戸惑う夏目に西村が言うセリフ――
『本当に嫌だったらちゃんと言え 夏目。おれが代わってやる』
――西村の男前な表情が格好良かったです!
池に落ちた夏目を助けたり、と北本西村コンビ大活躍の巻きでした。

それから、田沼と多軌が初めて出会うシーンもありました。
アニメではとっくに知り合いな二人ですが、
漫画では8巻でようやく初対面なのですね。


第28話「映すもの
雷で粉々に砕け散った妖怪の銅鏡を夏目と田沼が協力して探して集めます。
なんと、鏡の持ち主の妖怪が田沼に憑依し、
田沼も妖怪が見えるようになります。
夏目の見ている妖(あやかし)の世界を自分も体験して
夏目の気持ちを理解する田沼。

アニメでは大活躍の田沼も漫画ではもう一つ影が薄かったですが、
今回は田沼が最高に格好良かったです。
作者さんが後書きで
「田沼を大事にしすぎて雑に扱うくらいなら出さない方がいいと思っていました(要約)」
と書いていらっしゃいました。

ようやく今まで田沼の影が薄かった理由が分かりました。
これからの田沼の活躍を期待したいです。

でも、田沼が活躍すると今度は名取さんの出番が減ってしまうでしょうか。
第8巻には名取の影も形もありませんでしたから。
名取も田沼も活躍してほしい…ファンは本当に欲深いです。


第29話「帰る場所
話はさかのぼり、
夏目が藤原家に引き取られるようになったいきさつが描かれています。
藤原夫妻はちょっと不思議な感じですね。
もしかすると、夏目の祖母・レイコの秘密とか、何か知っているのでは?


第30話「特別編
大きな顔の妖怪『ちょび』と夏目たちのほのぼの小品。
ここでようやく「友人帳」がらみの話が出てきました。
友人帳ももっと登場してほしいです!

第8巻では夏目が人間との関わりに一歩を踏み出す事になりました。
次巻も楽しみです!

本館ブログの記事を転記いたしました。(2012/02/27)
i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪




2009.04.02 *Thu*

アニメ「続・夏目友人帳」第13話

アニメ「続・夏目友人帳」第13話『人と妖』の感想です。
ネタばれを含みますので、ご注意下さい。




街中で大声で喧嘩をする夏目とニャンコ先生。
ニャンコ先生の言葉は普通の人には分からない筈ですから、
ネコと口げんかをしている変な(危ない?)高校生…という事ですか?

カイの正体は山の水神の類(たぐい)でした。
カイは強大な力を持っていて、祓い人の名取も逆に窮地に立たされます。

『水神の類』って、水神とは微妙に違うのでしょうか?
良く分かりません…

原作では渡せなかった多軌のクッキーを、
最後にカイが食べていて感動しました。本当に良かった…
夏目と多軌が会いに行ったら、
きっとカイも姿を見せてくれるでしょう。

ラスト、風鈴の音色に重なるレイコさんの後姿が
何とも言えない余韻を醸し出していました。

このカイのお話は、原作ではやや寂しいお話ですので、
アニメのラストとしてどうなのだろう、と不安でしたが、
心温まるエンディングで本当に良かったです。

ところで、友人帳に書かれていた妖の名前はまだたくさん残っています。
三期を是非!! そして、「的場編」もアニメで見たいです。

◇本館ブログ「銀うさぎの庭」から記事を移動しました。(14/04/19)

2009.03.24 *Tue*

アニメ「続・夏目友人帳」第12話

アニメ「続・夏目友人帳」第12話『廃屋の少年』の感想です。
ネタばれを含みますので、ご注意下さい。




びっくりするほど豪華な豪邸廃屋。
不思議な町です。

夏目は霊感はないのですね。
という事は、夏目と霊感少年が友達だったら
色々面白いかも…と、思いました。
見えている世界が全然違ったら面白いでしょうね。

ニャンコ先生にも気配を悟られない妖怪って、すごい大物?

花冠をかぶってまったりする夏目と多軌とカイの三人が
親子に見えてしまいました。
ここでの重要なセリフ
「おれもいつか 心から人を好きになれるだろうか」が
カットされていたのは残念でした。

「カイ」の正体が名取によって告げられ、
夏目は自分にとって大切なのは人か妖怪か、と選択を迫られます。


次回は最終回。
このお話は原作のあとがきで
「優しさだけを肯定したいわけではない」と記されていますが、
やはりやるせない最終回となるのでしょうか。


今回一番怖かったのは、高校生一人を集団でいじめる小学生達でした。

短い手足で必死に毛づくろいをするニャンコ先生が可愛かったです。
そして、花冠が似合う男子高校生・夏目ってすごいです。

来週はいよいよ最終回。第13話『人と妖』です。
このお話で終わるのはどうなんだろう…と思うので、三期を是非…!

◇本館ブログ「銀うさぎの庭」から記事を移動しました。(14/04/19)

2009.03.17 *Tue*

アニメ「続・夏目友人帳」第11話

アニメ「続・夏目友人帳」第11話『呪術師の会』の感想です。
ネタばれを含みますので、ご注意下さい。





いきなりの衝撃シーンです。
恐ろしい妖怪に追われるカラスの妖(あやかし)。
助ける間もなく夏目の目の前でカラス妖怪は喰われ、
件(くだん)の妖怪は逃げ去ってしまいます。

このカラス妖怪がとても可愛いです♪
…原作では夏目に命を助けて貰えたのに……。
ちょっとショックでした。悲しい…

「自分に出来る事をしたい」と願う夏目を、
祓い人の名取は呪術師たちの会合に誘います。
自分と同じ力を持つ人々なら同じ痛みを共有できるのではないか、
自分の出来る事を見つけられるのではないか、
と夏目はニャンコ先生と共に会合に向かいます。

呪術師の会合に着いた名取&夏目。
それにしても、塔子さんには会合に出掛ける口実に
「名取さんと一緒に泊りがけで映画に行きます」と告げる夏目ですが、
一泊して行く映画って…。絶対、変ですから!
そして、近隣を荒らしまわり、
カラスを喰った妖怪の首には賞金がかかっていました。


さあ、いよいよ的場一門登場です!!(頭首の的場は今回出てきませんが)
秘書の七瀬さん格好いい!
結構いいお年のおばあちゃまなのですが、独特の魅力があります。

賞金首妖怪を封印するために共に闘う夏目と名取。
刀を手に戦う柊(名取の式)もすてきでした!

賞金首妖怪をぶっ飛ばす夏目ー!
しかし、こんなに妖怪関係者の集まっている中で
強力な力を発揮してしまって、今後大丈夫なのでしょうか??

そして、斑(まだら)となって賞金首妖怪と
空中戦を繰り広げるニャンコ先生の雄姿!
その間に陣を描いて、賞金首妖怪を壺に封印する名取&夏目!

こういうアクションシーンの演出は、やはりアニメならでは、ですね。
もう、大満足です。


さて、賞金首妖怪を封印した壺を七瀬に奪われてしまう夏目。
七瀬は自分の式だったカラスを餌にして
賞金首を捕まえようとしたことを告げます。
大物の賞金首妖怪を式にするために、名取達を利用したのです。

同じ力を持つ人間こそ、自分にとって危険な存在なのだ、
と気づいて衝撃を受ける夏目。
そんな夏目を見つめる名取とニャンコ先生のまなざしが優しいです。

「夏目友人帳」はしみじみと心に沁み入るお話が素晴らしいのですが、
今回のような展開のお話もとても面白かったです。
こんなに盛り上げてしまったのですから、
本気で第三期を制作して欲しいのですが!(叫)

そして、次回は第12話『廃屋の少年』です。ドキドキ…

◇本館ブログ「銀うさぎの庭」から記事を移動しました。(14/04/19)

2009.01.08 *Thu*

「夏目友人帳」7巻

夏目友人帳」7巻 緑川ゆき(白泉社)
夏目友人帳 7 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 7 (花とゆめCOMICS)
(2009/01/05)
緑川 ゆき

商品詳細を見る

1月5日に発売されたコミックスの感想です。
大したネタばれはありませんが、
これからお読みになるご予定の方はご注意下さいませ。



さて、夏目は心温まるお話ばかりで~と常日頃書いておりましたが、
な、何と、今回の『人ならぬもの』は怖いお話でした!
妖(あやかし)が襲われて血を奪われ、殺されるという恐ろしい事件が起きます。

妖たちを守ろうと奔走する夏目貴志と祓い人・名取周一。
アクション映画さながらのシーンが繰り広げられます。
夏目すごい、大活躍です。
このお話、夏目が大変アクティブです。

しかし、妖を襲っていたのは、実は人間だったという事実が判明。
妖よりも人間の方が怖いとは…。

今回、かねてより噂の祓い屋軍団(?)・的場(まとば)一門の頭首、
的場静司が登場します。
的場は目的のためなら手段を選ばない、
妖を妖の餌とするぐらい何と思わない非情な男でした。

夏目貴志が夏目レイコの孫であると知った的場が、
今後どのように夏目にかかわってくるか、非常に楽しみです。
(ちょっと怖いけど…)
でも、怖い怖いと言っても、作者様の絵が優しい雰囲気ですので、
決しておどろおどろしくはありませんでした。

そして、的場が妖を滅するのに使用する道具が弓と矢!!
この辺りも弓好きの私にとっては嬉しいところです。
作者様の制作秘話で、初めに「的の家紋」→的場という流れで
名前が決まったそうです。(「公式ファンブック」より)


そんなシリアスなお話の後は『夏目遊戯帳』。
夏目が妖たちと影踏み鬼をするという、
今迄に登場した妖たちも総出演のとても楽しいお話です。

いつか、夏目も人の友達と鬼ごっこをすることができたら良いですね。
あと、個人的には『三篠(みすず)』がとてもいい味を出していると思いました。

本館ブログの記事を転記いたしました。(2012/02/27)

2008.07.07 *Mon*

「夏目友人帳」6巻

夏目友人帳」6巻 緑川ゆき(白泉社)
夏目友人帳 6 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 6 (花とゆめCOMICS)
(2008/07/05)
緑川 ゆき

商品詳細を見る


7月5日に「夏目友人帳」の新刊が発売されました。
第20話~第22話が一つの長編で、あと短編2本が収録されています。
以下ネタばれを含みます。未読の方は閲覧注意!




「長編」第20話~第22話
 箱の中に閉じ込められていた小学生を助けた夏目。
 その少年カイもまた夏目と同じように妖怪の姿が見えるのだ。
 妖(あやかし)に追われるカイを守りたいと思う夏目。
 夏目とカイは友達になった。

 ところが、『妖祓い人』名取周一からカイが妖であることを知らされる。
 カイは普通の人間に化けられるほどの力を持った妖だという。
 名取はカイを退治するために来たのだった。
 名取とカイ、人間と妖の間で板挟みとなり苦しむ夏目…。


このお話は妖カイとの出会いと別れを
ややシビアな視点から描いたちょっぴりほろ苦い作品です。
大切な人との絆が増えるのと同時に、
妖怪達との関係の見直しも迫られる夏目。
人と妖の狭間で、夏目がその答えを見いだせる日は来るのでしょうか……

第23話「特別編5 夏目観察帳4」
第4巻の子狐ちゃん、再登場です。
山で帽子を拾った子狐妖怪が夏目を懐かしんで町までやってきます。
とても心温まるやさしいお話です。
子狐ちゃんがけな気ですごく可愛いです!

第24話「特別編6 レイコ懐古帳」
妖ヒノエが語るレイコとの思い出。
漢前(おとこまえ)なレイコさんにヒノキがフォールインラヴする楽しいお話です。
人と妖怪のこういう素敵な絆もあるのですね。

今回は私の大好きな
『友人帳を口にくわえて妖の名前の返還』をする場面がなかったのが寂しかったです…。
でも、第20話の扉絵の裏のイラスト、夏目が弓矢を手にしています!
なんだか嬉しい♪


本館ブログの記事を転記いたしました。(2012/02/27)

01
1
2
4
5
7
8
9
10
11
12
15
16
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

月と星と妖精ダスト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在144冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

Twitter

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)