FC2ブログ

This Category : 児童書・ティーンズ

2016.10.19 *Wed*

「リジェクション」

ティーンズ向けの小説です。


リジェクション 心臓と死体と時速200km」佐藤まどか(講談社)

←Amazonへ


 イタリア人の16歳の少女・アシュレイは、
 心臓移植をしてから、自分の中にもう一人の人間の存在を感じていた。
 それは、ドナーだった少年の魂の記憶なのか?

 リジェクション(拒絶反応)による死への恐怖。
 変化していく自分の性格。
 母親との確執、会ったことのない父親…

 アシュレイは、バイクに乗り、衝動的に旅に出る。
 やがて道に迷ったアシュレイは、人けのない宿屋に泊まることになる。
 そこで、宿で亡くなったという男の遺体を運ぶ手伝いを頼まれるが…


一度は死の淵を見た16歳の少女が、
死や魂について考えたり、母親との関係を見直し、大人へと成長していきます。
サスペンス要素あり、ほのかな恋愛模様ありの青春小説です。

何となく、まだ続くのではないかな~と感じました。
アシュレイの恋の行方や、ドナーの少年、父親の謎が気になります。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*



◇読んだ本(児童向け)

もののけ屋 一度は会いたい妖怪変化」廣嶋玲子・著 東京モノノケ・イラスト(静山社)



最近つくづく感じるのですが…
笑顔と甘い言葉で誘われても、うっかり【契約】するべきではないですね~
(物の怪とか、魔法少女とか、要注意!)

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

2016.10.15 *Sat*

「イスタンブルで猫さがし」

児童書です。
表紙の白猫ちゃん、美人ですね!


イスタンブルで猫さがし」新藤悦子・作 丹地陽子・絵(ポプラ社)

←Amazonへ


 日本生まれで、父親の赴任先のイスタンブルにやってきた小学5年生の愛。
 幼い時から、親の都合で世界中を転々と暮らしている未来。
 トルコ人の父と日本人の母の間に生まれ、イスタンブルで育った勇人。

 三人の子どもたちが、
 オッドアイ(二色の瞳)を持つトルコの美しい白猫――「ワン猫」を捜して、
 イスタンブルの町を冒険する。

私はイスタンブールだと思っていましたが、
今はイスタンブルというのですね。(年がばれる?)

巻末に、物語の舞台となったイスタンブルの町の地図や、
トルコとその周辺の国々の地図が載っています。
私は地理が苦手で恥ずかしですが、
まさにアジアとヨーロッパにまたがっているのですね。
何だか不思議…

日本を離れて暮らす子どもたちの様子が生き生きと描かれている、
国際色豊かなお話です。

ワン猫(ヴァン猫)について調べてみました。
ヴァン猫は、トルコ東部の町に存在するのネコの一品種。
特徴は青い目と緑の目のオッドアイ、毛並は白く長い。
トルコからの持ち出しが禁止されているとのこと。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
tag : 

2016.09.17 *Sat*

「消えゆく鼓動」

「ウォーリアーズ」第4期の第2巻です。

消えゆく鼓動」エリン・ハンター作 高橋由香子・訳(小峰書店)

←Amazonへ


◇ウォーリアーズ・シリーズとは…

 4つの部族(サンダー族・リヴァー属・ウィンド族・シャドウ族)に属する
 野生猫たちの物語。

 第1シリーズ全6巻、第2シリーズ全6巻、第3シリーズ全6巻、
 第4シリーズの第2巻(本書)の合計20冊が日本での既刊。
 本国のアメリカでは、第5シリーズ(全6巻)まで出版されている。

 第1シリーズでは、野性に目覚めた飼い猫のラスティーがサンダー族に入り、
 戦士猫として大きく成長していく様子が描かれる。


本書は今年(2016年)7月に発行されました。

以下、ややネタバレを含む感想ですので、
ネタバレNGの方はご注意下さいませ。




いつでも波乱万丈のウォリアーズですが、
今回、物語が大きく動き始めます。

悪がいかにして善意の中に忍び込むのか…(しかも正義の仮面をかぶって!)
この辺りが非常に興味深かったです。

ジェイフェザーとライオンブレイズは、
大人っぽく立派になりましたね。

サンダー族の族長ファイヤスター――格好良いシーンが見られますが、
『一体どうしてしまったの…?』という事件もあります。
そう言えば、すばらしい族長だったブルースターも晩年はおかしくなりました。
ファイヤスターのこれからがちょっと不安…

スター族は日向ぼっこばかりしていないで、
もう少し協力してくれても良いのに…と思いました。

例の境界線問題が、重要な伏線だったことが分かりました。
ウォーリアーズ、これだから読むのをやめられないのですよね。

ウインド族はやはり攻めて来るのか?
ミスティスターはサンダー族に友好的でいてくれるのか?

絶体絶命の感のあるサンダー族。
次巻が待ちきれません!
小峰書店さん、頑張って下さい!!

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

2016.06.08 *Wed*

「十三番目の子」

何とも気になるタイトルで、図書館で偶然手に取った本です。


十三番目の子」シヴォーン・ダウド作 バム・スマイ絵
 池田真紀子・訳(小学館)

←Amazonへ


 一人の母親が生んだ十三番目の子ども。
 その子供は13歳の誕生日に、
 暗黒の神ドンドへの生贄として海に沈められるのだ。
 
 そんな定めを持つイニスコール島に生まれた、
 十三番目の少女ダーラ。
 赤ん坊のダーラは、村の長老カイルに引き取られ、
 家族とも村人とも接することなく育った。

 やがて、ダーラの13歳の誕生日の前日、
 ダーラは一人の少年と出会う。
 それは、ダーラの双子の兄バーンだった…


タイトルを見た時には、ホラーかな…?と思ったのですが、
ホラーでもダークファンタジーでもありませんでした。

創作ですが、伝説・神話のような雰囲気です。
美しいイラストもたくさん添えられています。

少しネタバレになりますが…アイルランドに関係する物語です。
著者のダウド氏のご両親がアイルランド系とのこと。
アイルランドと言えば、修道女フィデルマの故郷ですから、
とても興味深く感じました。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本

ひなこまち」畠中恵(新潮文庫)



「しゃばけ」シリーズ。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

2016.04.08 *Fri*

「ハヤブサの都市」

子供向けの科学読み物です。写真も満載です。

「森の新聞2 ハヤブサの都市」宮崎学(フレーベル館)

←Amazonへ


 ハヤブサなどの野生の鳥が、都市で見られるようになってきた。
 カナダのカルガリーやニューヨークなどの大都会で、
 ハヤブサが繁殖しているのだ。
 
 ハヤブサは海沿いの切り立った崖などに生息する。
 都会の高層ビルは海岸の崖地にそっくりで、エサとなるドバトもいる。
 ビルのテラスを岩棚と見て、巣を作っているのだ。


本書では、ハヤブサの家族の記録や、保護活動の様子、
高層ビルでハヤブサの巣箱を設置するヒントなどが
書かれていて、興味深いです。

「ハヤブサの都市」は1996年の初版です。
日本でも各地の都市でハヤブサの姿が見られるそうです。
調べてみたところ、何と!
私が住んでいる市のビルでも、ハヤブサが生息していることが分かりました。
何だか、嬉しいですね~♪


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇コミックス

進撃の巨人 19巻 限定版」諌山創(講談社コミックス)




ネットで注文したら、到着は明日とのこと。
早く読みたいな~ 

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

2016.04.04 *Mon*

「ハヤブサの四季」

子供向けの科学図鑑です。


「科学のアルバム ハヤブサの四季」伊藤正清・写真 松田忠徳・文(あかね書房)

←Amazonへ


先日、写真集「ハヤブサ」を見て、
やはりハヤブサって格好良いな~!と思いました。

という訳で、子供向けのハヤブサの図鑑です。
獲物を襲うハヤブサ、食事の様子、子育ての様子などが、
写真と図で解説されています。
巻末には、ワシやタカの仲間について、より詳しい説明があります。


また、世界中でハヤブサの数が以下のような理由で激減しているそうです。

・自然破壊による環境の悪化。
・農薬による汚染(食物連鎖の頂点にいる為、
 汚染の影響を受けやすい。卵が壊れやすくなる)
・釣り船を警戒し、子育て中の巣を放棄してしまう。
・ハヤブサが生息する崖がロッククライミングの訓練場として使われ、巣を放棄。

釣り船やロッククライミングがハヤブサの生息に影響を与えることがあるとは、驚きでした。
自然のバランスは難しいですね…

※「ハヤブサの四季」は1986年初版、2005年4月新装版発行です。

◇ハヤブサの写真集

ハヤブサ」吉野俊幸・写真/文(文一総合出版)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

絵本ではなく、一般向けの写真本です。「ハヤブサ」吉野俊幸・写真/文(文一総合出版) ハヤブサとは…カラスよりやや小さい猛禽類。  主なエサは小鳥。エサの少ない冬場には、  サギ類・カモメ類・小型哺乳類も捕食する。  最大飛翔速度は300Kmと言われる。三年間にわたり、ハヤブサの生態を記録した写真集です。捕食の一瞬を捉えた写真、雌雄の求愛の様子、ヒナの誕生から巣立ちまで――迫力のある写真が満載です。親鳥の後...
「ハヤブサ」


2016.03.02 *Wed*

「ウォーリアーズ」

最近、夢中になって読んだ児童書です。

◇「ウォーリアーズ」とは
 森の4つの部族(サンダー族・リヴァー属・ウィンド族・シャドウ族)に属する
 野生猫たちの物語。

 第1シリーズ全6巻、第2シリーズ全6巻、第3シリーズ全6巻、
 第4シリーズの第1巻の合計19冊が日本での既刊。
 本国のアメリカでは、第5シリーズ(全6巻)まで出版されている。

 第1シリーズでは、野性に目覚めた飼い猫のラスティーがサンダー族に入り、
 戦士猫として大きく成長していく様子が描かれる。


ウォーリアーズ」エリン・ハンター著(小峰書店)

←Amazonへ


ハリー・ポッターの本と同じ位の厚さの本が19冊…
そもそも、ほとんど猫しか出てこない物語は面白いのかしら?
と、半信半疑で手に取りましたが、読み始めた途端、
波乱万丈のストーリーに夢中になってしまいました!

内容をここに書くとネタバレになってしまいますので避けますが、
猫のちょっとした仕草なども細かく描写されていて、楽しめます。

児童書ですので、厚さの割にはどんどん読み進めることができます。
次から次へと事件が起きますから、
「ウォーリアーズ」を読んでいる間は、毎日ワクワクハラハラ楽しかったです。

ちょっぴり難点を言えば、登場猫がどんどん増えて行くことでしょうか。
登場猫紹介が、段々長くなります。
という訳で、また最初からゆっくりじっくり読みなおしています。
『あの猫が!この猫が!』と、改めて新鮮に感じます。



小峰書店さんには大いに頑張って頂いて、
第5シリーズ(全6巻)まで発行して頂きたいと思います。
早く第4シリーズの第2巻"Fading Echoes"が出ないかな~♪


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本

自閉症の僕が跳びはねる理由 会話のできない中学生がつづる内なる心」
 東田直樹(エスコアール出版部)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

2016.02.11 *Thu*

「松谷みよ子の日本の神話」

子供向けの日本の神話のご本です。

心をそだてる 松谷みよ子の日本の神話」(講談社)

←Amazonへ


古事記・日本書紀・風土記に記された神話を、
歴史とのかかわりを理解しながら、
物語として楽しめるように編纂された一冊です。

天地の始まりのお話として、
国生み・スサノオ・アメノイワト・ヤマタノオロチの物語。
オオクニヌシのお話。
アマテラスの子孫のお話。
高千穂から大和へ移った後のお話にはヤマトタケルの物語。
更に日本各地に伝わるお話が収録されています。

また、日本の神さまミニ辞典やミニコラム、
野村たかあきさんをはじめ複数の画家さんによる親しみやすいイラストが付いています。
ミニコラムには地図や写真もあり、興味深かったです。

これは親切だな~と思ったのは、
難しい言葉についての注釈が、初出の時だけではなく、
毎回ついている点です。
つまり、たくさんあるお話をどこから読んでも安心!ということですね。

古事記は昔読んだだけですが、改めて本書を読んで懐かしく感じました。
ヤマトタケルの最後の歌の一つは、子どもの頃から大好きでした。

 大和は 国のまほろば
 たたなずく 青垣 山ごもれる
 大和しうるわし


今でも、美しい景色を見た時には、この歌が頭に浮かびます。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


ところで、昔読んだ古事記をAmazonで探してみました。

古事記 新潮日本古典集成」西宮一民・著(新潮社)



今でも入手可能なのですね。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本

ウォーリアーズ2(3)夜明け」エリン・ハンター著(小峰書店)



ウォーリアーズ2(4)星の光」エリン・ハンター著(小峰書店)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

2016.02.02 *Tue*

読んだ本(備忘録)

備忘録です。


おしえて、レンブラントさん」ヤン・パウル・スクッテン文
 マルティン・ファン・デル・リンデン絵 野坂悦子・訳(BL出版)

←Amazonへ


よくわかる少年法 罪を犯したらどうなるの?」後藤弘子・監修(PHP研究所)




スマフォ 便利さにたよりすぎていない?」秋田喜代美・監修 稲葉茂勝・著(フレーベル館)

 同じシリーズの「SNS本当につながっている?」も読んでみたいです。


セクシャルマイノリティ ありのままのきみがいい」日高庸晴・著(汐文社)


ウォーリアーズ(6)ファイヤハートの旅立ち」エリン・ハンター著(小峰書店)



ウォーリアーズ2(1)真夜中に」エリン・ハンター著(小峰書店)



 順調に読み進めてきたウォーリアーズ・シリーズですが、
 2期の2巻が貸出し中で、止まってしまいました。
 早く返却して欲しい…


松谷みよ子の本の神話」(講談社)




子どもはみんな問題児。」中川季枝子(新潮社)




*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


子供向けの学習書は、大人にも分かりやすく読みやすいですね。
「子どもはみんな問題児。」は子供向けではなく、子育て中の方に。

2016.01.06 *Wed*

年末年始に読んだ本(児童書)

備忘録です。


ローワンと伝説の水晶」「ローワンとゼバックの黒い影
 エミリー・ロッダ作 さくまゆきこ・訳(あすなろ書房)





「リンの谷のローワン」シリーズの第三巻と四巻。
最終巻の第五巻も早く読みた~い!


想い出あずかります」吉野万里子(新潮社)



子どもから大人への成長を描いた作品。
魔法使いの質屋さんが、思い出を担保にお金を子どもたちに貸してくれます。
最後の方、甘過ぎない?と思った部分もありましたが、面白かったです。


よくわかる知的財産権」岩瀬ひとみ・監修(PHP研究所)



「楽しい調べ学習シリーズ」の一冊。
著作権に関しては、大人も気を付けなければ!
同じシリーズで「少年法」もあるので、こちらも読みたいです。 

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

01
1
2
4
5
7
8
9
10
11
12
15
16
18
19
20
22
23
24
25
27
28
29
30
31

月と星と妖精ダスト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在144冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

Twitter

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)