2014.12.03 *Wed*

「まほうのひょうたん」

こどものとも年中向けの今月号は、スリランカの昔話です。

まほうのひょうたん」シビル・ウェッタシンハ再話/絵
 松岡享子・訳(子どものとも年中向け2015年1月号 福音館書店)

 ある日、お百姓さんの畑にとてつもなく大きなひょうたんが一つ生りました。
 それは、大きくなったり小さくなったりする魔法のひょうたんでした。

 しばらくして、お百姓さんのおかみさんが病気になりました。
 病気は悪魔のせいだと考えられていたので、
 悪魔祓いの踊りが始まりました。

 すると突然大雨になり、水はお百姓さんの家にも押し寄せました。
 その時、魔法のひょうたんがどんどん大きくなり、
 お百姓さんとおかみさんと悪魔祓いの踊り手と太鼓叩きの4人は、
 ひょうたんの中に吸い込まれました。

 ひょうたんは4人を中に入れたまま、流されていきます。
 そして、段々小さくなりました。

 ひょうたんは海まで流されてきました。
 一匹の魚がひょうたんを一飲みにしてしまいました!
 今度は、エサを探していた鳥が魚を見つけて丸呑みにしてしまいました!
 そして…


とても不思議な物語ですね。
最期までハラハラします。(ハッピー・エンドです♪)
力強いイラストで、私は悪魔祓いのダンサーが格好良くて好きです(´▽`*)

hyoutan.gif

作者のシビル・ウェッタシンハさんは、
2010年に東京子ども図書館に招待され、
スリランカの民話等を日本の子どもたちにお話されました。
その時に一番人気だったのがこちらの物語だったそうです。
(リーフレット「絵本のたのしみ」より)

物語に登場するひょうたんは、
スリランカではLabu(ラブゥ)と呼ばれる、野菜とのこと。
中の柔らかいところはカレーやサラダにしたり、
殻は乾かして水を入れたりするそうです。
(見返しの注釈より)

※ひょうたんのイラストは、「素材庭園」様からお借りしました。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


06
2
4
6
7
9
11
12
14
17
18
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在131冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)