2014.06.03 *Tue*

「ムーミン」絵本

備忘録です。(書きかけの記事です)


【絵本・ムーミン谷からシリーズ】

ムーミン谷に春がきた」絵本・ムーミン谷から1◎
 トーベ・ヤンソン原作/絵 岡村美恵子・構成/文(講談社)

ムーミン谷に春がきた (絵本・ムーミン谷から)ムーミン谷に春がきた (絵本・ムーミン谷から)
(1998/04/23)
岡村 美恵子

商品詳細を見る


 春、ムーミンとスナフキンはおさびし山で不思議な帽子を見つける。
 帽子の中に玉子の殻を捨てると、ステキな雲が出て来た。
 みんなは雲に乗って遊ぶ。
 かくれんぼでムーミンが帽子の中に隠れると、変な姿になってしまう。
 ムーミンママだけが真実に気が付き、ムーミンは元の姿に戻る。
 その後、アリジゴクをハリネズミに変える。
 ムーミンとスナフキンは、帽子を秘密の場所に隠す。


ムーミン谷の大こうずい」絵本・ムーミン谷から3

ムーミン谷の大こうずい (絵本・ムーミン谷から)ムーミン谷の大こうずい (絵本・ムーミン谷から)
(1999/01/11)
岡村 美恵子

商品詳細を見る


 火山が噴火し、大洪水がムーミン谷を襲う。
 ムーミン一家は流されてきた大きな板に乗り込む。
 ミイは水に落ちてしまうが、ママの裁縫かごに乗ることができた。
 入り江で釣りをしていたスナフキンはミイを見つけて合流。
 スナフキンとミイは公園の「べからず看板」を引き抜いて捨ててしまう。
 入り江にムーミン一家も流れ着き、全員で喜び合う。
 水が引き始め、全員でムーミン谷に帰った。


ムーミン谷のすい星」絵本・ムーミン谷から4

ムーミン谷のすい星 (絵本・ムーミン谷から)ムーミン谷のすい星 (絵本・ムーミン谷から)
(1999/03/09)
岡村 美恵子

商品詳細を見る


 「もうすぐ地球は滅びる」とジャコウネズミに言われ、
 真偽を確かめるため、ムーミンとスニフはおさびし山の天文台へ向かう。
 旅の途中でスナフキンと合流。
 天文台で「四日後に彗星が地球に衝突する」と聞き、
 三人は急いでムーミン谷に向かう。
 その途中、化け物草のアンゴスーラに襲われているスノークのお嬢さんを救出。
 スノーク兄妹も行動を共にすることになる。
 みんなは干上がった海を竹馬で渡り、ムーミン谷に辿り着いた。
 そして、海岸の洞窟に、全員で避難する。
 彗星の尻尾が地球をかすめただけで、地球は滅亡を免れた。
 朝日が昇り、地平線の彼方から海が戻ってくる。


ムーミン谷のふしぎな夏」絵本・ムーミン谷から5

ムーミン谷のふしぎな夏 (絵本・ムーミン谷から)ムーミン谷のふしぎな夏 (絵本・ムーミン谷から)
(1999/07/29)
岡村 美恵子

商品詳細を見る

 
 「飛行おに」の噂話をするスナフキン。
 以前ムーミンたちが見つけた不思議な帽子の持ち主は、飛行おにだったのだ。
 八月のある朝、トフスランとビフスランがムーミン屋敷にやってくる。
 二人はモランの宝物を持ち出したので、モランから逃げていたのだ。
 追ってきたモランの前で、
 ママはさくらんぼの種を帽子の中に入れルビーに変える。
 モランは喜んで帽子を貰うと立ち去る。
 夏が終わる頃、大事件が起きる。
 ママのハンドバッグがなくなってしまったのだ。
 ハンドバッグはトフスランとビフスランが寝床にしていた。
 バッグが見つかったので、大パーティーが開かれる。
 ビフスランが鞄の中の「ルビーの王様」を見せる。
 飛行おにがその光に気付いてやってくる。
 飛行おにはルビーの王様を探していたのだ。
 ご馳走を食べて機嫌良くなった飛行おには、
 「みんなの願いを一つずつ叶えよう」と言う。
 ムーミンは旅をしているスナフキンにご馳走を届けてもらう。


小説作品のエピソード。印象としては、抄訳。このシリーズは文章量が多い。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


ムーミンのたからもの」創作絵本 トーベ・ヤンソン原作◎
 松田素子・文 スタジオ・メルファン(我妻康美)絵(講談社)

ムーミンのたからもの (講談社の創作絵本)ムーミンのたからもの (講談社の創作絵本)
(2005/08/11)
松田 素子

商品詳細を見る


 ムーミンママはハンドバッグ、ムーミンパパは帽子、
 スナフキンはハーモニカ…
 みんな宝物を持っている。
 「でも、僕には何もない」と悲しくなったムーミンは、自分だけの宝物を探す。

 でも、見つけたステキな物は、どれも他の人に似合いそう。
 途中、迷子になったムーミンを仲間たちが探しに来てくれる。
 ムーミンは手に入れたものをみんなにプレゼントする。
 「ムーミンの宝物は、みんなのことを考えられる心」とムーミンママ。
 ムーミンはもう悲しくありませんでした。

日本で出版されたオリジナル・ストーリーのようです。
アニメ風のイラスト。
小さいお子さんにも分かりやすい内容です。


ムーミンのともだち」トーベ・ヤンソン原作
 松田素子・文 スタジオ・メルファン絵(講談社)

ムーミンのともだち (講談社の創作絵本)ムーミンのともだち (講談社の創作絵本)
(2008/08/12)
松田 素子

商品詳細を見る


 もうすぐ冬。
 スナフキンが旅に出てしまうので、ムーミンはしょんぼり。
 ムーミンはスノークのお嬢さんと一緒に花を探す。
 花は見つからない。
 ヘムレンさんは「植物は今見えないところで準備をしている」と教えてくれる。
 二人はサナギを見つけ、寒いから家に連れて帰ろうとする。
 だが、ミイに「サナギには寒くなければ強い蝶になれない」と止められる。
 ムーミンは「春になればスナフキンに会える」と元気になる。
 スナフキンは旅立つ前に、ムーミンに新しく作った歌を聴かせてくれるのだった。

 
ムーミンのふしぎ」トーベ・ヤンソン原作◎
 松田素子・文 スタジオ・メルファン絵(講談社)

ムーミンのふしぎ (講談社の創作絵本)ムーミンのふしぎ (講談社の創作絵本)
(2009/12/11)
松田 素子、トーベ・ヤンソン 他

商品詳細を見る


 「海は青いが、その水をすくっても青くない」と不思議に思うムーミン。
 ムーミンは色々な海の色をつかめて、標本を作りたい、と思う。
 ママが茶色の木の皮で染めた布はピンク色になった。
 スニフが持っていた石は、水を掛けると美しい色に変わった。
 ムーミンは、海を良く見て心や頭の中にしまっておくことにした。
 その日の夕焼けはとてもきれいだった。
 ムーミンの心の中に、決して消えない「海の色」や
 「夕焼け色」のビンがたくさん並んだ。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


【ムーミンのおはなしえほんシリーズ】

ゆきがふるよ、ムーミントロール」トーベ&ラルス・ヤンソン 当麻ゆか・絵(徳間書店)

ムーミンのおはなしえほん ゆきがふるよ、ムーミントロールムーミンのおはなしえほん ゆきがふるよ、ムーミントロール
(2011/10/15)
不明

商品詳細を見る


 ムーミン谷に冷たい風が吹き抜けた。
 スナフキンは葦の茎を編んでいた。荷造りはもう済んでいる。
 そして「春の一番初めの日にかえってくる。チェーリオ!」
 と言ってスナフキンは旅立った。
 ムーミンは寂しくて仕方がない。
 パパが薪小屋で小さな包みを見つけた。
 それは、スナフキンからムーミンあてだった。
 中には手紙と小さな葦のボートが入っていた。
 ムーミンは、スナフキンもムーミンと会えなくて寂しいと思っている、
 だからボートをくれたのだ、と気が付く。
 春は必ずやってくる。スナフキンも必ず帰ってくる。
 また一緒に楽しく過ごせるだろう。
 ムーミンは急に嬉しくなった。
 そして、春の一番初めの日のことを夢に見ながら冬眠したのだった。

 
おたんじょうびね、ムーミントロール」トーベ&ラルス・ヤンソン 当麻ゆか・絵(徳間書店)

おたんじょうびね、ムーミントロール (ムーミンのおはなしえほん)おたんじょうびね、ムーミントロール (ムーミンのおはなしえほん)
(2012/03/16)
トーベ&ラルス・ヤンソン(原作・絵)

商品詳細を見る


 誕生日の朝、ムーミンはパパからカードを、
 ママからは金のボタンを貰った。

 金のボタンを見せようと、スナフキンやスニフ、
 フローレンとミイに会いに行くが、皆忙しくしていて話を聞いてくれない。
 しょんぼりと家に帰ってきたムーミン。
 その時、「お誕生日、おめでとう!」とみんながやってくる。
 誕生日プレゼントにみんなで作った宝箱を持って。
 ムーミンは宝箱に金のボタンを仕舞って眠ったのだった。


ともだちをさがそう、ムーミントロール」トーベ&ラルス・ヤンソン 当麻ゆか・絵(徳間書店)

ともだちをさがそう、ムーミントロール (ムーミンのおはなしえほん)ともだちをさがそう、ムーミントロール (ムーミンのおはなしえほん)
(2013/02/09)
トーベ&ラルス・ヤンソン

商品詳細を見る


 秋、ムーミンとスニフは浜辺で宝探しをしていた。
 手紙入りのガラス瓶を見つけたのはスニフ。
 手紙には『むかえにきてください。ともだちより』と書いてあった。

 ムーミンとスニフはいかだに乗って海に出た。
 海が荒れていかだは壊れてしまうが、二人は島に着いた。
 そこで出会ったのはトゥーテッィキだった。
 手紙を出したのは、彼女だったのだ。
 三人は船を作り、『あたらしいともだち号』と名付け、家に帰った。
 スニフはムーミンパパに島で見つけた羅針盤を、
 ムーミンはフローレンに金のロケットをおみやげに上げる。
 トゥーテッィキはムーミンパパが立てた水浴び小屋に住むことにしたのだった。
 

ぼうけんにいこうよ、ムーミントロール」トーベ&ラルス・ヤンソン 当麻ゆか・絵(徳間書店)

ぼうけんにいこうよ、ムーミントロール (ムーミンのおはなしえほん)ぼうけんにいこうよ、ムーミントロール (ムーミンのおはなしえほん)
(2012/06/12)
トーベ&ラルス・ヤンソン(原作・絵)

商品詳細を見る

 
 綺麗な月の夜、ボートに乗り、海に乗り出したムーミン一家・フローレン・ミイ。
 冒険の旅の始まりだ。
 ムーミンは月明りに照らされた海の底に真珠を見つけ、
 フローレンにプレゼントする。

このシリーズは、表紙にキラキラ加工がしてあって、きれいです。
特に「ともだちをさがそう、ムーミントロール」の秋の月に照らされる海が美しい。
関連記事

07
2
3
4
5
7
8
10
12
15
16
17
19
20
21
24
25
26
27
28
29
30
31

花が流れる水中時計

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在131冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)