2009.09.15 *Tue*

「こぐまをびっくりさせたのはだれ?」は科学絵本?

昨日自分が書いた記事を読み直していたら、
ふと「なぜ『こぐまをびっくりさせたのはだれ?』が
『科学のとも』なのだろう?」と疑問に思ったので、
本に挟んであった解説用リーフレット『絵本のたのしみ』を読んでみました。

あ、古書でありながらリーフレットが入っているなんて、
出品者(?)さんに感謝です!


こぐまをびっくりさせたのはだれ?
ニコライ・スラトコフ原作 松谷さやか・文 ナターリヤ・チャルーシナ・絵
(福音館「ちいさなかがくのとも2007年7月号」)


以下、『絵本のたのしみ』から抜粋しました。

原作のニコライ・ストコフ氏はロシアの自然文学作家です。
生前、森の生き物の観察を続け、自然を題材にした作品を多数残しました。

自然を書き続けた理由を
「自然の美しさ、なぞ、叡智、無限の多様性を愛しているからだ」と語っています。

文を書かれた松谷さやか氏は、「この絵本は
森には人間の耳にとどかない小さな声で悲鳴をあげている生き物たちがたくさんいる
と教えてくれる」と解説されています。




なるほど。だから「科学のとも」なのですね。
「動物達がびっくりしている表情が可愛い!」と単純な気持ちで購入しましたが、
そんな深い意味があったとは…!

絵本に込められたメッセージも意識しながら
「おはなし会」で読みたいと思います。



関連記事
tag : 科学絵本

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


08
2
3
5
7
8
10
11
13
14
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

花が流れる水中時計

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在133冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)