2012.09.23 *Sun*

「ようこそ初孫の巻」

「子育てハッピーアドバイス ようこそ初孫の巻
 明橋大二・吉崎達郎/共著 太田知子/イラスト(万年堂出版)

子育てハッピーアドバイス ようこそ 初孫の巻 ~孫が幸せに育つために子育てハッピーアドバイス ようこそ 初孫の巻 ~孫が幸せに育つために
(2012/07/10)
明橋 大二、吉崎 達郎 他

商品詳細を見る


初めてお孫さんを迎える祖父母さんに向けて書かれた子育て本で、
副題は【孫が幸せに育つために】です。
四コマ漫画つきです。

この頃、0歳児クラスなどでお母さま方と関わることが増えてきましたので、
手軽に読める最近の育児書を探していて見つけた本です。

近年は「子育て」が「孤育て」と言われ、
母親が孤立しストレスを抱え込んでしまうことが問題視されています。
私がお手伝いしている0歳児クラスや公民館の託児ボラも
お母さま方がほっとできる場として期待されている訳ですが、
スタッフの不用意な一言で逆に傷つけてしまう可能性もあります。

こちらの本では、
祖父母から母親への声掛けの良い例・悪い例が具体的に示されています。
例えば、子供を叱り過ぎる母親に対して、
「そんなに叱ったらかわいそう」などはうっかり言ってしまいそうですが、
これは逆に母親を追いつめてしまう言葉だそうです。
スタッフの立場としても気を付けなければ…と思いました。

他には、自己肯定感の重要性とその育て方、
「甘えさせる」と「甘やかす」の違い、
30年前(祖父母が子育てをしていた時代)の子育てと最近の子育ての違い等々…
そして「読み聞かせ」の効用についての記述もあります。

私自身、「抱き癖って良くないんですか?」と質問され、
今時「抱き癖」という言葉を聞くとは~とびっくりした経験があります。
現実に母親が育児方針で上の世代とぶつかることはあると思いますので、
両方の考えを知っておくのは、大切だと思いました。

それにしても、こちらの本にも登場しますが、
「孫にむやみにお菓子を与える祖父母」って、
実在するのでしょうか?
お菓子ばかり食べていたらご飯が食べられず健康に悪い、
と普通に考えられない人がいるとは、
ちょっと信じられないのですが…
(都市伝説?)

可愛いイラスト付きで、
母親と祖父母の気持ちが良く分かる一冊です。
(なかなかこのように上手くはいかないかもしれませんが…)
子育てを巡り、嫁と姑、両者の板挟みになりやすいパパさんにも
お勧めかもしれません(´▽`*)


あ、それから、
ネットでこのような主張は無意味ですが、
私、一応祖父母世代ではございませんので…
念のため☆

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

COMMENT

パンとぶどう酒様へ
こんにちは。
ボラの関係で保健師さん等、
様々な方とお話しする機会がありますが、
多くの方が子どもとそのご家族について心を砕いています。
コメントありがとうございました。
by 真雪 #5Y7l5AKQ
2012/09/30(日) 10:42 [Edit
こんばんは
> 薄日になりたい

= この一言、ものすごく感激しました!!
by パンとぶどう酒 #-
2012/09/28(金) 22:52 [Edit
こうまさん様へ
こんにちは。

>お助け参考書ですね!
この本一冊で最近の育児のすべてが理解できるわけではありませんが、
非常に分かりやすい参考書ですので、お勧めです。
何よりも、短時間で読めるのが嬉しいです(笑)

>かわいい孫には買ってやりたくなる
祖父母とお菓子問題、程度によりますよね。
もし同居で子供が日常的にお菓子を与えられ過ぎているとしたら、
母親にはストレスでしょう。
子供の健康にも良くないですし、母親と祖父母の仲も悪くなり、
家の中がぎくしゃくして子供は情緒不安定に…という状態を想像してしまいました。
孫が本当に可愛いのでしたら、
祖父母さんも考えて行動してほしいですよね。

>お嫁さんや娘さんが主張することをやむなく(?)受け入れている祖父母
基本的に育児は親の責任ですので、
目に余る場合や明らかに孫に害になる場合以外は、
仕方ないかもしれませんね。
親たちを見守らねばならないという意味では、
祖父母もまだ育児(もう大人ですが)の途上なのかもしれません。

色々問題はあるかもしれませんが、
多様な価値観を学んだり、
コミュニケーション能力を養えますから、
三世代・四世代同居は優れた点があると思います。
ただ、お互いの価値観を尊重し合えないと、
摩擦だけが大きくなってしまう可能性がありますよね。

>何事も、ほどほどがよいのではないかな~
同感です!
やはり極端すぎる育児は、
どこかでひずみが出ることがあるように思います。

この本のシリーズに、
「忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス」もありますので、
こちらも読みたいと思っています。
それでは、コメントありがとうございました。
by 真雪 #5Y7l5AKQ
2012/09/28(金) 18:40 [Edit
パンとぶどう酒様へ
こんにちは。

>一人の人間として尊重する。
本当に一番大切なことですね。
子供も大人も、すべての人が
お互いに尊重し合えることができると良いのですが…

>子供と接していると晴れの日より、
>曇りや雨の日の方がずっと多いです。
パンとぶどう酒さんのコメント、
考えさせられます。

今は情報量も多く価値観も多様化、男女の働き方も様々、
でも子育ては孤立しがちで、
その中で育児をされているお父さんお母さんは
本当に大変なことが多いと思います。

ただ、曇りや雨の日の薄日になりたい、
と活動している人はたくさんおりますので、
時々思い出してやって下さい…


>誰かに認めてもらいたいですよね。
誰でも「人から認められたい」という気持ちを持っていますよね。
そういう意味で考えると、
ブログは子育て中の親御さんにとって
力になるツールの一つではないかと思います。
同じ子育て世代でつながることができ、
情報交換の場にもなります。
喜びと悩み、そして意見や愚痴も共有することができますから。
もちろん、ステキな思い出アルバムでもありますよね。
それでは、コメントありがとうございました。
by 真雪 #5Y7l5AKQ
2012/09/28(金) 18:33 [Edit
こんにちは!
いい本ご紹介いただきましてありがとうございました。
端境期の私たちにとって
(もう産めないし、ばばになるのにも早すぎる
)の、お助け参考書ですね!
早速、借りてみようと思います。

祖父母がむやみにお菓子を買い与える、というのは
十分ありますよ!
特に当地のように3世代同居が多数で
昼間は祖父母に面倒を見てもらっている場合。
かわいい孫には買ってやりたくなるようです。

反対に、お菓子やおもちゃ、その他ありとあらゆるものを「親のコントロールのもと」制限されているお子さんも見受けられます。
お嫁さんや娘さんが主張することをやむなく(?)受け入れている祖父母のみなさんも知っています。

子どもがどう思って育つかは、
自分自身が通った道しかわかりませんが、
何事も、ほどほどがよいのではないかな~とは思いますネ。
by こうまさん #O7xVy9HA
2012/09/27(木) 10:15 [Edit
こんばんは☆
親が子離れできないケースは結構あるんでしょうね。
子供は親の所有物じゃないですものね。
一人の人間として尊重する。
とても大切なことだと思います。

今は大人になるのが大変な時代。
大人になる前に育児を開始する人も
多数いると思っています。

子供と接していると晴れの日より、
曇りや雨の日の方がずっと多いです。
また育児は誰かに認めてもらうために
するものではありません。
無償の愛ですよね。
でも人間は弱い生き物です。
誰かに認めてもらいたいですよね。
by パンとぶどう酒 #-
2012/09/26(水) 23:24 [Edit
パンとぶどう酒様へ
こんにちは。

>自分の子供がきちんと育児をしていると思っていたら、
>少し孫の羽根を伸ばしてあげようとするかもしれませんね(笑)
もちろん、母親がそれを承知している場合、
それから「たまに」のことで
「むやみに」与えられていない場合はOKです。
問題なのは、母親が「やめて下さい」とお願いしているのにも関わらず、
盲目的な孫可愛さで行われている場合ですね。

>祖父母には育児の責任が親と比較して、ありません。
とはいえ、親の育児方針と真っ向から対立しては、
孫も混乱してしまいます。
親が定めた時間にお菓子をあげれば良いのに、
わざわざ母親と喧嘩してまで
孫に「むやみに」お菓子を与えたいと考える祖父母がいるとしたら、
私には理解しにくいです。
でも、実際にいるようですから不思議なのですよね…

それから、厳しい育児をする母親は、
本人も真面目で自分に対して厳しいので、
まずは母親の育児を認めて褒めることで、
母親の心のフォローをしましょう、と書かれています。
なるほど、一理あるなあ~と思いました。

(敢えて嫌な書き方をしますが)子供の行動の一つ一つが
母親の評価に直結するので、母親も息苦しいのでしょう。
例えば、スーパーで泣き叫んでいる子供がいると、
周りからは「母親のしつけが悪いから」と見られてしまいます。
真面目な母親ほど追い詰められてしまいますよね…

>自己肯定感
子供にとって「自己肯定感」は大切ですが、
母親も、そしてすべての人にとって自己肯定感は大事ですよね。
自分自身を大切な存在だと感じられなければ、
他の人を大切にできる筈がありませんから…

パンとぶどう酒さんのブログを拝見すると、
お嬢さまたちがすくすくと元気に成長している様子を伺えて心温まります。
それではコメントありがとうございました。

by 真雪 #5Y7l5AKQ
2012/09/25(火) 18:56 [Edit
こんばんは☆
> 私、一応祖父母世代ではございませんので…

= 存じ上げております。
曽祖父母世代でございますね。
(ボケたらツッコまないと!ですよねw)

「ようこそ初孫の巻」
視点を変える意味で読んでみようと思いました。
(書店で立ち読みしてきます)

> 孫にむやみにお菓子を与える祖父母

= 昔、友人にその悩みを抱えている女性がいました。
私が外からみていた感想では、
そのお母さんは厳しい育児をする人でした。
祖父母が自分なりに考えて、
こっそり緩めているんじゃないか。
(口には出して言いませんでしたが、
そんな感想を持った記憶があります)
祖父母には育児の責任が親と比較して、ありません。
自分の子供がきちんと育児をしていると思っていたら、
少し孫の羽根を伸ばしてあげようとするかもしれませんね(笑)

> 自己肯定感の重要性とその育て方、

= 「自己安定感」という言葉は使用していませんが
上記の内容の記事を作成済みです(笑)
今週か来週くらいにUPしようと思っていました♪

>「抱き癖」

= 東南アジアの国々では小学校高学年くらいまで、
親が抱っこしてあげる国が多いようです。
愛情たっぷり笑顔たっぷりの育児法♪
頑張りまーす☆
by パンとぶどう酒 #-
2012/09/24(月) 22:52 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


10
2
3
4
6
8
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

ムーンライト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在133冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)