FC2ブログ


2012.06.27 *Wed*

「ビブリア古書堂の事件手帖3」

「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ 」三上延(メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
(2012/06/21)
三上延

商品詳細を見る

 普段は人見知りなのに、
 本を手にすると饒舌に語り始める
 ビブリア古書店の美しい女店主・栞子(しおりこ)。

 幼い頃のトラウマゆえに本好きなのに読書ができない青年・大輔。
 そして、ビブリア古書店を訪れる、本に囚われた人々。

 栞子が一冊の古書を手がかりに、
 もつれた事件の謎を解きほぐします。



ごく最近刊行されたミステリー小説です。
これからお読みになるご予定の方、
少しのネタバレもNGの方はご注意下さい。






今回私が一番好きだったのは、
古書会館で行われた市場の場面です。
古書の取引の様子がとても興味深かったです。
さて、栞子さんはここで事件に巻き込まれます…


続きは「READ MORE…」から。
こちらは若干のネタバレがあります。
ネタバレNGの方はご覧にならないよう、
お願いいたします。



「ビブリア」の公式サイトも開設されています。
最も興味深いのは「ビブリアの世界」地図です。
実在の鎌倉・藤沢の地名と共に、
ビブリアに登場する(架空の)お店が書き込まれています。
地図を持って歩くビブリアファンの方もいらっしゃる事でしょう。

   「ビブリア古書堂の事件手帖」公式サイトはこちら→◇

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る


i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪


↓ネタバレ注意!↓
 




 古書会館の市場で、
 ヒトリ書房が落札した高価な古書が一冊消えてしまう。
 競り負けた栞子が盗んだのではないか…と
 疑いの目が向けられる。


ここで大輔が栞子を弁護するために放った言葉が面白い!
普通の感覚ならひどい言い草なのですが、
ヒトリ書房の店主も栞子さん本人も思わず納得の一言でした。
栞子さんにまで納得されて、ちょっぴりショックを受ける大輔でした…

この場面もっと詳しく書きたいのですが、
これから読む方の楽しみがなくなってしまいますので控えます…
大輔の言葉は、
ある意味栞子さんの本質を剥き出しにした一言だったと思います。

第三巻で取り上げられた本は次の通り。

・「王さまのみみはロバのみみ」(ポプラ社)
・「たんぽぽ娘」(集英社文庫)
・謎の絵本(タイトルが結末に関わってくるため伏せています)
・宮沢賢治の某作品

絵本の話は、
私も多少はついて行けるかと思いましたが、
さっぱりでした。残念…

このシリーズを読むといつも思うのですが、
稀覯本・珍本に対する熱意が妄執に変わると、
怖いなあ…と思います。
私も人形好きなので、
理性は失わないよう、気をつけたいと思います。

さて、ラストで思わぬ展開があります。
脇役(失礼)と思われていた あの人 が意外なキーパーソンだったのです!?
でも観察力に富んだ栞子さんが気が付いていなかったなんて事があり得るのでしょうか?
第四巻は冬頃発売との事。楽しみです!


ところで、私は藤沢生まれで海の近くで暮らしていました。
江ノ電を良く利用しまたし、
鎌倉・大船も生活圏内でした。
生まれ育った場所が物語の舞台になるのは、
とても嬉しいです。
今は違う土地に住んでおりますが、
お墓のあるお寺は鎌倉にあるので、
お墓参りに行く時はビブリア地図を持参しようかな…
関連記事

COMMENT

こうまさん様へ
こんにちは。
>レポート作成
そうですよね、
そういうお仕事も付随しますよね。
色々お忙しい中、本当にお疲れ様です。

>本に類まれな愛情
過分なお言葉、嬉しく存じます。
私も、花の子ぽけっとの広場の皆様からは、
子供たちと絵本への溢れんばかりの愛情を
いつも感じております。

>誰しも好きなことには『妄執』はあるもの
温かいお言葉、ありがとうございます!
これからも大好きな絵本について
ブログで「好きです!」と叫びたいと思います。
それでは、コメントありがとうございました。
by 真雪 #5Y7l5AKQ
2012/08/09(木) 21:15 [Edit
ねぎらいのメッセージ有難うございました!
いつも温かく励まして下さって
本当にありがとうございました。
これからは、セミナー参加のレポート作成です!


栞子さんに似ている気がするのは、
もちろん、とってもかわいい感じの描写
(すーすーの口笛とか、本に類まれな愛情をお持ちなところ!)です☆
誰しも好きなことには『妄執』はあるものでしょうしね~。
by こうまさん #O7xVy9HA
2012/08/08(水) 23:44 [Edit
こうまさん様へ
こんにちは!
セミナーへのご出席、お疲れさまでした。
花の子ぽけっとの広場の皆さまのご活躍、
いつも楽しみに拝見しております。

>『ビブリア古書堂』
一気にお読みになったのですね!
本好きにはたまらない小説ですよね♪
私は特に古書業界の裏話が大好きです。

>気に入って
本当はきちんとした感想や考察を書ければ良いのですが、
いつも好きな本を『好きです!』と叫んでいるだけで、
お恥ずかしい限りです…

>栞子さんのイメージ
きゃあ☆
好きなものに執着してしまう性格は
ちょっと似ているかもしれません(´▽`*)
栞子さんの姿を見ていると、
自分も気をつけよう…という気持ちになります。

それでは、コメントありがとうございました。
またどうぞお越し下さいませ♪
by 真雪 #5Y7l5AKQ
2012/08/07(火) 18:49 [Edit
こんばんは!
「はっけんくん」がオマケに付く夏ですから、
真雪さんおすすめの『ビブリア古書堂』を
まっしぐらに買いました。
いつものように、真雪さんの気に入っていらっしゃる本は“はずれない!”ですね~。
(これは私たち仲間内の定説でもあります。)
どんどん読んで、大阪セミナーの帰りに3巻まで読んでしまいました!
4巻が待ち遠しいですね。
ネタバレ記事は、読後に読ませていただきました。
楽しかったです。

私のなかの栞子さんのイメージは、真雪さんと重なってマス☆
by こうまさん #O7xVy9HA
2012/08/05(日) 23:51 [Edit
パンとぶどう酒様へ
こんにちは。
「鎌倉物語」の情報、ありがとうございます。
>コンビニででも立ち読み
う~ん…
これは私にはハードルが高いです…
(高過ぎて、壁です~)

県内の図書館の蔵書リストにもありませんでしたので、
コミックスに詳しい友人と本屋さんへ行った時に
探して貰う事にします。
あ、でもコミックスはビニールのカバーが掛かっているので
立ち読みはできないですね…

>私は表紙絵がキツかったです(笑)
確かに、漫画のようですよね。
私も、最初はもっと軽い感じの読み物かと思いました。

昨日近所の書店へ行きましたら、
ビブリア関連本コーナーができていてびっくりしました。
古書関係の小説(文庫)がビブリアと一緒に並べられていました。
完全に私のような人が狙われていますね~(笑)

>「たんぽぽ娘」
お楽しみに!
それでは、コメントありがとうございました。
by 真雪 #5Y7l5AKQ
2012/06/30(土) 10:41 [Edit
おはようございます
西岸良平「三丁目の夕日」
映画になっていますのでご存じだと思います。
漫画はビッグコミックオリジナルで連載。
西岸良平の漫画の世界観は全て同じです。
こちらをコンビニででも立ち読みされれば、
おおよそ、どんな漫画か分かると思います。

「表紙が美人さんだった。(←重要)」
私は表紙絵がキツかったです(笑)
購入をかなりためらいました。
それ以上に「当たり本」だという
確信みたいなものもありました。
また版元が角川。ここは出版したら、
それっきりな会社という
危機感も働いたと思います。
第1巻は発売後まもなく、
初版で購入していますv(^^)v
2巻以降はHIT作品だと分かっていますので
ゆっくり古本で探すつもりです♪

「たんぽぽ娘」集英社文庫
このワードに反応しています。
どのような形で使われたのか興味あります。
by パンとぶどう酒 #-
2012/06/29(金) 06:59 [Edit
パンとぶどう酒様へ
こんにちは。

>鎌倉物語
知りませんでした。
amazonで見ましたが、鎌倉で
妖怪と人間が共存しているという設定のミステリーなのですね。
面白そうです!
でも、絵はギャグテイストと言いますか、
不思議な雰囲気ですねえ…
一度読んでみたいです。
(図書館に無いのが残念!)

ちなみに私がビブリアを購入した動機は、
・「月魚」を読んで以来、古書店に興味を持った。
・舞台が鎌倉だった。
・表紙が美人さんだった。(←重要)
以上の三点でした。
それでは、コメントありがとうございました。
by 真雪 #5Y7l5AKQ
2012/06/28(木) 19:23 [Edit
こんばんは
私がこの本の第1巻を購入した理由に
舞台が鎌倉というのもあげられます。
真雪さんは西岸良平の漫画は読んだことが
ありますか?
彼の漫画「鎌倉物語」の世界観が大好きです☆
鎌倉へはまだ2度しか行ったことがありませんが
良いところだなって思っています。
by パンとぶどう酒 #-
2012/06/27(水) 23:13 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


12
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

月と星と妖精ダスト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在144冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

Twitter

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)