FC2ブログ


2012.06.23 *Sat*

「たぬきのいとぐるま」

たぬきのいとぐるま」木暮正夫・文 水野二郎・絵(チャイルド本社)

たぬきのいとぐるま (みんなでよもう!日本・世界の昔話2)たぬきのいとぐるま (みんなでよもう!日本・世界の昔話2)
(2005/04/01)
木暮 正夫

商品詳細を見る


 昔、山奥にきこりの夫婦が暮らしていました。

 ある日、二人が仕事で留守にしている間に、
 ご飯の入れ物が空になっていました。
 周りには、小さな足跡があります。
 「いたずらだぬきの仕業に違いない」と、きこりは怒ります。

 その晩、おかみさんが糸を紡いでいると、
 障子の破れ穴からたぬきが覗いています。
 寂しい山奥なので、
 たぬきでも遊びに来てくれるのは嬉しい、とおかみさんは思います。

 次の晩もその次の晩もたぬきはやって来ました。
 おかみさんが糸車をまわすと、たぬきも真似して手を動かします。

 ある晩の事、たぬきが来ません。
 おかみさんが心配して辺りを探すと、
 藪の中でたぬきがきこりの仕掛けた罠に掛かっていました。
 おかみさんはたぬきを逃がしてやりました。

 その後、たぬきは遊びに来なくなりました。
 冬になり、きこりの夫婦は春までふもとの村で暮らす事にしました。

 やがて雪が解け、二人は山小屋に帰ります。
 すると、戸口の周りにたぬきの足跡がたくさんついていました。

 「小屋の中が荒らされているのではないか」と、
 きこりは心配して戸を開けます。
 小屋の中で二人が見たものは…




ほのぼのとした昔話です。
たぬきは可愛らしく、おかみさんも美人です♪

また、満月に照らされる薄野、
木々が赤や黄色に色付いた晩秋の山、
いっせいに花咲く春山…
そんな移り変わる自然の様子も美しく描かれています。


昔話には厳しい展開のストーリーも多く、
それは教訓や生きる知恵として必要だと理解はできるのですが、
「辛いな~」と思う事もあります。
こういう昔話を読むとほっとしますね。

だからと言ってこちらのお話がただ楽しいだけと言う訳ではありません。
当初たぬきはいたずらをしたせいで罠を仕掛けられ、
たぬき汁になっていた可能性もありました。

が、寂しい山奥の暮らしで、
たぬきの訪問を心待ちにするおかみさんと
いたずらを止めおかみさんの元へ毎晩通うたぬきの間に、
不思議な交流が生まれます。

満月の夜に、罠に掛かったたぬきを助けるおかみさん…
この場面は非常に美しいです。

たぬきは冬の間中糸を紡いで過ごし、
結果として恩返しとなりました。
でも、『恩を返さなければ』という義務感や悲壮感はありません。
裏表紙のイラストからも、
たぬきが本当に楽しんで働いていた事が分かります。

それにしても、このたぬきには是非機織りにも挑戦して貰いたいですね!
すてきな布ができる予感がします。
元は伊豆地方の民話との事です。


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *


こちらの絵本については、
リンクさせて頂いている
花の子ぽけっとの広場」さんの記事で知りました。
   ◇記事はこちら→「6年生による“絵本人気投票”結果」

子どもたちによる人気投票で三位となった絵本です。
残念ながら現在は入手困難な状況ですが、
今年のGW、ついに入手する事ができました♪

図書ボランティアグループ
「花の子ぽけっとの広場」さんは、
小学校での読み聞かせはもちろん、
絵本を劇化して舞台上演なさったり、
地域の催しに参加されたり、と幅広い活動をしていらっしゃいます。

また勉強会や講演会のまとめ記事があり、
非常に参考になります。
もちろん、すてきな絵本のご紹介もあります。
花の子ぽけっとの広場」さんのブログはこちらへ→


i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

COMMENT

パンとぶどう酒様へ
こんにちは。
>リンク先を全て回っている時に
そうだったのですか!
また一つ謎が解けました(笑)
「花の子ぽけっとの広場」さんの幅広い活動には憧れております☆
by 真雪 #5Y7l5AKQ
2012/06/26(火) 17:07 [Edit
TBさせて頂きました☆
「花の子ぽけっとの広場」さんも
ステキなブログですよね。
真雪さんのブログも最初
「花の子ぽけっとの広場」さんのリンク先を
全て回っている時に見つけることができました(笑)
by パンとぶどう酒 #-
2012/06/25(月) 23:11 [Edit
こうまさん様へ
こんにちは。
コメントありがとうございます!
お手数をお掛けして申し訳ありませんでした…

こちらこそ、いつも
「花の子ぽけっとの広場」の皆さまからパワーを頂いております。
これからもよろしくお願いいたします。

木暮正夫さんはお化けや妖怪のお話も書いていらっしゃる方なのですね。
「怖いお話会」も楽しみにしております。
それでは、本当にありがとうございました。
by 真雪 #5Y7l5AKQ
2012/06/24(日) 11:50 [Edit
ありがとうございました!
真雪さん、メッセージも有難うございました。
このように、こちらでご紹介いただくことは、
大変照れくさくもあり、
嬉しくもあります!
真雪さんのご活躍には、まだまだ及ばないのですが、
これからもがんばります[腟究��絖�:v-343]

絵本も気に入っていただけたなら、とっても幸せです。
作者の木暮さんは、「怖いお話会」でも本を使わせていただいてます☆
by こうまさん #O7xVy9HA
2012/06/23(土) 21:46 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List

今回は自宅から徒歩5分の距離にある図書館。 こちらを舞台にして、2才11ヶ月の娘の画像と共に 色々とお話させて頂きます。 まず最初に、図書館まで徒歩5分圏内。 これは
2012/06/25(月) 06:00:59 | 世界は愛娘を中心に回っている!! [Del


12
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

月と星と妖精ダスト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在144冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

Twitter

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)