2012.06.20 *Wed*

「うつぼざる」

「狂言絵本 うつぼざる」もとしたいずみ・文 西村繁男・絵(講談社)
狂言えほん うつぼざる (講談社の創作絵本)狂言えほん うつぼざる (講談社の創作絵本)
(2011/11/18)
もとした いづみ、西村 繁男 他

商品詳細を見る

 


 昔、わがままな殿様が、家来を連れ、狩りに出掛けました。
 その途中で猿まわしを見かけ、
 自分のうつぼ(矢入れ)にしようと、
 猿の毛皮をよこせと無理難題をいいつけます。

 弓矢でおどされ、泣く泣く子猿をうつことにした猿まわし。
 せめて苦しまないように我が手でと、棒をふりかぶると…

     ◇帯の紹介文より




私はおはなし会で昔話を読む事が多いので、
新しく何か面白い昔話絵本はないか、と探している時に出会った絵本です。


わがままな殿様が真面目に生きる庶民に理不尽な要求をする…。
時代劇で良く見掛ける光景です。
(ちなみに私は時代劇が好きです。
尚、ちりめん問屋のご隠居さんは登場しません)

「猿の毛皮をよこせ」と命令する殿様の笑顔、
要求を断る猿まわしの『はあ? 何言ってんだ?』という表情、
猿まわしに抱っこされた子猿の無邪気な様子…
私は静かな緊迫感が漂うこのページが好きです。

が、権力者に脅され、屈してしまう猿まわし。
理不尽ですが、どうしようもありません。
猿まわしは猿に「私を怨まないでくれ」と頭を下げます。
ちょこんと座り、合掌のような仕草をする子猿。
泣けます。

猿まわしは棒を振り上げます。
表情が恐ろしいです。
心を鬼にしなければ、可愛い子猿を殺す事は出来ないのでしょう。

自分を打ち殺そうとする棒を奪って舟をこぐ芸をする子猿…
「猿と一緒に私も殺して下さい」と猿まわしは子猿を抱きしめます。
この光景に、さすがの殿様も改心して涙します。

ラストは猿と一緒に殿様も踊ってしまうという大団円。
猿まわしも沢山の褒美を頂くのでした。
めでたしめでたし…


時代劇要素がたっぷりの面白い絵本なのですが、
こんな殿様がトップにいてこの国(どこの国か分かりませんが)は大丈夫なのだろうか、
と思わず心配になってしまうのは私だけでしょうか?

何はともあれ、最初から最後まで
子猿ちゃんのとぼけた表情が可愛いです♪

ところで、私は弓道経験がありますが、
矢筒(矢入れ)を「うつぼ」と言うのは初めて聞きました…
絵本、侮りがたし。勉強になります。

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪




関連記事

COMMENT

パンとぶどう酒様へ
こんにちは。
お子さんたちに創作物語を聞かせてあげる…ステキですね。
きっと大きくなっても楽しい思い出として心に残る事でしょう。

>巨人に作ってあげたマスク、
>それが今、私が使っているお蒲団
子どもは奇想天外で破天荒なお話が好きですよね。
マスクのゴムをどのように調達されたのか、気になります…

それにしても巨人のくしゃみはすごかったでしょう!
もしかしてご近所の山がえぐれていたりした場合は、
その巨人のくしゃみで吹き飛んだとか…?
楽しいお話をありがとうございました(´▽`*)
by 真雪 #5Y7l5AKQ
2012/06/23(土) 09:53 [Edit
おはようございます
「鬼平」でいえば真冬さんは
おまさのイメージがあります(笑)
「剣客商売」でいえば
美冬のイメージがありますね(笑)
(ドラマは観たことあまりないですが
小説は何度も再読しています)

「勧善懲悪」「明朗快活」
私の好きなジャンルです。
時代小説でいえば山手樹一郎も
全集を購入して読んでいます。

現代まで語り継がれえてきた伝承(昔話)
私がお爺ちゃんになったら
子供たちに語ってみたいなって思いました(笑)
今も姪っ子たちに話を色々せがまれるのですが
SF的な奇想天外な話が好きなようです。
毎回、色んな大冒険の話を
こしらえるのって楽しいです。
何度も話しているので、
細かい設定まで出来ていて、
よくほころびをつっこまれたりして
楽しんでいます。
今、話しているのは私が1つ目巨人と一緒に
旅をしている物語です。
その巨人に最初、
私が食べられそうになったのですが、
彼が風邪を引いていて看病したのが縁で
友達になりました(笑)
ちなみにその時、巨人に作ってあげたマスク、
それが今、私が使っているお蒲団だよ、
などと毎回、私の持ち物にエピソードがつくような
オチにしています。大変です(笑)

by パンとぶどう酒 #-
2012/06/22(金) 06:40 [Edit
パンとぶどう酒様へ
こんにちは。

>時代劇
今はBSの「鬼平」の再放送を毎週見ています。
再放送して欲しい時代劇は「剣客商売」です。
最初の頃の美冬さんが特に好きでした♪

さて、昔話の優れている点は、
起承転結がはっきりしている事、
お約束的な展開で誰にでも分かり易い事、
結末が納得できるところですね。

また、勧善懲悪が大前提で、
途中のハラハラドキドキの展開がラストで一気に解決される
解放感(カタルシス)が心地良く感じられます。

昔話は、語り部さんによって語られるのが本来の姿だそうです。
でも、今の子供たちには囲炉裏とか井戸とかなじみが薄いです。
絵本ならそういった物も視覚的に理解できますので、
昔話を絵本で読むのも意味があると思います。

日本の子供たちに自国の古いお話を知って欲しいという気持ちもありますし、
色々な国の昔話を通じてそれぞれの文化や風土、
日本の昔話との共通点や違いを感じてほしい、
そんな気持ちで読んでおります。

訓話的な意味については、
正直、あまり考えた事はありません。
私が絵本を選ぶ一番のポイントが、
「子どもたちに楽しんで貰えるか」だからです。

とは言え、大抵の絵本(昔話にも最近の作品にも)には、
何かしら大切なメッセージが含まれていますよね。
そのメッセージをどう受け止めるかは、
聴き手(子どもたち)に丸投げしております。

長々と語ってしまい、失礼いたしました。
パンとぶどう酒さんも面白い昔話絵本を見つけられましたら、
是非教えて下さいませね!
よろしくお願いいたします。
by 真雪 #5Y7l5AKQ
2012/06/21(木) 17:15 [Edit
こんばんは
面白い絵本っていっぱいあるんですね。
図書館の予約が追いつかないです(笑)

> 昔話を読む事が多いので

= 訓話が多いから
昔話をとりあげるのかなぁとふと思いました。

私の好きな時代劇にはちりめん問屋の
ご隠居さんが出てきたのですが残念です(笑)
できればもう少し詳しく真雪さんの好きな時代劇
お話聞かせて頂きたいものです☆
by パンとぶどう酒 #-
2012/06/20(水) 22:34 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


08
2
3
5
7
8
10
11
13
14
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

花が流れる水中時計

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在133冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)