FC2ブログ


2010.01.31 *Sun*

「獣の奏者」に思う事

物語の内容に触れる箇所がありますので、
これからお読みになるご予定の方はご注意下さい。


獣の奏者」上橋菜穂子・著(講談社)


獣の奏者 (1(闘蛇編))


獣の奏者 (2(王獣編))





「獣の奏者」を読んで、学生時代の事を思い出しました。

私は理系の某学部におりましたが、学生達は先生方から
理系バカになってはいけない」と良く言われました。
広い視野と倫理観を持て、と。
特定の宗教ではありませんが、「神様」のお話をされる先生もいらっしゃいました。

その後オ●ム真理教の事件があり、
教祖の言い成りにサリンを製造した若者達の姿に、
改めて「理系バカ」という言葉を思い出しました。

もちろん、エリンは思考を放棄した「研究バカ」ではありませんでした。
むしろその逆で、王獣や闘蛇を解放しようと努力し続けた人でした。
それでも。

エリンは彼女の世界の強大な生物兵器「闘蛇」と「王獣」の真理を探究し続け、
意に反して時の為政者の思惑に翻弄され、
大きな悲劇を引き起こすきっかけとなってしまいました。
この大事件を元により良い時代が訪れたとしても…

色々考えさせられる物語です。

関連記事→「獣の奏者


関連記事

COMMENT

やまねこ様へ
こんにちは! コメントありがとうございます。

>理系も読めるファンタジー
新聞に「獣の奏者」の宣伝と共に載っていた記憶があります。
読者の感想だった様な気もしますが…

逆に「理系が読めないファンタジーって何だろう…?」と考えると、夜も眠れなかったり…しませんが。
なかなか深遠なキャッチ・コピーですよね!

>理系
やまねこ様、理系に夢を見過ぎでいらっしゃいます!
いえ、ものすご~く上のレベルの研究者の方々はやまねこ様のおっしゃる通りかもしれませんが…。

>理系は入学後もずっと研究や実験や課題に真剣に取り組んでいて、
文系の学部とはキャンパスが離れていましたのでカリキュラムの違いは分からないのですが、
確かに大学時代が一番勉強したと思います。

特に卒研の頃はいつ終わるとも知れない実験をしていましたので、泊まり込みでしたし。
結構においのきつい薬品を扱っていたのにもかかわらず、めったに洗濯をしない白衣を着っぱなし。
学食では、情報系の学生に「○○科は臭い!」と後ろ指さされた事があります。
薬品で穴のあいたジーンズも平気で着ていました。

おっと! 二度と当ブログへご訪問いただけないような話をしてしまいました。
昔々の学生時代の話ですから!

ちなみに職場では仕事の関係上、いつもクリーニングの行き届いた白衣を着て身ぎれいにしておりました。
ご安心下さい!

私のとんでもない過去話はこのくらいにして。
情報(コンピューター)・機械・物理・化学・生物etcで学生の雰囲気は結構違いましたね。

名称は出せませんが、なぜか結構余裕があるように見える学科もありました。
理系も色々です。

>心と身体のバランスをとるように、専門的視野と普遍的な視野を 両方兼ね備えられるのが、本当に理想ですよね…!
まさしく理想ですね。
私も少しでも近づけるよう、日々精進しなければ…と思います。
(が、難しいです…)

ところで、最近私は気になって仕方がない事があります。
それは「小さいミカンは本当に大きいミカンより美味しいのか?」という事です。
やまねこ様のブログで拝見してから気になって…

こんな私ですが、これからもどうぞよろしくお願いします!
by 真雪 #j2KS4BfU
2010/02/01(月) 19:35 [Edit
こんにちは

下の記事から続けて拝見してきました…^u^

理系も読めるファンタジー、私は文系なのですが、
このキャッチコピーは気になりますね…!

真雪さんは理系のご出身なのですね!
絵本や物語にすごく造詣が深いので、文系の方かと
想像しておりましたので、意外性がすごく素敵です…^m^
ギャップのある人って、魅力的ですよね

理系…!!私は小さい時からずっと文系で、周りも文系の人が
多かったのですが、社会に出てから理系の人たちと接するようになって、
理系の人たちのすごさに本当に感動しました…!!
ほんとに、目からうろこがポロポロ落ちるくらい、理系の考え方の
合理性や的確な指摘や、圧倒されっぱなしで、、、
自分が理系でなかったのが、いつも残念で仕方がありません

しかも、理系の人たちって純粋で奥ゆかしいというか、
素朴な方々が多いですよね
文系だと、大学に入ったら流されて遊んでしまう人も多いのに
理系は入学後もずっと研究や実験や課題に真剣に取り組んでいて、
モチベーションの違いに愕然としたことがあります。。。

実社会でも、理系の技術職が地道に研究開発したもので
社会は成り立ってる部分が多いと思うし…。

でも、真雪さんの書いてらっしゃるように、ストイックで純粋な分、
道を踏み外してしまっても、その道をまっすぐに突き進んでしまう危うさは
あるのかな…と思いました

バランスのとれた、という言葉がありますが、
心と身体のバランスをとるように、専門的視野と普遍的な視野を
両方兼ね備えられるのが、本当に理想ですよね…!
私はどちらもへなちょこなので、精進出来たらなあ…と
しみじみ思います。。
(でもそれがなかなか続かないのが文系なのかもしれないです笑^^;

ポチ
by やまねこ #nMYPI6HY
2010/01/31(日) 17:20 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


06
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

月と星と妖精ダスト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在144冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

Twitter

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)