2016.06.19 *Sun*

「すえずえ」

しゃばけ・シリーズの第13弾。

すえずえ」畠中恵(新潮社)

←Amazonへ


「しゃばけ」シリーズとは…

 江戸の大店・長崎屋の若だんな一太郎は、自他共に認める超虚弱体質。
 そんな一太郎には、普通の人には言えない秘密があった。
 実は、祖母が大変な力を持つ大妖なのだ。
 (でも、一太郎は妖が見えるだけで、特別な力はない)

 一太郎の部屋には、あまたの妖(あやかし)が集い、日々にぎやかに暮らしている。
 その筆頭が、手代の仁吉と佐助。
 この二人も大きな力を持つ妖だ。
 
 仁吉と佐助の二人にとって、若だんながこの世のすべてであり、
 日々、まめまめしく一太郎のお世話に励むことを生きがいとしている。
 
病弱な一太郎は、人間や妖の困りごとを安楽椅子探偵的なポジションで解決に導きます。
一太郎に大甘々な手代二人の存在と、妖独特の論理が面白いです。
大江戸を舞台に、人間と妖が繰り広げる、ゆかいで心温まるファンタジー時代ミステリです。

第13弾の「すえずえ」には、
猫又たちが手ぬぐいを持って踊りを繰り広げるシーンがあります。
これは、神奈川県の戸塚に伝わる昔話の「猫の踊り場」が元になっていますよね。

「猫の踊り場」のお話はとても面白いと思うのですが、
私の知る限り、絵本や紙芝居になっていないと思います。
今、猫ブームですし、妖怪も人気なのですから、
どこかの出版社様が絵本か紙芝居にして、発売して下さらないかしら…(祈)

「猫の踊り場」にご興味のある方は、
検索して頂ければいくつかの紹介サイト様がすぐにヒットします。
よろしければ、どうぞ♪


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本

メディチ家の紋章(上)」テリーザ・ブレスリン著
 金原瑞人/秋川久美子・訳(小峰書店)




ダ・ヴィンチの工房の様子が面白かったです。
他にも、実在の超有名人がたくさん登場します。
ティーンズ向けの歴史サスペンスです。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇朗報☆

ウォーリアーズ・シリーズの新刊のお知らせが小峰書店のHPに出ていました!

消えゆくこだま(仮)」エリン・ハンター作 高橋由香子・訳(小峰書店)

第4期の第2作。半年ぶりの出版ですね。
待ち遠しい~~!! 

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

COMMENT

straighttravel様へ
初めまして、こんにちは。
こちらこそ、straighttravelさまのブログを楽しく拝読しております(^-^)

『猫の踊り場』、とても面白い昔話ですよね!
なぜ絵本や紙芝居になっていないのか…不思議に思います。

そして、『ねこのぼんおどり』の情報をありがとうございます!
幸い、市の図書館の蔵書にありましたので、
ぜひ読んでみたいと思います。
それでは、ご訪問とコメント、ありがとうございました。
またどうぞお越し下さいませ。
straighttravelさまのブログへも、お邪魔いたしますね♪
by 真雪 #5Y7l5AKQ
2016/07/31(日) 18:49 [Edit
猫の踊り場
はじめまして。
初めてコメントさせていただきます。
いつも楽しくブログを拝見させていただいております。(^^)

『猫の踊り場』の話は、私も大好きです。
お祭りの多い今の季節にぴったりのお話ですよね。

絵本ではなく、低学年向けの絵読み物ですが、
佐藤さとるさん文 村上勉さん絵(あかね書房)で
『ねこのぼんおどり』という本が出ています。
もしよろしかったらご覧になってみてください。(^^)
by straighttravel #-
2016/07/31(日) 12:55 [Edit
miyazyy様へ
こんにちは。

>メディチ家、イタリアの名家ですね。
ボルジア家の人々も登場します(^-^)

記事にも書きましたが、ダ・ヴィンチ工房の様子がとても興味深かったです。
史実とフィクションが巧みに織り込まれているところが面白い物語ですね。
(でも、生き延びるには、とても厳しい時代ですね…)

>書店には読んだことがない本がたくさん。
私も、ステキな本にもっともっと出会いたいと思います♪
それでは、コメントありがとうございました。
by 真雪 #5Y7l5AKQ
2016/06/21(火) 20:47 [Edit
こんにちは。

メディチ家、イタリアの名家ですね。
歴史サスペンスにピッタリな感じがします。

最近、娘の要望で本屋さんへ行くことが多いです。
真雪さんのおすすめ本を見つけて、手に取りましたが、読んでいる時間がないなと諦めました。
書店には読んだことがない本がたくさん。
目がキラキラしてしまいます。(*^_^*)
by miyazyy #Oy7yNCUI
2016/06/20(月) 14:15 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


08
2
3
5
7
8
10
11
13
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

花が流れる水中時計

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在133冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)