2015.08.13 *Thu*

「エルサレムから来た悪魔」

私は、修道士が探偵役の歴史ミステリが大好きです。
HPには「歴史修道会ミステリ」のページも作っています。
愛読書は「修道士カドフェル」シリーズです♪

悩みは、中々条件をクリアした作品を見つけられないこと。
が、最近、面白いミステリに出会いました!

探偵役は女性検死官なのですが、なんと…
容疑者の大半が司祭や修道士&修道女!

ということで、「女医アデリア」シリーズ第1巻(上下巻)のご紹介です。


ネタバレNGの方はご注意下さい。






エルサレムから来た悪魔」アリアナ・フランクリン著 吉澤康子・訳(創元推理文庫)

←Amazonへ


 1171年。イングランドのケンブリッジで、
 子どもを狙った連続誘拐殺人事件が起きた。
 嫌疑がユダヤ人に掛けられ、ユダヤ人への私刑や迫害が横行する。
 
 国王ヘンリー二世は、イタリアのシチリア国王に事件解決の協力を要請する。
 シチリア国王の命を受けてケンブリッジに派遣されたのは、
 ユダヤ人の調査官・ナポリのシモン、
 サレルノ医科大学で医学を学んだ女医で検死官のアデリア、
 そしてアデリアの召使いでサラセン人のマンスールの三人。

 シモンとアデリアは着々と調査を進め、次第に容疑者が絞られる。

 司祭、女子修道会院長、修道士と修道女たち、
 元十字軍兵士の騎士たち、そして王臣の税官吏…

 残虐な手口で次々と子供たちを殺害した悪魔は誰なのか?
 やがて、悪魔の手はアデリア一行にも迫り…



こちらの小説に興味を持ったきっかけは、
「修道士カドフェル」の後の時代を描いた小説だからです。

カドフェルの時代は、スティーブン王と女帝モードが王位を争う内戦が長く続きました。
アデリアの頃は、既に内戦に終止符が打たれ、
ヘンリー二世の治世下、17年間平和が続いていました。(1171年当時)

この時代、サレルノには世界最高の医学校があり、
世界各地から医学を学ぶ者たちが集まっていました。

アデリアも大学で医学を学び、学生たちを教え、
特に検死についての優秀な専門家でした。
そのため、王命を受けてナポリのシモンと共にケンブリッジにやってきたのです。

アデリアにとって不運なことに、当時のイングランドは女性の地位が低く、
女性が医術を行えば、魔女として宗教裁判にかけられて当然の社会でした。

アデリアがイングランドの医療水準の低さに呆れるシーンがありますが、
もしカドフェルと出会っていたらな~と想像してしまいます。
カドフェルは1080年生まれですので、1171年は91歳です。
可能性は0ではないですよね!

そうそう、女性のアデリアが派遣された理由は、
語学に堪能で、英語とヘブライ語が話せたからです。
その他に、フランス語・ラテン語・ギリシャ語・アラビア語を話すことができます。
まさにスーパーレディ!
修道女フィデルマとぜひお友達になって欲しいですね。
(さすがに7世紀と12世紀の人物では出会えませんが…)


聖人の遺骨の扱いについては驚きでした。
修道士ファルコのシリーズでは、まだ生きている司祭を殺害して
聖人に祭り上げようとする人々が出てきます。

こちらでは、殺された少年を如何にして聖人に仕立てるか…そんな計画が実行されます。
色々現代人には理解できない世界ですね。

←Amazonへ


さて、魅力的な人物が多く登場する本作ですが、
実は陰の主役と言って良いのが王様のヘンリー二世。
ラストのヘンリー二世の格好良さに、くらくら(笑)しました!
(多分、日本人のほとんどが好きな展開です。某国民的時代劇のようです♪)

史実とフィクションが絡み合い、
人間の心の闇を描いたスピード感溢れるミステリです。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

◇アデリア・シリーズの第2巻・3巻の記事はこちらへ→「アーサー王の墓所の夢





ところで、作中で祝宴が催され、
席次についての言及があるのですが、興味深かったです。

 大公は大司教と同格
 司教は伯爵と同格
 在郷の男爵は他領から来た男爵より上

 公使は他領から来た男爵と同格だが、
 公使が教皇特使の場合はどうするか?

 良くあるケースで、大司教が大公である場合は?(上巻P281より)

席次は多くの人にとって重大な関心事で、
主催者の意図しない侮辱から殴り合いが発生したり、
深い恨みが生まれることもあったそうです。
関連記事

COMMENT

ひつじ工房様へ
こんにちは♪
中世ミステリがお好きな方には、絶対に面白いと思います!
(描かれている事件は悲惨で哀しい事件なのですが…)

登場人物もみんな魅力的です。
私は特にギルサという女性が好きです(^-^)

唯一の欠点は、読みだすとやめられなくなって、
翌日寝不足になる危険があるところでしょうか。
どうぞ、お気をつけて!

>カドフェルも
>フィデルマも大好きです♪
嬉しいです♪♪♪
もっと中世ミステリが増えると良いですね!
それでは、コメントありがとうございました。
by 真雪 #5Y7l5AKQ
2015/08/13(木) 22:07 [Edit
おおっ!
私も興味ある、ある。の物語!
ご紹介ありがとうございます〜。
真雪さんのおかげで、カドフェルも
フィデルマも大好きです♪
by ひつじ工房 #-
2015/08/13(木) 14:19 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List

ミステリ小説「女医アデリア」シリーズの第3巻です。 ※アデリア・シリーズについては、こちらの記事もどうぞ→「エルサレムから来た悪魔」 ネタバレNGの方はご注意下さい。 「アーサー王の墓所の夢」アリアナ・フランクリン著 吉澤康子・訳(創元推理文庫) ←Amazonへ  1176年。街ごと大火で焼失したグラントンベリー大修道院の墓地から、  二...
2015/08/15(土) 10:35:06 | 月夜の青猫絵本箱 [Del


06
2
4
6
7
9
11
12
14
17
18
19
21
23
24
26
27
28
29
30

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在131冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)