2015.04.19 *Sun*

「ねずみのすもう」3冊

「ねずみのすもう」は、子どもたちに人気のある昔話で、
おはなし会でも良く読まれます。


~あらすじ~

 昔、貧しい暮らしのおじいさんとおばあさんがいた。
 ある日おじいさんが山へ芝刈りに行くと、
 痩せたネズミと太ったネズミが相撲をしていた。
 
 太ったネズミは長者の家のネズミ。
 どうしても勝てない痩せネズミは、
 おじいさんの家のネズミだった。

 痩せネズミをかわいそうに思ったおじいさんは、
 その夜、おばあさんと一緒に餅をつき、
 痩せネズミに食べさせてやる。

 すると次の日、力のついた痩せネズミは
 いい勝負ができるようになる。
 理由を聞かれた痩せネズミは「前の晩餅を貰った」と話す。
 太ったネズミは、「長者の家から小判を持って行くから
 自分も餅を食べたい」と言う。

 おじいさんとおばあさんは餅と小さなまわしも二匹分用意してやる。
 二匹のネズミの相撲は楽しく続き、
 長者のネズミが持ってくる小判のお蔭で、
 おじいさんとおばあさんの暮らしは楽になった。


私がおはなし会で読んでいる絵本は、
現在入手困難になっています。

ねずみのすもう」関根栄一・文 二俣英五郎・絵(チャイルド本社)

二俣英五郎さんの絵が好きなのですよね♪


絵本ナビのサイトで「ねずみのすもう」で検索すると、
16冊ヒットします。(中には現在購入不可の絵本もあります。
ちなみに、私が持っている「ねずみのすもう」は表示されません)

最近図書館から「ねずみのすもう」を二冊借りてきましたので、
備忘録的に三冊の比較をしたいと思います。

※あくまでも備忘録で、絵本の良し悪しではありません。


ねずみのすもう」神沢利子・文 赤羽末吉・絵(偕成社)

ねずみのすもう (絵本・日本のむかし話)ねずみのすもう (絵本・日本のむかし話)
(1983/07)
神沢 利子

商品詳細を見る



ねずみのすもう」大川悦男・作 梅田俊作・絵(ポプラ社)

ねずみのすもう (子どもがはじめてであう民話 5)ねずみのすもう (子どもがはじめてであう民話 5)
(1977/06)
大川 悦生

商品詳細を見る


以下、便宜上、関根版・神沢版・大川版、と呼ぶことにします。


【発行年】

 関根版 1991年
 神沢版 1983年
 大川版 1977年


【おじいさんが山へ行く理由】

 関根版・神沢版…芝刈り
 大川版…木を切りに


【相撲の場所】

 関根版…木の陰から覗いた先(の小さな空き地)、土俵は地面に書いた円い線。
 神沢版…藪の陰、土俵の線はない。
 大川版…谷を渡った向こう山、切り株の土俵。

大川版、谷の向こうの山からネズミの相撲の掛け声が聞こえるとは、
すごいですね!
次の日も、斧を投げ出してほいほい向こう山へ飛んで行くシーンがありますので、
とても元気なおじいさんです。


【ネズミの呼び名】

 関根版…ひょろひょろねずみ、ふとっちょねずみ
 神沢版…やせねずみ、
       ふとったねずみ・ちょうじゃどんのねずみ
 大川版…やっせぽちのねずみ・じいさまのうちのねずみ、
       ふとったねずみ・ちょうじゃさまのねずみ
 

【相撲の掛け声】

 関根版…デンカショウ デンカショウ
 神沢版・大川版…でんかしょ でんかしょ


【負けてばかりいる痩せネズミに対するおじいさんの感情】

 関根版…「かわいそうだが、まあまあ仕方ないのう(独り言)」
 神沢版…「じいさんは、かわいそうでなりません(地の文)」
 大川版…「じいさまはくやしかったこと(地の文)」


【痩せネズミだけが餅を食べた二日目の相撲の結果】

 関根版…ひょろひょろねずみはなかなか負けない。
       ふとっちょねずみに「ばかにつよくなったな」と言われる。
 神沢版…やせねずみが踏ん張って長者どんのねずみを投げ飛ばす場面あり。
       「たまげたぞ。どうして急に強くなったんだ」と聞かれる。
 大川版…ほぼ同時に切株の土俵から落ちる。勝負は長者様のねずみの勝ち。
       その後も昨日よりよっぽど強くなっていた。
       「どうして急に強くなったんだ」と聞かれる。


【太ったネズミがお金を持参することになる会話】

 関根版

痩「おまえにも くわせたいけど、うちは
 びんぼうだから もちは まいにち つかねえだ。」

太「うちには おかねならある。
 おかねを もってけば
 もちついて くれることに なるかな」(本文より)



 神沢版

痩「(うちは貧乏だからと説明してから)だけども そうだな。
 かねを いっぱい もってきたら、ごちそうしてやる。」

太「なら、きっとだぞ。」(本文より)



 大川版

痩「(今晩呼んでくれと頼まれて)だめ だめ。うちの
 じいさまと ばあさまは
 びんぼうだから、おいらが
 たべた おもちだってね、
 こばんよりも たいせつな
 ものなんだ。」

太「そんだらば、おれ こっそり
 ためておいた こばんを
 しょっていくぜ」(本文より)




神沢版、痩せネズミが太っちょネズミに小判を持ってくるように指示しています。
知恵者ですね。
大川版、太ったネズミは小判を貯めていたのですね。


【太ったネズミが最初の晩に持ってきた小判の数(絵から判断)】

 関根版…小判2枚+穴の開いた銭4枚。
 神沢版…小判11枚以上
 大川版…白い袋に入っているため、不明。袋の大きさはネズミの体と同じ位。


【特徴】

関根版の最後のページには、「昔、おじいさんとおばあさんの耳にだけ
ネズミの相撲の掛け声が聞こえていた」と記されています。
途中、ネズミがお餅を食べる時に
「ふにゃむにゃ にゅーん」と食べたり、
相撲が楽しくて「ちゅっちゅ」と笑い合うところが可愛いです。

神沢版では、二匹のネズミが一緒にお餅を食べて喜ぶシーンに文章がなく、
絵だけで表現されているのが印象的でした。

大川版の一番の特徴は、ラストの相撲の場面でしょう。
子リスが行司で、取り組み内容が詳しく描写されています。
一番目の勝負は上手投げで長者ネズミの勝ち。
二番目の勝負は押し倒しでじいさまのネズミの勝ちでした。
この行事のリスが迫力があり、好きです。

また、最後の相撲を関根版と神沢版ではおじいさんとおばあさん二人一緒に見学しますが、
大川版ではおじいさん一人で見ています。


以上、簡単ですが比較してみました。
大筋は同じですが、色々特徴があって面白いです。

あくまでも備忘録的に違いを記しただけで、
良し悪しではありません。念のため。

「ねずみのすもう」は、他にも気なる絵本がありますので、
もっと読んでみたいと思います。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪


この季節に読みたくなる絵本です。有名な昔話のようで、検索したところたくさん絵本が出版されているので驚きました。貧しいおじいさんとおばあさんのうちに住み着いている痩せねずみ。金持ちの家の太っちょねずみと相撲を取りますが負けてばかり。その様子を見たおじいさんはおもちを作って痩せねずみに食べさせます。おもちを食べて力がついた痩せねずみ。「お金を持って行けばおもちを食べさせて貰えるかな?」と太っちょねずみ...
「ねずみのすもう」

関連記事

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List

この季節に読みたくなる絵本です。 有名な昔話のようで、検索したところたくさん絵本が出版されているので驚きました。 貧しいおじいさんとおばあさんのうちに住み着いている痩せねずみ。 金持ちの家の太っちょねずみと相撲を取りますが負けてばかり。 その様子を見たおじいさんはおもちを作って痩せねずみに食べさせます。 おもちを食べて力がついた痩せねずみ。 「お金を持って行けばおもち...
2015/04/19(日) 16:48:06 | 月夜の青猫絵本箱 [Del
日本の昔話絵本です。 「ねずみのすもう」樋口淳・文 二俣英五郎・絵(ほるぷ出版) ←Amazonへ  昔、貧乏なじさまとばさまがいた。  二人は、土間のねずみを一匹、可愛がり養っていた。  ある日、じさまが山で芝を刈っていると、  「デンカショ デンカショ」と掛け声が聞こえてきた。  見ると、ねずみが二匹相撲をとっている。  かりかりに痩せた小ねずみは、じ...
2015/05/24(日) 10:35:43 | 月夜の青猫絵本箱 [Del


11
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
24
25
26
27
28
29
30

3Dクリスマスツリー

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在133冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)