FC2ブログ

This Archive : 2019年03月

2019.03.31 *Sun*

『凛の弦音』

高校の弓道部を舞台にした、青春ミステリーです。(2018年10月刊)


凛の弦音』安孫子武丸(光文社)

←Amazonへ


 ヒロインは、中高一貫校で入学時から弓道に打ち込む篠崎凛。
 ある日、お世話になっている先生の弓道場に矢が刺さった男性の死体があり…


凛が巻き込まれる最初の事件は、
弓道場で喉に矢が刺さった死体を目撃してしまうという衝撃的な事件でした。
凛の弓道の知識が事件を解決に導きます。

その後、凛は弓道名探偵と呼ばれ、
弓道場での弓の盗難事件に遭遇することになります。

審査(昇段試験)の様子、
正しい射(正射)と中(あた)る射の間で悩んだり、
友人関係、美しいライバル、異性の友人…

弓道経験のある方も、そうでない方も、
青春時代の「あるある」に共感できる、
爽やかな青春弓道ミステリーです。

続巻が出たら、ぜひ読みたいです!

◇もう少し詳しい感想はこちらへ→『凛の弦音』(花うさぎの白あん大好き)


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書館利用)

編集者T君の謎~将棋業界のゆかいな人びと』大崎善生(講談社)



2003年の刊行なので、少し前の将棋界の様子が面白かった。
渡辺二冠がまだ四段!


夢の猫本屋ができるまで Cat’s Meow Books』井上理津子/安村正也・著(ホーム社)



個性的な本屋さんがたくさんあるのだな~と思いました。
以下、紹介されていた本の中から、読んでみたい本の覚え書きです。

『理系あるある』(幻冬舎新書) 『言ってはいけない宇宙論』(幻冬舎新書)

『猫たちの色メガネ』(KADOKAWA)




『めがねこ』(手紙社)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2019.03.24 *Sun*

おはなし会@図書館

図書館のおはなし会がありました。
担当者三名、時間は30分間、私は二番目に読みました。


ねこです。』北村裕花(講談社)

←Amazonへ


こぞうさんのおきょう』新美南吉・作 鈴木靖将・絵(新樹社)




ことりのちいさなちいさなたまご』フランセス・バリー著 たにゆき・訳(大日本絵画)




お父さん方のご参加が目立ちました。
休日にお子さんと図書館で過ごす…ステキです!

今練習中の昔話の素語りをメンバーに聞いて貰いました。
もう少し練習して、小学校の高学年でトライしたいと思います。

昨日一日頑張った新しいパネルシアターの制作は、
八割ぐらい終わりました。
お話はまだ全く入っていないので、これから頭に叩き込まねば…!

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2019.03.22 *Fri*

『昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか』

昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか』大塚ひかり(草思社)

←Amazonへ


「昔々あるところに」ときたら、合言葉のように
「おじいさんとおばあさんが…」と口ずさんでしまう不思議。

確かに、昔話にはおじいさんとおばあさんが登場するお話が多い。
その謎に迫る一冊です。

 昔は、子どものいない孤独で貧しい老人が多かった。
 (生涯未婚率が高かった)
 つまり、老人は弱者であった。
 弱者による逆転劇(貧しい境遇から奇跡的に幸せに)が、
 同じような不安を抱えている人々を楽しませた。

 老人には長い人生を生きてきたことによって、
 物語性がある。(キャラが立っている)

 昔話の語り手は老人が多かったので、
 主役が老人の方が説得力が増す。

等々、昔話や古典文学の中から、
様々な個性的な老人をピックアップして紹介しています。

実在した格好良い老人の皆さん(世阿弥・北斎…)の
紹介もあります。


こちらも。

本当はひどかった昔の日本 古典文学で知るしたたかな日本人』大塚ひかり(新潮文庫)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2019.03.21 *Thu*

『ビジュアル版 日本の昔話百科』

ビジュアル版 日本の昔話百科』石井正巳(河出書房新社)

←Amazonへ


日本の昔話26話がカラー資料と共に紹介されています。
巻末には、昔話の広がり(江戸時代)~展開(明治)~新しい絵本(大正)~
現代の絵本(昭和)までの流れの解説があり、興味深いです。
また、紙芝居と昔話のコラムもあります。


こちらも。

図説 日本の昔話』石井正巳(河出書房新社)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2019.03.19 *Tue*

『図説 絵とあらすじでわかる! 日本の昔話』

図説 絵とあらすじでわかる! 日本の昔話』徳田和夫・監修(青春出版社)

←Amazonへ


40話以上の日本の昔話のあらすじと、
当時の時代背景や裏話が紹介されています。
第1章には、昔話の歴史などの基本的な事項もあります。

ほ~と思ったのは、「かちかち山」。
「かちかち山」は前半と後半で別々のお話が
合わさってできたと考えられているそうです。
確かに、前半の狸は狡猾で残忍ですが、
後半ではお人好しで兎にやられっぱなしですよね。

巻頭にはカラーの資料が掲載され、
本文にも白黒の図がたくさんありますので、読みやすいです。

ちょっと残念だったのは、「猫檀家」が紹介されていなかったこと。
一緒に読んでいた別の昔話の解説本にも、
「猫檀家」が掲載されていないのです。
なぜなんだろ~( ・~・)

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

03
3
4
5
6
7
9
10
11
15
16
18
20
23
25
26
27
28
29
30

月と星と妖精ダスト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在144冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

Twitter

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)