This Archive : 2015年12月

2015.12.27 *Sun*

おはなし会@図書館

今日は図書館のおはなし会がありました。
小学生対象、時間は約45分間です。
私は導入とトップバッターで紙芝居を演じました。


導入 わらべ歌「おしょうがつどこまできた♪」

紙芝居 「くろねこのしろいはな」わしおとしこ・文 藤本四朗・絵(教育画劇)


illust2521_thumb.gif


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


今年最後のおはなし会でした。

紙芝居で、一つ注意点がありました。
「くろねこのしろいはな」で、途中、間違い探しのようなイラストがあるのですが、
答えてくれたお子さんに、つい「ありがとう」と声掛けしてしまいました。
これは良くなかったです…
答えてくれたことが嬉しくて、心の声が漏れてしまったのですが、
次回からは気を付けたいと思います(^-^)


※イラストはフリーイラスト素材サイト「わんパグ」様でお借りしました。



◇読んだ本

ローワンと黄金の谷の謎
 エミリー・ロッダ作 さくまゆきこ・訳(あすなろ書房)




リンの谷のローワン・シリーズの第二巻です。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2015.12.26 *Sat*

クリスマス会@子ども会

今日は、地域の子ども会のクリスマス会に、おはなし会として参加いたしました。
昨年に引き続き、二回目です。

一時間程度で、大型絵本とわらべ歌で遊びました。
普段のおはなし会とは異なるため、色々反省点はありますが、
昨年よりもスムーズな進行だったと思います。


illust3551_thumb.gif


昨夜は、頑張って台詞やわらべ歌の練習をしたので、
自分にとっても良い経験となりました。

※イラストはフリーイラスト素材サイト「わんパグ」様でお借りしました。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2015.12.24 *Thu*

「スワン~アンナ・パブロワのゆめ」

世界的に有名な名バレリーナ、アンナ・パブロワの伝記絵本です。

スワン~アンナ・パブロワのゆめ」ローレル・スナイダー文
 ジュリー・モースタッド絵 石津ちひろ・訳(BL出版)

←Amazonへ


 ある雪の日の夜、幼いアンナはお母さんに連れられて劇場へ行きました。
 アンナが見たのは、バレエ〈眠れる森の美女〉でした。

 その日から、アンナはバレエに夢中になってしまいました。
 そして二年後、ついにアンナはバレエ学校に入学しました。
 
 厳しいレッスンを続け、
 アンナが舞台に立つ日がやってきました。
 アンナが踊り始めると、観客はうっとりとため息をつきました。
 アンナは、バレエを踊るために生まれてきたのです。

 やがて、〈瀕死の白鳥〉と共に、
 アンナは世界中に知られるようになります。

 アンナは、世界中で公演を行いました。
 あらゆるところ、深い森や小さな村、
 闘牛場やダンスホールでも、心を込めて踊りました。
 アンナの踊りを見た人々は、生きるための勇気を貰ったのです…



アンナ・パブロワは、1881年、貧しい清掃婦の母の許に生まれました。
生活はとても厳しかったそうです。
けれども、ある晩、母子はサンクトペテルブルクのマリンスキー劇場へ行き、
アンナは生まれて初めてバレエを見ました。

アンナは10歳でバレエ学校に入りました。
が、当時のバレエダンサーはたくましい体つきが理想とされていました。
華奢なアンナには、トウシューズで立ち続けることは困難でした。

それでもアンナは熱心に稽古をし、
自分の足に合わせてトウシューズを改良しました。
現代のバレリーナが履いているトウシューズは、
アンナが作ったものがモデルになっているそうです。

アンナは、「バレエは万人のためにある」と信じていました。
そのため、アンナは世界中のいたるところへ行き、バレエを踊りました。

巻末の「作者の言葉」から、一文を引用させて頂きます。

アンナのひたむきな生き方は、バレエをまったく無縁の子どもたちにも、
自分の夢に向かってつきすすんでいくことの大切さを、
教えてくれているような気がするのです。(「スワン」巻末の「作者の言葉」より)



子どもにも大人にも、おススメの絵本です。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2015.12.22 *Tue*

「将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!」

なかなか興味深いタイトルのご本です。

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!」松永暢史(すばる社)

←Amazonへ


本書の内容で、なるほどな~と思ったのは…

・「音が良い」絵本を選ぶことも大切
・本に興味を示さない子は紙芝居から入る


音が良い(文章が日本語として、こなれている)絵本を選ぶのは、
読み聞かせの基本ではないかと思います。
と言うより、音読しにくい絵本を読み聞かせで使うのは難しいですよね…

紙芝居については、私も紙芝居初心者として、興味深かったです。
私は紙芝居を初めて二年目の初心者ですが、
これからも紙芝居に挑戦するぞ~と思いました(^-^)

オススメ本紹介には、ロングセラー絵本から、
比較的最近の絵本までありました。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本

ローワンと魔法の地図」エミリー・ロッダ著 さくまゆみこ・訳(あすなろ書房)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2015.12.20 *Sun*

「主夫になろうよ!」

主夫になろうよ!」佐川光晴(左右社)

←Amazonへ


 著者の佐川光晴氏は、作家で、
 小学校教諭の妻を支える兼業主夫でもあります。

 主夫の24時間(タイムチャート)、主夫になった経緯、
 家事と二人の息子さんの育児エッセイ、
 悩み相談や献立日記等が綴られています。


子育てが肯定的に捉えられているところがほっとしました。
子ども関係のニュースなどを見ていると、
育児がまるで苦行のように捉えられている、と感じることがあるので…

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

12
1
5
7
9
11
13
15
17
19
21
23
25
28
29
30
31

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在131冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)