This Archive : 2015年11月

2015.11.30 *Mon*

「消えた修道士」(修道女フィデルマ)

今月(2015年11月)に刊行された、修道女フィデルマ・シリーズの第7巻です。


ネタバレNGの方はご注意下さい。





◇「修道女フィデルマ」シリーズとは…
 7世紀のアイルランドを舞台に、
 王の妹であり高位の弁護士資格を持つ美貌の修道女フィデルマが
 数々の難事件に挑む歴史ミステリー。


消えた修道士」(上下巻)
 ピーター・トレメイン著 甲斐萬里江・訳(創元推理文庫)

←Amazonへ

 666年9月。
 フィデルの兄・コルグー王が治めるモアン王国に、
 オー・フィジェンティの大族長ドネナッハが、和平協定のために訪れた。

 コルグーとドネナッハが王城へ向かう途中、二人は共に矢に撃たれた。
 王にも大族長にも命に別状はなかった。

 が、襲撃者がモアン王国の精鋭騎士団の徽章を身に着けていたことから、
 オー・フィジェンティ側は、これはモアン王国の陰謀であると主張。
 もし、コルグー王に責任ありとなれば、モアン王国は滅亡の危機に瀕する。
 コルグーは妹で高位の法律家でもあるシスター・フィデルマに、真相究明を託す。

 一方、同じ日の早暁、イムラックの大修道院では、聖アルバの聖遺物が盗まれる。
 聖遺物管理をしていたブラザー・モホタは失踪。
 彼の寝室は荒らされ、血痕が残されていた。
 聖アルバはモアン王国の守護聖人で、
 もし聖遺物が失われた時には、モアン王国は滅亡すると人々に堅く信じられていた。

 コルグーとドネナッハの暗殺未遂事件の調査のため、
 イムラックの大修道院を訪れたフィデルマとエイダルフは、
 失われた聖遺物の調査を依頼される。
 二つの難事件を解決するためにフィデルマに与えられた時間は、わずか9日間である。
 フィデルマは、モアン王国を救うことができるのか…?


本を手にして一番初めにしたこと。
それは、登場人物紹介にブラザー・エイダルフの名前があるかどうかです(*^_^*)

第7巻の「消えた修道士」は、フィデルマ・シリーズを
初めて読む方にとっても読みやすいのではないかと感じました。
まず、二つの事件が分かりやすい。
我らがエイダルフ君は、アイルランドのあれこれについてフィデルマに質問し、
読者の助けになってくれます。

そうそう、今回、エイダルフの名前の意味が分かります。
エイダルフ君、自分の名前に誇りを持っていますね!(詳細は本書で)
もちろん、ブラザー・エイダルフの格好良い見せ場もあります。

映像で見たい、と思わせる場面も多くあります。
冒頭の暗い修道院の場面とか、精鋭騎士団の隊列の様子とか…
まだまだありますが、ネタバレが過ぎってしまうので、この位で。

陰謀が複雑に絡み合い、誰が敵なのか味方なのか?
フィデルマは決められた期限内に事件を解決し、王国を滅亡から救う事はできるでしょうか?

ラストはとても気になるシーンで終わっています。
第8巻が非常に待ち遠しいです。 

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2015.11.28 *Sat*

スナフキン手帳2016

2016年度版のムーミン手帳です。

151126.jpg

A6サイズ、前年度の9月始まり。
カバー色はブラック、スナフキンのアップが金色で描かれています。

来年の予定が入り始めたので、数日前から使い始めました。
新しい手帳に変わると、いよいよ年末だな~と感じます。


←Amazonへ

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪




関連記事

2015.11.26 *Thu*

「うーん、うーん、うんち!」

生き物がうんちをする瞬間をとらえた、写真絵本です。

うーん、うーん、うんち!」ネイチャー・サイエンス編(河出書房新社)

←Amazonへ


なかなか赤裸々(?)な写真集です。
登場する動物は、アフリカゾウ、ライオン、ミミズ、カエル、カタツムリ、
ミツバチ、ペンギン、マンタ…等々。まだまだたくさん登場します。

結構衝撃的だったのは、ミミズとカタツムリでした。
ミミズのうんちってどんなでしょう?(答えは、こちらの絵本で!)
カタツムリのうんちは、夏休みの自由研究に使えそう!と思いました。
ミツバチは、飛びながらうんちをするのですね。初めて知りました。

うんちを食べる動物もいます。
ゾウのうんちに群がるチョウの写真には、びっくりしました。

排泄中は無防備になるので、肉食動物はゆっくり、
その獲物になる動物は素早く…という解説には、なるほど~と思いました。
大人が読んでも興味深い、科学絵本です。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2015.11.24 *Tue*

「ちいさなねずみのクリスマス」

ちいさなねずみのクリスマス」アン・モーティマー作/絵 木坂涼・訳(徳間書店)

←Amazonへ

 今日はクリスマスイブ。
 おうちの中は、きれいに飾られています。

 小さなねずみが、クリスマスツリーを上ったり下りたり、
 小鳥さんにクッキーを分けて上げたり、
 ご馳走を食べたりします。
 暖炉の前ではクリスマスの歌も歌います。

 夜が更けた頃、シャンシャンという音が聞こえてきました。
 小さなねずみがツリーのところへ行ってみると…


温かくて美しくて愛らしい絵本です。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇気になる本

古書奇譚」 チャーリー・ラヴェット著 最所 篤子・訳(集英社文庫)




今年(2015年)11月の新刊。
書店でフィデルマを探している時に見つけました。

シェイクスピアに関する古書ミステリのようです。
それなりに分厚い文庫本です。
興味はあるけど、どんなだろう…?

どなたかレビューをアップして下さらないかしら?
それで買うかどうか決めたいと思います。(←他力本願)

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2015.11.22 *Sun*

おはなし会@図書館

今日は図書館のおはなし会がありました。
小学生対象、時間は約30分間、担当者4名。
私は導入とトップバッターで紙芝居を演じました。


導入 わらべ歌「ひとやまこえて♪」

紙芝居 「きのこのばけもの」大塚健太・文 くさかみなこ・絵(教育画劇)

紙芝居 きのこのばけもの紙芝居 きのこのばけもの
文:大塚 健太 / 絵:くさかみなこ出版社:教育画劇絵本ナビ



*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇購入した本

修道女フィデルマ 消えた修道士」(上下巻)
 ピーター・トレメイン著 甲斐萬里江・訳(創元推理文庫)

←Amazonへ



Amazonで今日届きました。
喜びの舞~♪

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

11
3
5
7
9
11
13
15
16
19
21
23
25
27
29

花が流れる水中時計

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在133冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)