This Archive : 2015年09月

2015.09.28 *Mon*

「古道具屋 皆塵堂」

古道具屋さんが舞台の小説です。

公式HPには「人情怪談騒動記」とあります。
舞台は江戸時代で、幽霊が出てきたり、謎解きをしたり…
格好良い猫さんも登場します!(←重要ポイント)


ネタバレNGの方はご注意下さい。





古道具屋 皆塵堂」輪渡颯介(講談社)

←Amazonへ


 道具屋・銀杏屋の跡取りの太一郎は、
 修行のため古道具屋の皆塵堂(かいじんどう)で働くことになった。
 実は、太一郎は幽霊が見える体質で、周囲にはそのことを隠していた。

 ところが、皆塵堂は「いわくつきの品」が集まる店だった。
 初手から道具に憑いた幽霊に遭遇する太一郎。
 太一郎の苦悩の日々が始まる…



面白かったです!
怪談が苦手な私には結構ぞ~っとする場面もありましたが、三巻まで一気に読んでしまいました。
(今は四巻と五巻を読んでいます♪)


登場人物も魅力的です。
太一郎の幼馴染で気のいい棒手振りの魚屋さん、
人情派(でも人を見る目は確か)のご隠居さん、
生意気だけど仕事のできる小僧さん。

一番不思議なのは皆塵堂の店主の伊平次ですね。
店の仕事は殆どしないで釣りばかり。
でも、何が起きても(出てきても)動じることがなく、飄々としています。
本人は幽霊は見えないようです。そして、名探偵。

更に猫好きには嬉しいことに、「鮪助(しびすけ)」という名の猫も活躍をします。
鮪助は、霊の存在を感じているらしいのです。
三巻では、可愛い白猫も出てきます。この子の今後も楽しみ♪


古書ミステリも修道会ミステリも大好きですが、
骨董屋(古道具屋)ミステリも面白い!


◇骨董屋さんマンガ

雨柳堂夢咄」波津彬子(Nemuki+コミックス)

←Amazonへ

骨董屋・雨柳堂に集まるいわくつきの品々。
それらに込められた想いを、店主の孫息子・蓮がときほぐします。
蓮が美しい♪

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

私は「本」や「古書店」に関するミステリが好きです♪「怪しい店」有栖川有栖(角川書店)←Amazonへ犯罪学者の火村と推理作家の有栖(アリス)が活躍するミステリ「アリス・シリーズ」の短編集です。2014年に単行本が発売されています。以下、ネタバレを含む感想です。ネタバレNGの方はご注意下さい。五つの短編が収録されています。そのうちの一つ「燈火堂の奇禍」は古書店が舞台となっています。「燈火堂の奇禍」燈火堂という名前...
「怪しい店」

関連記事

2015.09.28 *Mon*

図書ボランティアの日

今日は公民館図書室のお当番(貸し出し・棚整理etc)でした。
お当番中に二歳位のお子さんとお母さんがいらして、
リクエストをただいたので、少しですが絵本の読み聞かせをしました(^-^)


ねないこだれだ」せなけいこ(福音館書店)




だるまさんが」「だるまさんと」かがくいひろし(ブロンズ新社)






お母さまは恐縮して下さったのですが、
私としてはこちらの方が楽しいので、嬉しかったです♪

あ、ちゃんと当番のお仕事もしてきました(^-^)

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2015.09.26 *Sat*

「かえるさんのおいけ」

優しくて元気な少女が頑張るお話です。

かえるさんのおいけ」なかのひろたか(教育画劇)

←Amazonへ


 まりこちゃんが遊びに行こうとすると、
 かえるさんがやってきました。
 お池のお水がなくなりそうなので、お水を下さい、とかえるさんは言いました。
 大きなお池が小さな水たまりになっていたのです。

 まりこちゃんは水を入れたバケツを、
 車のついた積み木の車に乗せて運びます。
 何回も往復して、水たまりが小さな池になりました。
 かえるさんは池に飛び込んですいすい泳ぎました。

 ところが、かめさんの親子も池にやってきました。
 かめさんの親子も池に入ったので池が狭くなり、
 かえるさんとかめさんはケンカを始めてしまいました。
 まりこちゃんは、再び水を運びます。

 ようやく、お池は大きくなりました。
 かえるさんとかめさん親子は仲良く泳ぎます。
 ところが、今度はあひるさん親子がやってきて…



みんなのために、汗を流して頑張る真理子ちゃんが格好良いです。
最後はくまさん親子までやってきてどうなることかとハラハラしますが、
意外な解決方法が!

広くてすてきなお池で、まりこちゃんもみんなと一緒に遊びます。
楽しい絵本です。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事
tag : 少女

2015.09.24 *Thu*

スナフキンのペンポーチ

近所の雑貨屋さんで購入した「スナフキンのペンポーチ」です。

150922-1.jpg

ベルトで、B6~B5サイズのノートにセットすることができます。


150923-1.jpg

B6サイズの手帳にセットしてみました。


150923-2.jpg

ベルトで長さを調整することができます。


150922-5.jpg

ファスナー内にも収納できますし、ポケットにもペンを入れることができます。




◇美しい本

世界の文字の書き方・書道 1 世界のアルファベットとカリグラフィー」
 (稲葉茂勝・著 彩流社)

←Amazonへ


家族のために図書館で借りてきた本です。
私はパラパラと写真を眺めただけですが…
見ているだけでも美しい本です。
2巻は「アラビア書道」で、こちらも面白そう。
児童向けの本だと思いますが、大人が読んでも(眺めても)楽しいです。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2015.09.22 *Tue*

「まねきねこのたま」

ステキな日本の昔話紙芝居をゲットしました♪

まねきねこのたま」キム・ファン脚本 野村たかあき・絵(童心社) 12場面

←Amazonへ


 昔、小さな貧乏寺で、猫の「たま」が和尚に大切に飼われていた。
 たまは和尚に「何か恩返しをしたい」と思った。
 たまがくるりくるりと顔をふきながら考えていると、雨が降ってきた。

 雨が段々強くなり、馬に乗って通りかかった侍と家来が、寺の前の木の下で雨宿りを始めた。
 たまに気付いた侍は、たまに手招きされていると感じ、寺に立ち寄る。
 和尚が二人をもてなしていると、先程まで侍たちが雨宿りをしていた木に雷が落ちた。

 たまのおかげで命拾いをした侍は、寺にたくさんの寄進をした。
 貧しかった寺は、大きく立派な寺になった。
 人々はたまの姿の置き物を作り、手を合わせたそうな。


解説によれば、東京・世田谷区にある豪徳寺に伝わる
「招き猫」の由来話を元にしているとのことです。

お話も面白いですが、私の大好きな野村たかあきさんのイラストで、
速攻で購入しました。

登場人物の特徴をつかむため、たくさん練習し、
先日のおはなし会で初めて演じました。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


紙芝居歴もようやく一年。
去年はページを抜くのも一杯一杯で失敗もしました…
最近は大分落ち着いて演じられるようになったと思います。(自分に甘い)

目下の課題はレパートリーを増やすこと。
図書館等で色々な紙芝居をまた調べています。

という訳で、青猫の倉庫サイトにも、紙芝居のご紹介が増えてきました。
(絵本の目標120冊はすっかり放置状態。
でも、紙芝居を足せば120は超えているのですよね)

いや正直、こんなに紙芝居が増えるとは思っていませんでした。
もう少し考えてサイトを構築すれば良かった。
今更ですが、紙芝居のページ、見にくいです…

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

09
3
5
7
8
11
13
14
17
19
21
23
25
27
29
30

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在131冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)