This Archive : 2015年02月

2015.02.28 *Sat*

「たね いっぱい わらったね」

一見ダジャレ絵本のようなタイトルですが、
色々な植物の種や実を紹介した科学絵本です。

たねいっぱいわらったね」近藤薫美子(アリス館)

たねいっぱいわらったねたねいっぱいわらったね
(1999/12)
近藤 薫美子

商品詳細を見る


ページを開くと、はじける種が一杯!
そして、その種と共存する虫たちの様子。
文章は…

はじけた はじけた こぼれたね
ころがったね
はこばれたね (「たね いっぱい わらったね」本文より)



植物と虫と動物と楽しい言葉のコラボレーション♪
虫と動物たちの一言も添えられています。
この呟きも面白いので、ちょこっとだけご紹介。

(硬い殻つきの種をかじって)かたいんだね
(大きな実に直撃されて)あたったね
(きれいに咲いた花を見て)みごとだね!! (「たね いっぱい わらったね」より)



思わず隅から隅までじっくり眺めたくなる、
楽しい絵本です。

そして、最後のページの詩がステキです。
こちらの詩を読むと、色々な種が生長する姿を、
子供たちの成長に重ね合せているのかな、と感じました。


近藤薫美子さんの絵本はこちらも♪

のにっき ―野日記―」近藤薫美子(アリス館)

のにっき―野日記のにっき―野日記
(1998/06)
近藤 薫美子

商品詳細を見る


◇「のにっき」の記事はこちら→aicon_cat01.jpg

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2015.02.26 *Thu*

「江戸のお店屋さん」

時代劇はお好きですか?
最近、私はNHKBS時代劇「雲霧仁左衛門」を毎週楽しみに見ております(^-^)


江戸のお店屋さん」藤川智子(ほるぷ出版)

江戸のお店屋さん (ほるぷ創作絵本)江戸のお店屋さん (ほるぷ創作絵本)
(2013/11)
藤川 智子

商品詳細を見る


タイムスリップをして、江戸時代のお店でショッピングを楽しめるような絵本です。
小間物屋・薬種屋・人形屋・地本問屋・菓子屋・唐物屋・湯屋…etc

管理人的には、本屋さんと人形屋さんとお菓子屋さんは外せませんね。
小間物屋さんも楽しそう。

江戸時代の地本問屋は、今の出版社と書店を一つに合わせたもの。
作家さんに本を書いて貰い、職人さんが版木作りから刷り・製本をしました。
江戸時代、読書はとても人気があったそうです。
時代劇でも、貸本屋さんは良く登場しますよね。
そうそう、絵本に登場する地本問屋の屋号は「ほるぷ堂」です!

人形屋には、節句飾り・お面・普段使いの木や紙の玩具等があります。
千代紙で作った紙人形の江戸姉様、
猫やだるまの形の今戸土人形、飛んだり跳ねたりする仕掛け玩具、
出産のお祝いに贈る習慣があった犬張子…
たくさんのおもちゃは、眺めているだけでも楽しいです。

更に猫好きには嬉しいポイントですが、
白猫ちゃんが色々なお店を案内してくれるのです♪
白猫ちゃんの表情にもご注目。
置き物の大きな魚にびっくりしたり、
お菓子屋さんのお菓子には興味津々です。


その弐もあります。

江戸のお店屋さん その弐」藤川智子(ほるぷ出版)

江戸のお店屋さん その弐 (ほるぷ創作絵本)江戸のお店屋さん その弐 (ほるぷ創作絵本)
(2014/12/24)
藤川 智子

商品詳細を見る


こちらでは、小さな犬が案内をしてくれます
袋物問屋・瀬戸物屋・太物問屋・蕎麦屋・寺子屋・芝居小屋・木戸番屋…etc

太物屋は、木綿の反物(太物と呼ばれた)や古着を扱うお店。
袋物屋は財布や巾着・煙草入れ・根付等の身に着ける小物を扱うお店です。
江戸の人々は粋でおしゃれ!
江戸時代に人気だったデザインが今も愛されているのですから、
ステキだな~と思いました。

一番興味深かったのは寺子屋。
寺子屋は時代劇に良く登場しますが、詳しいことは全然知りませんでした…
入所には決まりがあり、先生へのお礼はもちろん、
先に入門している子どもたちにはおせんべいなどを配ったそうです。
また、試験の様子や、いたずらをした子への罰も紹介されていて、
本当に面白かったです。


どちらの絵本にも、巻末には江戸の生活についての解説が付いています。
その他に、屋台やぼてふり(行商・回収業・その他)が登場します。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2015.02.24 *Tue*

「追跡! なぞの深海生物」

先日何気なく見ていたテレビ番組で、
タレントさんも含めた深海生物調査チームが「新種を発見した!」と、
全身全霊で喜び合っていました。
(本当に新種かどうか確定するには、10年近く掛かるそうですが)
深海や深海生物にはロマンがありますよね。

追跡! なぞの深海生物」藤原義弘・写真/文 JAMSTEC(海洋研究開発機構)
 野見山ふみこ(あかね書房)

追跡!なぞの深海生物追跡!なぞの深海生物
(2013/06/15)
藤原 義弘、JAMSTEC 他

商品詳細を見る


美しく神秘的な深海生物の写真が満載の科学絵本です。
潜水調査船についてや、様々な謎について解説がされています。


主な内容は…

・なぜ深海にはふしぎなすがたの生物がいる?
・眼と口の大きさでわかること
・深海で体が巨大化する?
・どうして光るのか?
・深海生物が教えてくれること

等々です。もちろん、その他にも面白いページがたくさんあります♪

私が特に興味深く感じたのは、
「死んだクジラがはぐくむ命」のページです。
確かNHKだったと思うのですが、
死んだクジラを沈め、そこで起こる生き物たちのドラマを撮影した番組を、
以前見たことがありました。
「う~む、すごい…!」としか、言いようがありません。

最近大人気の深海アイドル・ダイオウグゾクムシも
ちゃんと登場します。(ぬいぐるみが売れているそうですね!)
私の好きなマリンスノーの写真もあって嬉しかったです♪


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


第1934回FC2トラックバックテーマ は、「魚の皮って食べますか?」。
ちょうど魚つながりでタイムリーなので回答します(^-^)

「鰤(ブリ)の皮食う馬鹿、鮭の皮食わぬ馬鹿」という諺がありますが、
私はブリの皮も食べます。
魚も魚の皮も好物なので、
お刺身・焼き魚・煮魚・ムニエル、何でもOKです

※魚のアイコンは、FC2アイコンからお借りしました。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の石内です今日のテーマは「魚の皮って食べますか?」です。自炊で魚を調理することがほとんどないので定食屋さんでお肉orお魚みたいな選択があると必ずといっていいほどお魚を選びます。そのなかでも焼き魚が好きなのですが焼き魚になると、魚の皮って絶対ついてきますよね〜なんとなくグロテスクな魚の皮が苦手で...皮をよけて食べるので、一緒に食べている人に汚いな〜と思われて...
第1934回 「魚の皮って食べますか?」

関連記事

2015.02.22 *Sun*

「しりっぽおばけ」

ミステリ小説「花野に眠る」に登場する絵本です。
面白そうだな~と思い、図書館で借りて参りました。

しりっぽおばけ」ジョアンナ・ガルドン再話 ポール・ガルドン絵 代田昇・訳(岩崎書店)

しりっぽおばけしりっぽおばけ
(1997/08)
ジョアンナ ガルドン

商品詳細を見る


 昔、アメリカの片田舎・テネシーの深い森の中にじっさまが住んでいた。
 じっさまは三匹の犬を飼っていた。

 ある日、じっさまがうとうととしていると、
 奇妙な動物が忍び込んできた。
 そいつは、太くて長くてふさふさしたしっぽを持っていた。

 じっさまはすばやくしっぽをつかみ、しっぽを切り落とした。
 動物は逃げていった。

 腹が減っていたじっさまは、そのしっぽを料理して食べた。
 腹いっぱいになって眠っていたじっさまは、
 奇妙な物音で目を覚ました。
 「しりっぽ、しりっぽ おれのしりっぽ とりかえしにきた」と声がする。

 じっさまは、三匹の犬にそいつを追わせた。
 だが、犬は帰ってない…


原題は、"The tailypo"。
作者のジョアンナ・ガルドンさんは、子どもの頃、
この物語をおじい様から聞いたそうです。
その後、テネシー州の未開墾地から始まった原話を探り当てました。
イラストのポール・ガルドン氏は、ジョアンナさんのお父様です。

しりっぽおばけは、食べられてしまったしっぽを、
どのようにして取り返すのでしょうか…?
世の中の厳しさをさらりと教えてくれる絵本です。

それにしても、じっさまのアクティブなこと!
正体不明の動物の尻尾をいきなり掴んで切り落とし、
何の躊躇もなく食べてしまうとは。
開拓民の力強さも感じました。

尚、「しりっぽおばけ」は、紙芝居でも出版されています。

◇「花野に眠る」の記事はこちら→aicon_cat01.jpg

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2015.02.20 *Fri*

おはなし会@学童

今日は学童のおはなし会がありました。
担当者は二人、時間は約25分。一年生中心です。
私は前半担当でした。


手遊び 「てんやのおもち♪」

いろいろバナナ」山岡ひかる(くもん出版)

いろいろバナナいろいろバナナ
(2014/03/07)
山岡 ひかる

商品詳細を見る


わらべ歌 「ひなさまこさま♪」

おひなさまのいえ」ねぎしれいこ・作 吉田朋子・絵(世界文化社)

おひなさまの いえ (ワンダーおはなし絵本)おひなさまの いえ (ワンダーおはなし絵本)
(2013/01/22)
ねぎし れいこ

商品詳細を見る


おれはねこだぜ」佐野洋子(講談社)

おれはねこだぜ (講談社の創作絵本)おれはねこだぜ (講談社の創作絵本)
(1993/11/12)
佐野 洋子

商品詳細を見る



*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


わらべ歌の「ひなさまこさま」は、なぜか中々音程が覚えられません…(>_<)
繰り返し練習し、(使わなかったけど)カンニングペーパーも用意して臨みました
音痴だけど、頑張りました~♪

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

02
3
4
6
8
11
13
14
16
17
19
21
23
25
27

花が流れる水中時計

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在131冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)