FC2ブログ

This Archive : 2013年05月15日

2013.05.15 *Wed*

「としょかんねこデューイ」

何て愛らしい子猫ちゃんなのでしょう♪

としょかんねこデューイ」ヴィッキー・マイロン、ブレット・ウィター文
 スティーブ・ジェイムズ絵 三木卓・訳(文化出版局)

としょかんねこデューイとしょかんねこデューイ
(2012/02/24)
ヴィッキー・マイロン、ブレット・ウィター 他

商品詳細を見る


 とても寒いある晩。
 図書館の返却ポストの中に、
 一匹の子猫が捨てられていた。

 子猫はデューイと名付けられ、
 図書館の中で飼われることになった。
 やんちゃで可愛いデューイは、
 図書館に来る人たちのアイドルに。

 ある日デューイは、
 たった一人でつまらなそうに本を読んでいる女の子に出会った…


いたずらな子猫の愛くるしい表情と仕草が満載の、
ほのぼのとした絵本です。


さて、こちらの物語は実話です。

図書館ねこデューイ  町を幸せにしたトラねこの物語」
 ヴィッキー・マイロン著 羽田詩津子・翻訳(ハヤカワ文庫NF)

図書館ねこデューイ 町を幸せにしたトラねこの物語 (ハヤカワ文庫NF)図書館ねこデューイ 町を幸せにしたトラねこの物語 (ハヤカワ文庫NF)
(2010/05/30)
ヴィッキー マイロン、Vicki Myron 他

商品詳細を見る


1988年1月の寒い夜、
米国アイオワ州スペンサー公共図書館の
返却用ボックスに捨てられていた子猫は、
翌朝、職員のマイロン女史によって保護されました。

今にも凍死しそうなほど凍えていた子猫は、
「デューイ・リードモア・ブックス」の名を貰い、
図書館のスタッフとして迎え入れられました。

デューイは、マスコットキャラクターとして利用者に愛されたばかりではなく、
毎朝9時に図書館入口で利用者を出迎え、
人々のストレスを癒し、
図書館の広報活動に携わり、
ポストカードのモデルとなって財政に貢献し、
多くのメディアにも登場する等、
数々の活躍をしました。

2006年11月に永眠。
図書館のホームページにもその写真が掲載されています。

 ◇スペンサー公立図書館のHPはこちら→「Spencer Public Library
  デューイの記事と写真は「Dewey the Library Cat」にあります。
 
こちらの作品は、デューイのパートナーである
マイロン女史の半生を描いた自伝小説でもあります。
女の子という理由で進学を許して貰えなかったり、
夫のDVと離婚、娘との葛藤、医療事故と闘病生活…壮絶です。

一匹の特別な猫と、
一人の勇気ある女性の本当の物語です。

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪




関連記事
tag :     実話

05
1
5
6
8
10
11
13
16
20
22
23
25
27
29
31

月と星と妖精ダスト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在144冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

Twitter

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)