This Archive : 2013年01月

2013.01.30 *Wed*

「ルドルフとスノーホワイト」

読み書きができる黒猫・ルドルフが執筆した自伝(?)小説
ルドルフとイッパイアテッテナ」シリーズ。
昨年11月にシリーズ四作目となる新刊が出版されました。

ルドルフとスノーホワイト」斉藤洋・作 杉浦範茂・絵(講談社)

ルドルフとスノーホワイト (児童文学創作シリーズ)ルドルフとスノーホワイト (児童文学創作シリーズ)
(2012/11/22)
斉藤 洋、杉浦 範茂 他

商品詳細を見る


行方不明となった子猫を探す謎解きミステリーあり、
任侠映画張りのボス猫同士の抗争とアクションシーンあり、
横浜中華街を舞台に、
ルドルフと仲間たちが大活躍をします。

横浜港では、遊覧船やシーバス・氷川丸も出てきます。
実は私はシーバスが大好き。
日がな一日シーバスで行ったり来たりするのが密かな夢です☆
シーバスの運転手さん、憧れます。

閑話休題

さて、正直に申しましょう。
タイトルと表紙イラストを一目見て…
「ルドちゃんに恋人が!?
ルドちゃんもお年頃だからねえ~」とドキドキ致しました(*^_^*)

スノーホワイト(そもそも女の子なのでしょうか?)が
ルドちゃんの恋人なのか否か、
それは読んでからのお楽しみ☆
他にも魅力的な新キャラが登場しますので、
ルドルフ君には是非次回作も期待したいです。

前世が猫だった方、
来世は猫に生まれ変わる予定の方、
猫が好きでたまらない方、
猫動画を見始めるとやめられなくなってお困りの方(←これは私)、
実は猫――の方にお勧めのシリーズです。

シリーズはやはり一作目から♪

~「ルドルフとイッパイアッテナ」のシリーズ~

ルドルフとイッパイアッテナルドルフとイッパイアッテナ
(1987/05/20)
斉藤 洋

商品詳細を見る


ルドルフ ともだち ひとりだち (児童文学創作シリーズ)ルドルフ ともだち ひとりだち (児童文学創作シリーズ)
(1988/06/13)
斉藤 洋、杉浦 範茂 他

商品詳細を見る


ルドルフといくねこ くるねこ (児童文学創作シリーズ)ルドルフといくねこ くるねこ (児童文学創作シリーズ)
(2002/02/27)
斉藤 洋

商品詳細を見る


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*

ところで、ルドルフがたこ焼きを貰って食べるシーンがあります。
私は昔から「猫にイカ・タコはダメ」と思っていましたので心配になり、
調べてみました。
あくまでもネット情報ですが、
生のイカ・タコはビタミンB1を破壊する酵素があるため、当然生ではNG。
過熱して少量なら大丈夫なようです。

シューマイを貰うシーンもありますが、
玉ねぎも猫には良くないですよね。
(ネギ類も過熱して少量なら大丈夫のようです)
ルドルフたちは人間の食べ物を色々食べていますが、
本来人間の食事は猫には向きません。
あくまでもファンタジーですので、
真似をする方はいらっしゃらないと思いますが、
ご注意下さいね。
猫ちゃんによっては、少量でも危険かもしれません。

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪




関連記事

2013.01.27 *Sun*

「ゆきむすめ」

ロシアの昔話です。

ゆきむすめ」内田莉莎子・再話 佐藤忠良・画(福音館書店)

ゆきむすめ (こどものとも絵本)ゆきむすめ (こどものとも絵本)
(1966/12/15)
内田 莉莎子

商品詳細を見る


 子どものいないおじいさんとおばあさんがいました。
 ある雪の日、二人は雪で女の子を作りました。
 とても可愛い雪娘ができました。

 すると突然、雪娘がにっこり微笑んで動き出したではありませんか!
 二人はびっくり、大喜びしました。

 雪娘はみるみる内に大きくなり、
 賢く美しい娘に育ちました。
 でも春になると、雪娘は家に閉じ籠るようになりました。

 夏になり、女の子たちが
 「森に遊びに行こう」と雪娘を誘いに来ました。
 雪娘は嫌がりますが、おじいさんたちに勧められて、
 仕方なく出掛けました。

 女の子たちは花を摘んで遊びますが、
 雪娘は一人で小川の水で足を冷やしていました。

 夜になりました。
 女の子たちは焚火をしました。
 そして、焚火の飛び越えごっこを始めました。

 一人飛びました。
 二人、三人と飛び、雪娘の番になりました…



美しく切ない物語です。
こちらのお話とイラストは、
おおきなかぶ」と同じ
内田莉莎子さんと佐藤忠良さんです。

おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)
(1966/06/20)
A.トルストイ

商品詳細を見る


同じくロシアの昔話で「ねんどぼうや」がありますが、
こちらは老夫婦が粘土で作った子供が村中を食べ尽くすという、
パニック映画さながらのお話です。

 
ねんどぼうやねんどぼうや
(2003/08/26)
ミラ・ギンズバーグ

商品詳細を見る


同じ国の同じような始まりなのに、
違い過ぎるストーリー展開なのが面白いです。
男の子はやんちゃですね☆

 aicon_cat01.jpgねんどぼうや」のあらすじはこちらへ


i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪





関連記事
tag : 世界の昔話  

2013.01.25 *Fri*

おはなし会@朝読

今日は朝読おはなし気がありました。
私は4年生のクラスに入りました。
時間は約20分、担当者二名、
私は後半を担当しました。

わらべ歌「ゆきやこんこ♪」

ゆきむすめ(ロシアの昔話)」内田莉莎子・再話 佐藤忠良・画(福音館書店)

ゆきむすめ (こどものとも絵本)ゆきむすめ (こどものとも絵本)
(1966/12/15)
内田 莉莎子

商品詳細を見る


かえるをのんだととさん」日野十成・著 斎藤隆夫・イラスト(福音館書店)

かえるをのんだ ととさん―日本の昔話 (こどものとも絵本)かえるをのんだ ととさん―日本の昔話 (こどものとも絵本)
(2008/01/25)
日野 十成

商品詳細を見る


わらべ歌「さよならあんころもち♪」


切なく美しいロシアの昔話「ゆきむすめ」と、
節分物の日本の昔話「かえるをのんだととさん」です。
やはり「かえるをのんだととさん」では、
大爆笑でした☆

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪




関連記事

2013.01.22 *Tue*

「きょうのごはん」

きょうのごはん」加藤休ミ(偕成社)

きょうのごはんきょうのごはん
(2012/09/13)
加藤 休ミ

商品詳細を見る


 夕方の商店街は、
 買い物をする人たちでとてもにぎやか。
 今夜のおかずはなあに?

  さんま
  カレーライス
  オムライス
  コロッケ…☆


最初のページは、懐かしい昭和のイメージの商店街の風景で始まります。
そして、様々な家庭とその夕ご飯が、
クレヨンとクレパスで細密画のように描かれています。
どれも美味しそう!
焼き魚やカレーの香りまで漂ってくるようです。

登場する家族は、みんな温かいです。
家族揃って「いただきまーす!」と言えるのは、幸せなことですね。

今の時代を反映してか、働くお母さんの帰宅前に、
お父さんと子どもが手際良く料理をするシーンもあります。
どのおうちの子どもたちもちゃんとお手伝いをしています。

昨年本屋さんで立ち読みをした時には分からなかったのですが、
今回図書館で借りてきて、
ネコ視点」で描かれていることに気付きました。
ネコちゃんがパトロールをしながら、
ご近所の夕ご飯をチェックしていたのですね!
ネコちゃんは「今日も平和だにゃ~」と思っているのかもしれません。
ラストでは、ネコちゃんも好物の晩御飯を貰います。

おはなし会で読んでも面白いと思うのですが、
登場人物たちが商店街で買い物をしているシーンなど、
見返しながら読むと更に楽しめると思います。

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪





ちょっと追記01/23
今日もう一度読み返していて気が付いたのですが…
「箸置き」を使っているおうちがないのがちょっと残念に思いました~☆

関連記事
tag : 食べ物

2013.01.21 *Mon*

「著作権Q&A」サイト

ネットで発信をしておりますと、
うっかり・知らない内に・無意識に、
誰かの著作権を侵害しているのではないか…と不安になることがあります。
分かりやすいガイドラインが欲しい時には、
こちらのサイトが参考になるかもしれません。

「コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)」の公式サイトでは、
著作権に関するQ&Aコーナーが公開されています。

  →◇「ACSS著作権Q&A

Q&Aのカテゴリーには、
「著作権の基礎知識」「学校編」「職場編」
「プライベート編」「インターネット編」等々があります。

私が気になったQ&Aとして、
「引用」についてをご紹介します。


Q.インターネット上のニュースサイトの記事を貼り付けて
 ブログの記事を書きたいが問題はないか?

A.ニュースサイトの記事は著作物であり、
 原則として権利者の許可を得なければ、
 ブログの記事に貼り付けることはできません。
 ただし、引用(32条)という方法を用いれば
 著作権者の許可なく行うことができます。
 (「Q.著作物の引用は、どのようにすればよいか?」を参照)

 ~~(以下略)~~

Q.著作物の引用は、どのようにすればよいか?

A.公表された著作物は、公正な慣行に合致し、
かつ報道、批評、研究その他、目的上正当な範囲であれば、
引用して利用することができます(32条) 。

 ~~(中略)~~

 <引用の要件

  ・引用される著作物が公開されていること。
  ・引用部分と自分の著作物が明確に区別されること。
  ・自分の著作物と引用された著作物の主従関係において、
   前者が主で後者が従であること。




他にも、プライベート編では、
「著名な建築家が設計した美術館の外観を撮影した、
ブログで公開することについて、建築家の許可を得る必要はあるか?」、
職場編では、
「社長がインタビューされたTV番組の映像を、
PRのために会社のホームページにアップロードしてもいいか?」、
学校編では、
「調べ学習の授業で生徒が壁新聞を作った。
壁新聞を作る際、さまざまな資料を参考にしたが、
その出典はすべて必ず明記しないといけないのか?」等、
「???」となるようなQ&Aがたくさんあります。

学校編の「壁新聞」のケースでは、
その壁新聞が授業で作られたか、
新聞部の部活で作られたかによって、扱いが変わります。
この辺りは知らないと難しいな~と思います。

また、拙ブログにもついているmaruc.jpg(マルシーマーク)。
maruc2.jpg
(一番下までスクロールして頂くと、見つかります♪)
maruc.jpgを記載する理由についても書かれていますので、興味深いです。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

01
1
3
4
5
6
7
9
13
14
19
20
23
24
26
28
29
31

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在131冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)