FC2ブログ

This Archive : 2012年08月25日

2012.08.25 *Sat*

「おいてけぼり」

おいてけぼり」さねとうあきら・文 いのうえようすけ・画(教育画劇)
おいてけぼり (日本の民話えほん)おいてけぼり (日本の民話えほん)
(1998/05)
さねとう あきら

商品詳細を見る


日本の民話絵本シリーズから、怪談です。

 昔、「おいてけぼり」と呼ばれる気味の悪い堀があった。
 昼間は魚が一匹も釣れないのに、
 夕刻になると鯉でも鮒でも面白いように釣れる。

 が、さて帰ろうとすると、
 「おいてけー、おいてけ―」と怪しい声が響き、
 魚籠(びく)に入っていた魚が堀へ帰ってしまうのだ。

 この噂を聞いて、大工のきんじが肝試しを買って出た。
 案の定、昼間は一匹も釣れなかったのに、
 夕方お寺の鐘が鳴ると、みるみる釣れ始めた。

 が、帰り支度を始めた時…
 「おいてけー、おいてけー」と堀の底から不気味な声が響いた。

 きんじは魚籠を抱きしめると、走った。
 やがて、あの声も聞こえなくなり、
 きんじがほっと立ち止まった時だった。
 手ぬぐいを被った女に呼び止められたのだ。

 魚を分けてくれ、と女が手ぬぐいを脱ぐと、
 な、なんと、現れたのはのっぺらぼうだった!!

 「化けもんだー!!」
 けたたましい叫びをあげ、きんじは無我夢中で走った。
 ようやく自分の家に飛び込んだその時…



暗い堀に、ぴちぴち跳ねる魚たち。
堀に住む、謎の主。
赤らんだ月。

風情のある怪談です。
ラスト、くるくるてんと目を回すきんじが面白いです。
私は、夏、六年生のクラスで読む事が多いです。

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪


関連記事

08
6
10
11
14
16
17
18
22
23
26
28
30

月と星と妖精ダスト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在144冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

Twitter

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)