This Archive : 2012年06月

2012.06.29 *Fri*

おはなし会@朝読

今日は小学校の朝読おはなし会がありました。
私は六年生のクラスに入りました。
担当者は二人、時間は約25分間です。

私は前半担当です。

導入 わらべ歌「キャーロのめだまに♪」

おいてけぼり」さねとうあきら・文 いのうえようすけ・画(教育画劇)
おいてけぼり (日本の民話えほん)おいてけぼり (日本の民話えほん)
(1998/05)
さねとう あきら

商品詳細を見る


有名な怪談です。
後半の担当者が楽しい絵本を読んで下さる事になっていましたので、
蒸し暑い時期にぴったりの怖いお話を選びました。

導入のわらべ歌の「キャーロ」はカエルの事。
内容は、『カエルの目玉にお灸を据えて、
それでも飛べるものなら飛んでみろ』という、
なかなかすごい歌詞の歌です。
今こんな歌を歌ったら、
お母さんや先生に怒られてしまいそうですね。
一応、「試さないでね~」と
子どもたちに伝えました。

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪





関連記事

2012.06.27 *Wed*

「ビブリア古書堂の事件手帖3」

「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ 」三上延(メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
(2012/06/21)
三上延

商品詳細を見る

 普段は人見知りなのに、
 本を手にすると饒舌に語り始める
 ビブリア古書店の美しい女店主・栞子(しおりこ)。

 幼い頃のトラウマゆえに本好きなのに読書ができない青年・大輔。
 そして、ビブリア古書店を訪れる、本に囚われた人々。

 栞子が一冊の古書を手がかりに、
 もつれた事件の謎を解きほぐします。



ごく最近刊行されたミステリー小説です。
これからお読みになるご予定の方、
少しのネタバレもNGの方はご注意下さい。






今回私が一番好きだったのは、
古書会館で行われた市場の場面です。
古書の取引の様子がとても興味深かったです。
さて、栞子さんはここで事件に巻き込まれます…


続きは「READ MORE…」から。
こちらは若干のネタバレがあります。
ネタバレNGの方はご覧にならないよう、
お願いいたします。



「ビブリア」の公式サイトも開設されています。
最も興味深いのは「ビブリアの世界」地図です。
実在の鎌倉・藤沢の地名と共に、
ビブリアに登場する(架空の)お店が書き込まれています。
地図を持って歩くビブリアファンの方もいらっしゃる事でしょう。

   「ビブリア古書堂の事件手帖」公式サイトはこちら→◇

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る


i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪






↓ネタバレ注意!↓
関連記事

2012.06.26 *Tue*

「いろいろばあ」

とても元気な絵本です。

いろいろばあ」新井洋行(えほんの杜)
いろいろ ばあいろいろ ばあ
(2011/07)
新井 洋行

商品詳細を見る

 赤・青・黄色の絵の具が、チューブから元気に飛び出します。

 ばあ!

 愉快な形にびっくり!

 二色いっぺんに飛び出すと、どうなるかな?


思わずにっこり、楽しくなってしまいます☆
ちょっとお化けっぽいところも私の好きポイントです。

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪



関連記事

2012.06.25 *Mon*

ご紹介いただきました

育児ブログ「世界は愛娘を中心に回っている!!」さんにて、
拙ブログをご紹介いただきました。記事はこちら→◇
ありがとうございます!
(過分なお言葉に赤面中でございますが…)


「世界は愛娘を中心に回っている!!」の管理人の
パンとぶどう酒さんは、
もうすぐ三歳になられる愛らしいお嬢さんのパパさんです。
ブログではお嬢さんや姪御さんたちの
元気で可愛い成長記録を拝見する事ができます。

その他に、
お子さんの教育に関するメッセージや
ブログデザイン・運営に関する有益な情報があり、
はたまた、時にはうん●について熱く語って仕舞われるという、
硬軟取り混ぜて話題が尽きる事がありません。

ジェットコースターのように楽しいブログ
「世界は愛娘を中心に回っている!!」さんへは、こちらからどうぞ→i_heart01a.jpg

関連記事
category : 雑談

2012.06.23 *Sat*

「たぬきのいとぐるま」

たぬきのいとぐるま」木暮正夫・文 水野二郎・絵(チャイルド本社)

たぬきのいとぐるま (みんなでよもう!日本・世界の昔話2)たぬきのいとぐるま (みんなでよもう!日本・世界の昔話2)
(2005/04/01)
木暮 正夫

商品詳細を見る


 昔、山奥にきこりの夫婦が暮らしていました。

 ある日、二人が仕事で留守にしている間に、
 ご飯の入れ物が空になっていました。
 周りには、小さな足跡があります。
 「いたずらだぬきの仕業に違いない」と、きこりは怒ります。

 その晩、おかみさんが糸を紡いでいると、
 障子の破れ穴からたぬきが覗いています。
 寂しい山奥なので、
 たぬきでも遊びに来てくれるのは嬉しい、とおかみさんは思います。

 次の晩もその次の晩もたぬきはやって来ました。
 おかみさんが糸車をまわすと、たぬきも真似して手を動かします。

 ある晩の事、たぬきが来ません。
 おかみさんが心配して辺りを探すと、
 藪の中でたぬきがきこりの仕掛けた罠に掛かっていました。
 おかみさんはたぬきを逃がしてやりました。

 その後、たぬきは遊びに来なくなりました。
 冬になり、きこりの夫婦は春までふもとの村で暮らす事にしました。

 やがて雪が解け、二人は山小屋に帰ります。
 すると、戸口の周りにたぬきの足跡がたくさんついていました。

 「小屋の中が荒らされているのではないか」と、
 きこりは心配して戸を開けます。
 小屋の中で二人が見たものは…




ほのぼのとした昔話です。
たぬきは可愛らしく、おかみさんも美人です♪

また、満月に照らされる薄野、
木々が赤や黄色に色付いた晩秋の山、
いっせいに花咲く春山…
そんな移り変わる自然の様子も美しく描かれています。


昔話には厳しい展開のストーリーも多く、
それは教訓や生きる知恵として必要だと理解はできるのですが、
「辛いな~」と思う事もあります。
こういう昔話を読むとほっとしますね。

だからと言ってこちらのお話がただ楽しいだけと言う訳ではありません。
当初たぬきはいたずらをしたせいで罠を仕掛けられ、
たぬき汁になっていた可能性もありました。

が、寂しい山奥の暮らしで、
たぬきの訪問を心待ちにするおかみさんと
いたずらを止めおかみさんの元へ毎晩通うたぬきの間に、
不思議な交流が生まれます。

満月の夜に、罠に掛かったたぬきを助けるおかみさん…
この場面は非常に美しいです。

たぬきは冬の間中糸を紡いで過ごし、
結果として恩返しとなりました。
でも、『恩を返さなければ』という義務感や悲壮感はありません。
裏表紙のイラストからも、
たぬきが本当に楽しんで働いていた事が分かります。

それにしても、このたぬきには是非機織りにも挑戦して貰いたいですね!
すてきな布ができる予感がします。
元は伊豆地方の民話との事です。


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *


こちらの絵本については、
リンクさせて頂いている
花の子ぽけっとの広場」さんの記事で知りました。
   ◇記事はこちら→「6年生による“絵本人気投票”結果」

子どもたちによる人気投票で三位となった絵本です。
残念ながら現在は入手困難な状況ですが、
今年のGW、ついに入手する事ができました♪

図書ボランティアグループ
「花の子ぽけっとの広場」さんは、
小学校での読み聞かせはもちろん、
絵本を劇化して舞台上演なさったり、
地域の催しに参加されたり、と幅広い活動をしていらっしゃいます。

また勉強会や講演会のまとめ記事があり、
非常に参考になります。
もちろん、すてきな絵本のご紹介もあります。
花の子ぽけっとの広場」さんのブログはこちらへ→


i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪







関連記事

06
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
24
28
30

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在131冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)