This Archive : 2010年08月

2010.08.30 *Mon*

「スイッチョねこ」

スイッチョねこ」大佛次郎・文 安泰・絵(フレーベル館)
スイッチョねこ

スイッチョねこ

価格:924円(税込、送料別)



いたずら好きの白い子猫「しろきち」。
良い声で鳴く虫を食べてみたくて仕方ありません。

一生懸命虫を追いかけますがなかなかつかまりません。
ところが、大あくびをした時に『スイッチョ』が口の中に飛び込んでしまいました。

さあ、大変。
しろきちのお腹の中で「スーイッチョ!」と大きな声がするのです。
その声が余りにもうるさいので、しろきちは仲間外れになってしまいます。

お母さん猫はしろきちをおじいさんとら猫のお医者さんに連れて行きます。
お医者さんは虫下しを飲ませてくれますが、
スイッチョの声は止みません…。



ぬくもりのある温かいイラストです。
猫達のふわふわとした毛並みは、
猫好きなら「抱きしめたい!」と思うのではないでしょうか。

不眠症(!)になったしろきちがお母さん猫に
「かおをあらうひまもないや、かあさん!」と泣きじゃくるところと、
お医者さんに診察されるシーンがなんとも愛らしくて大好きです。

大変な目に遭ってしまったしろきちですが、
ラストは子供の成長を温かく見守る美しい言葉で締められています。

☆拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 嬉しいです♪








関連記事
tag : 

2010.08.23 *Mon*

「カテドラル」

カテドラル 最も美しい大聖堂のできあがるまで
   デビッド・マコーレイ作 飯田喜四郎・訳(岩波書店)


時は13世紀。シュトローというフランスの架空の町の人々が、
神の栄光を賛美するため、
壮麗な大聖堂(カテドラル)を建設する…
というお話です。

お話、と言ってもいわゆる「物語」ではなく、
大聖堂の建築過程を詳細なイラストと共に紹介した、
ノンフィクションに近い内容です。

ジャンルとしては「絵本」に分類されていますが、
内容は専門的で大人向けです。

私がこちらの本を手にした理由は、
「大聖堂」を読んでいる時にもう一つピンとこないと部分があったからです。

大聖堂」ケン・フォレット著(ソフトバンク文庫)


「大聖堂」の舞台は12世紀のイングランド。
初めてゴシック様式の大聖堂を建築する事になった建築職人(ビルダー)が主人公の一人です。


本の中で建築方法も詳しく書かれているのですが、
残念ながら私の想像力が足りないせいか、あまりイメージがわかなくて…

でも「カテドラル」を読んで、大分雰囲気が掴めました!
本当は「カテドラル」を読みながら「大聖堂」を読めば良かった、と思います。

例えば、屋根を支える三角形の骨組みは「小屋組」と呼ばれるのですが、
「カテドラル」のイラストを見て、
実際はものすごく大きなものだという事が初めて分かりました。

そういえば、「ハリー・ポッター」の『クディッチ』も本で読んでいる時には
どういうスポーツなのか良く分からなくて、
映画を見て「すごい!」とびっくりした思い出があります。

ついでに「十二国記」の凌雲山(りょううんざん)もイメージができなくて、
アニメを見て雲を突き抜けるその高さに仰天した事も…。

どうも私は「大き過ぎるもの」をイメージする力が貧困なようです…

話が横道に逸れましたが、
「カテドラル」、重機も何もない時代に人間の力と英知と信仰だけで
壮大な教会を建設する人々に感動しました。
もちろん美しいイラストが満載ですので、眺めているだけでも楽しいご本です。


☆拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 嬉しいです♪










関連記事

2010.08.19 *Thu*

夏休みおはなし会@図書館

今日の午前中は図書館のおはなし会がありました。

時間は30分間。三人で担当しますが、
私以外のお二人は元々こちらの図書館のおはなし会サークルのメンバーでした。
(何となくアウェイな気分☆)


さてさて私が読んだ絵本は…


仕掛けうちわ「さかな」(by まど・みちお)

いわしくん」菅原たくや・作(文化出版局)


まるまるころころ」得田之久・文 折茂恭子・絵(童心社)


普段のおはなし会にも参加していらっしゃる親子さんが多く、
和気あいあいとしたおはなし会でした。

私が入る夏休みおはなし会は今日で最後です。
色々なサークルの方や読み語りは初めてという方とご一緒して
勉強になりました。


☆拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 嬉しいです♪







関連記事

2010.08.18 *Wed*

夏休みおはなし会@図書館(反省)

今日の午後は、図書館のおはなし会がありました。
時間は30分間、担当者はベテランさん・初心者さん・私の三人です。

参加者は赤ちゃん・未収園児さん・園児さん・小学校低学年のお子さん達です。

まず、ベテランさんのわらべ歌でスタート。
絵本を二冊読んでいただいた後、私の番です。

私が読んだ絵本は…

だるまさんが」かがくいひろし・作(ブロンズ新社)
だるまさんが

だるまさんが

価格:893円(税込、送料別)



「お月さまってどんなあじ?」マイケル・グレイニエツ作 いずみちほ・訳(セーラー出版)
お月さまってどんなあじ?

お月さまってどんなあじ?

価格:1,575円(税込、送料別)



ここで福音館の「0・1・2」を読むか、
読まないで手遊びを入れるかちょっと迷って時計を見たのですが……。

初心者さんが「では、次のお話は…」と立ち上がられたため、
私も『あら~』と思いながら交代してしまいました。

今日は子供達の出入りが結構ありましたし、
年齢が小さい方も多く、
おはなし会の初めから参加している親子さんもいらしたので、
手遊びを入れて小休憩した方が良かったと思うのですが……。

結局30分間絵本が続いて、内容の濃いおはなし会になりました。
(それはそれで良いのですけど)

終了後にベテランさんから
「真雪さんが手遊びを入れてくれると思ったのだけど?」とご指摘が。
いえ、そのつもりだったのです…。

「まあ、あの場合は仕方ないね」と言っていただけたので、
ちょっとほっとしました。

事前の打ち合わせの時に、
私が手遊びを入れますので、とちゃんと伝えるべきでした。

ただ、手遊びやわらべ歌を入れるかどうかはその時の雰囲気もありますので、
不特定多数の子供達が参加する図書館のおはなし会では
あらかじめ決めておくのは難しいです。

色々な方とチームを組むおはなし会では、
意思の疎通が大事ですね。
反省です。


☆拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 嬉しいです♪








関連記事

2010.08.17 *Tue*

夏休みの工作

情報系の工作?、ですが。

絵本と図書ボランティアのサイト「月夜の青猫」を開設致しました。
こちらのブログの倉庫サイト(の予定)です。

月夜の青猫

中身はまだほとんどありませんが、
猫素材サイト様からステキな素材をお借りしましたので、
可愛いデザインになったと思います♪

素材サイト様を巡ったり、色々デザインを考えるのは楽しいです!


☆拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪



追記 今思ったのですが、情報系の工作って言葉、何だかスパイみたいで格好いいかも☆


関連記事
category : 雑談 | 絵本 | 本・雑誌

08
1
3
4
5
7
8
10
12
13
14
15
16
20
21
22
24
25
26
27
28
29
31

花が流れる水中時計

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在131冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)