FC2ブログ

This Archive : 2010年07月

2010.07.16 *Fri*

おはなし会@朝読

今朝は小学校の朝読のおはなし会がありました。
人手不足のため、どの教室も担当者はほぼ一人配置です。

私は二年生のクラスへ。
25分程度のおはなし会を一人で担当しました。


導入 わらべ歌「チューリップシャーリップ♪」

絵本「うえきばちです」川端誠・作(BL出版)
うえきばちです

うえきばちです

価格:1,260円(税込、送料別)



わらべ歌「信田の森のきつね♪」


絵本「かみそりぎつね」小沢正・文 野村たかあき・画(教育画劇)
かみそりぎつね

かみそりぎつね

価格:1,260円(税込、送料別)



手遊び「いちごがひとつ にくまんひとつ☆」

わらべ歌「デンデンムシデムシ♪」

絵本「あめのひのトランペット」安房直子・作 葉祥明(金の星社)
あめのひのトランペット

あめのひのトランペット

価格:1,260円(税込、送料別)



絵本「ぼくがあのこをきらいなわけ」磯みゆき・作(ポプラ社)
ぼくがあのこをきらいなわけ

ぼくがあのこをきらいなわけ

価格:819円(税込、送料別)



手遊び「さくらんぼひとつ☆」

わらべ歌「さよならあんころもち♪」


うえきばちです
植木鉢にのっぺらぼうを植えてしまう、ナンセンス&言葉遊びの絵本です。
一ページめくるごとに子供達は大爆笑!
途中、言葉遊びのからくりに気が付いて「ああ、そういう事!」という声も上がりました。

かみそりぎつね
キツネにだまされてしまうそうべえさんのおはなし。
ハラハラドキドキの展開なので、子供達も集中して聞いてくれました。

さて、ここで私が大失敗。
一人の子から「喉が渇いたので、お水飲んでもいいですか?」と聞かれたので
「どうぞ」と答えたら……クラスの半分位の子が教室の後ろに水筒を取りに行ったり、
廊下の水飲み場へ行ったり…。

トホホ…
ぼんやり待つ訳にもいかないので、
残った子供たちと手遊び「いちごがひとつ~♪」をしました。

二番の「~にくまんいつつ♪」と終わる頃には全員集まったので、気を取り直して再開。

あめのひのトランペット
楽器屋のくまさんと男の子、金色のトランペット…と情景の美しい絵本です。

が、私が悪いのですが、水を飲みに行ったりしたために、
数人の男の子が教室の後ろの方をウロウロ……落ち着きません。

止むを得ず、あまりやりたくないのですが、
じ~、にこっ☆作戦決行。

本を読みながら、立ち歩いている子の顔をじ~と見つめ、
にこ☆をします。

これをすると集中している子の邪魔になるのですが、
ウロウロしていた子達も素直に座ってくれました♪
やれやれ……

少しだけ時間が余ったので、「ぼくがあのこをきらいなわけ」。
やんちゃな男の子と可愛い女の子のお話。
折角仲良くなれると思ったのに…ラスト、ちょっぴり切ないです。

最期に「いちごがひとつ☆」の三番「さくらんぼひとつ☆」をしました。


今日工夫した事。
絵本を読む前にちょっと関係したわらべ歌を歌いました。

 チューリップ♪→「うえきばちです」
 信田の森のきつね♪→「かみそりぎつね」
 デンデンムシ♪→「あめのひのトランペット」


午後は学童へ行きます。


☆拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪






関連記事

2010.07.15 *Thu*

趣味はお人形

FC2トラックバークテーマ第1003回は「フィギュア・人形を集めていますか?」

あはははは…!

時々思うのですが、FC2トラックバックテーマって面白い。




プロフィールにも書いてありますが、
私の趣味はお人形の収集です。
はい、図書ボラ歴より長いです。

主にタカラのジェニーのシリーズを集めています。
その他に、小さいお人形も大きいお人形も集めています。

少しですが、フィギュアも持っています。
見るだけですが、日本人形も好きです。

およそ「人形」と名の付くものなら何にでも興味を持つので、
家族には少し呆れられています。

お人形は集めるだけではなく、洋服作りも好きです。
写真を撮るのも好きです。
趣味が高じて、人形サイトも運営しています。

今一番の趣味は人形サイトとブログの更新かもしれませんね。

そんな私のお人形コレクションのブログはこちら。
→「雪うさぎの庭(ドールアルバム)」

と、宣伝しておこう…☆


それにしても、トラックバック担当の水谷さんも
フィギュア&人形を集めていらっしゃるのですね。

どんなお人形を集めていらっしゃるのか、気になります…!


☆拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪





関連記事

2010.07.14 *Wed*

絵本を買いに

今日は歯医者さんの帰りに古本屋さんで絵本を買って参りました。

ながぐつをはいたねこ」香山美子・文 佐野洋子・絵(チャイルド本社)

おおかみおうロボ」シートン原作 加藤由子・文 キムラシュウ・絵(世界文化社)


ながぐつをはいたねこ」はもちろんペローの童話。
大好きな佐野洋子さんの絵でしたので即購入決定!
おはなし会でも使えそうです。

シートン原作の「おおかみおうロボ」。
子供の頃、大好きで何回も繰り返し読んだお話です。
おはなし会で使うには少し長いかな…。
機会があれば高学年で読みたいと思います。

☆拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪



関連記事

2010.07.11 *Sun*

桃太郎の宝って?

定期的に読み聞かせボランティア向けの講習会に参加しています。
今回は「昔話絵本」についてでした。

色々な昔話絵本を比較する中で、講師の先生から、

「桃太郎が持ち帰った宝は『サンゴ』『打ち出の小槌』
『隠れ蓑(姿を隠す事のできる蓑)』等です」


というお話があり、つい先日「ももたろう」の絵本を
購入したばかりの私は思わず固まってしまいました。

ちなみに私が購入した絵本は…

ももたろう」こわせたまみ・文 赤坂三好・絵(チャイルド本社)

家に帰って早速確認したところ、
描かれていた宝物はサンゴ、打ち出の小槌、水晶の玉、兜等でした。
大丈夫のようです。良かった…

購入する際には、物語の整合性や、
私好み(?)の桃太郎の絵である事に重点を置いて選んだので
余り絵の時代考証とかは考えていませんでした。


「ヘンゼルとグレーテル」についても、
デコレーションケーキのようなお菓子の家ではありません
というお話がありました。

更に「子供は(『桃太郎』なら『桃太郎』の)
一番最初に出会った本のストーリーや絵が
とても強く心に残ります」
との先生のお言葉に、ガーン…!


今まで、自分の感性で選んだ、自分が大好きな絵本ばかり読んでいました。
もちろん、「好きな絵本」を読む事が一番大切ですが。

今回の講習で、特に昔話に関しては色々勉強が必要だ、
と今更ながら痛感致しました。
まずは推奨されている昔話絵本を読んで、視野を広げたいと思います。

とは言え、余り難しく考え過ぎない過ぎないようにもしたいとも思います。
まずは楽しく…!


ももたろう」松井直・文 赤羽末吉・画(福音館書店)
ももたろう

ももたろう

価格:1,155円(税込、送料別)




☆拍手&ランキングを押して下さる方
ありがとうございます! 励みになります♪





関連記事

2010.07.08 *Thu*

おはなし会@定期公演

今日の午後は小学校で定期公演がありました。
定期公演は、月に一回放課後、特別教室で行われるおはなし会です。

時間は30分間、三人で担当しました。

まずは私から。
早めに集まった子供たちのために手遊びを一つしてからスタートです。

手遊び「デンデンムシ」

導入「まあるいたまごがぱちんとわれて」

絵本

だるまさんが」かがくいひろし・作(ブロンズ新社)
だるまさんが

だるまさんが

価格:893円(税込、送料別)



ねんどぼうや」ミラ・ギーンズバーグ文 ジョン・A・スミス絵 覚和歌子・訳(徳間書店)
ねんどぼうや

ねんどぼうや

価格:1,470円(税込、送料別)




「デンデンムシ」は、両手をそれぞれグーとチョキにし、
チョキの上にグーを乗せてカタツムリを作ります。
そして「デンデンムシ」の歌に合わせて、グーとチョキを交互に変えつつ、
右手と左手を上にしたり下にしたりします。
簡単な手遊びですので、低学年向きです。

だるまさん
ほんわか和む絵本です。
子供達も一緒に『だるまさんが』と唱えてくれました。

ねんどぼうや
 子供が大きくなって寂しくなったおじいさんは粘土で子供を作ります。
 名前は「ねんどぼうや」。

 ねんどぼうやはいっぱい食べてどんどん大きくなります。
 家の食べ物を全部食べてしまったぼうやは庭に出て、
 ニワトリや猫、犬も食べてしまいます。

 更におばあさんとおじいさんも食べてしまいます。
 ついには村中の人達と動物を食べ尽くしてしまうねんどぼうや。

 もっともっと食べたいねんどぼうやが原っぱで出会ったのは…


ロシアの昔話を元にした物語です。
迫力のある絵で、ねんどぼうやは今風に言えば「キモカワ」?でしょうか。

ホラーな展開ですが、ラストはハッピーエンドです!
途中、子供達も「怖~!」と言いながら聞いてました。

ちなみに私が一番怖いシーンは、
ねんどぼうやが馬車を飲み込むところです。

さて、こちらの絵本を読むと、私は
「人工的な生命に対する恐怖」を感じます。

命は「授かる」と言いますが、自分の寂しさを癒すために
おじいさんは人工的に子供を作ってしまいます。
そして、人工的に作られた「生き物」が人々に恐怖をもたらします。

昔話でありながら、現代の「生命倫理」への警鐘を鳴らしているように感じます。

さて、私はここまで。
二人目のメンバーが読んだ絵本も少々重い内容でしたが、
最期の担当者が「ぐりとぐらのかいすいよく」を読んでくれました。

やはり「ぐりとぐら」はほっと安心できますね。
ラストを「ぐりとぐらのかいすいよく」でしめて貰えて良かったです!

☆拍手ありがとうございます! 励みになります♪


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


以下、図書ボランティアの悩みです…

私は地域の図書ボランティアですが、
小学校では補助としてお手伝いをしています。
元々、人数の必要な大きな行事の公演と朝読を頼まれていました。

定期公演は4~5人いれば十分ですので、
今までお手伝いはしていませんでしたが、
とうとう今年度から本格的に小学校のおはなし会がメンバー不足となり、
お手伝いする事になりました。

私にはどうする事も出来ませんが、
小学校のおはなし会の今後が少し心配です。
関連記事

07
4
6
7
9
10
12
13
17
19
20
21
23
24
25
27
29
30
31

月と星と妖精ダスト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在144冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

Twitter

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)