This Archive : 2009年01月

2009.01.30 *Fri*

おはなし会@朝読

今朝は小学校の朝読書の時間のおはなし会がありました。
2年生のクラスに一人で入りました。
以下、時系列でメモ書きします。

朝起きたら花粉症のせいでくしゃみが…!
やや不安な気持ちで学校へ。

いきなり迷子になりました!
私の入るクラスがない! ないです! 他の二年生のクラスはあるのに。

何と、そのクラスだけ二年のフロアではなく、一つ上の階にありました。
もう、息が切れて、ゼイゼイしました。体力に不安あり、です。
どうでもいいですけど、よく入る高学年は最上階にあるので、これも辛いです。


さて、まずはわらべ歌の「かれっこ焼いて♪」のお餅バージョン「もちっこ焼いて♪」で始めました。
お醤油をつけて一回歌ったあと、
「お正月にお餅食べた? 何つけて食べるのが好き?」と尋ねたところ…
出るわ、出るわ。
きな粉、からみ、あんこ、磯辺、チーズ……。
ちょっと私の予想以上でした。
からみ餅が好きなお子さんが何人かいて、大人だな~と思いました。
とりあえず、きな粉、からみ、あんこをつけて歌って食べました♪

ねずみのすもう」 関根栄一・文 二俣英五郎・絵(チャイルド本社)
ネズミがお餅を食べてお相撲を取るお話です。お餅繋がりで選びました。
相撲についても聞いたところ、ほぼ全員が相撲を見たことがあるそうです。
小さなお子さんも見ているのですから、
相撲界も伝統と品格は大切にしてもらいたい、と思いました。

おっと、脱線してしまいました。続きます。
基本的に私は日本の昔話と外国の昔話をセットで読むのが好きなので、
次はスロバキアの昔話を読みました。

マルーシカと12の月」(原作・スロバキア民話より) 虎頭恵美子・文 本庄ひさ子・絵(世界文化社)
この季節、低学年のクラスで毎年必ず読むようにしている物語です。
絵柄がとても優しい雰囲気の絵本です。

へんしんトイレ」 あきやまただし・作/絵(金の星社)

へんしんトイレ (新しいえほん)へんしんトイレ (新しいえほん)
(2005/02)
あきやま ただし

商品詳細を見る

言葉遊びの本で、子供たちも一緒に唱えて、すごく盛り上がりました。
そんな盛り上がっている最中に先生が…!

前回、盛り上がりすぎた反省からもう一冊読む予定でしたが、
やむを得ず、これにて今日の読み語りの会は終了。
本当は、「おもしろどうぶつずかん」でラストにしたかったです。



今日の反省。
最初のわらべ歌で時間を取り過ぎてしまいました。
時間配分って難しいです。

今日は一人でしたので、会の全体の構成、
「わらべ歌→日本の昔話→外国の昔話→面白い話→絵を見て楽しむ話」と
組みたてられたのは良かったです。
ラスト、入れられませんでしたが。

ちょっとつまらないのは、自分一人ですと他の方のお話を聞けないことです。
他の方の読み方を聞くと勉強になりますし、
単純に本が好き、という部分が大きいので。

それから、低学年さんですと、こちらも力一杯全力投球してしまいますので、
若干疲れました。
さて、読み語りの会は来週はお休み。
次回は4年生のクラスに入る予定です。
何を読もうかしら。「ゆきだるまのさがしもの」は外せないですね。



関連記事

2009.01.08 *Thu*

「夏目友人帳」7巻

夏目友人帳」7巻 緑川ゆき(白泉社)
夏目友人帳 7 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 7 (花とゆめCOMICS)
(2009/01/05)
緑川 ゆき

商品詳細を見る

1月5日に発売されたコミックスの感想です。
大したネタばれはありませんが、
これからお読みになるご予定の方はご注意下さいませ。



さて、夏目は心温まるお話ばかりで~と常日頃書いておりましたが、
な、何と、今回の『人ならぬもの』は怖いお話でした!
妖(あやかし)が襲われて血を奪われ、殺されるという恐ろしい事件が起きます。

妖たちを守ろうと奔走する夏目貴志と祓い人・名取周一。
アクション映画さながらのシーンが繰り広げられます。
夏目すごい、大活躍です。
このお話、夏目が大変アクティブです。

しかし、妖を襲っていたのは、実は人間だったという事実が判明。
妖よりも人間の方が怖いとは…。

今回、かねてより噂の祓い屋軍団(?)・的場(まとば)一門の頭首、
的場静司が登場します。
的場は目的のためなら手段を選ばない、
妖を妖の餌とするぐらい何と思わない非情な男でした。

夏目貴志が夏目レイコの孫であると知った的場が、
今後どのように夏目にかかわってくるか、非常に楽しみです。
(ちょっと怖いけど…)
でも、怖い怖いと言っても、作者様の絵が優しい雰囲気ですので、
決しておどろおどろしくはありませんでした。

そして、的場が妖を滅するのに使用する道具が弓と矢!!
この辺りも弓好きの私にとっては嬉しいところです。
作者様の制作秘話で、初めに「的の家紋」→的場という流れで
名前が決まったそうです。(「公式ファンブック」より)


そんなシリアスなお話の後は『夏目遊戯帳』。
夏目が妖たちと影踏み鬼をするという、
今迄に登場した妖たちも総出演のとても楽しいお話です。

いつか、夏目も人の友達と鬼ごっこをすることができたら良いですね。
あと、個人的には『三篠(みすず)』がとてもいい味を出していると思いました。

本館ブログの記事を転記いたしました。(2012/02/27)
関連記事

01
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
31

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在131冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)