This Archive : 2008年12月

2008.12.05 *Fri*

絵本

今朝は小学校の朝読書の会はありませんでしたが、
毎週金曜は読み語りの日のようになっているので、
今日は先週読んだ絵本のご紹介を少ししたいと思います。

かみそりぎつね」水沢正・文 野村たかあき・画

かみそりぎつね (日本の民話えほん)かみそりぎつね (日本の民話えほん)
(2000/02)
小沢 正、野村 たかあき 他

商品詳細を見る


切り絵風の迫力ある大好きな絵柄です。

ある日「そうべえさん」は
キツネが女の人に化けて一軒の家に入っていくのを目撃します。
その娘の正体を暴こうとしたそうべえさんは
ついに娘を死なせてしまいました。

怒ってそうべいさんに詰め寄る家の人たち。
窮地に陥ったそうべえさんを救ったのは、
「頭を丸め坊主となって娘を弔え」と言ってくれた一人のお坊さんでしたが……。


そうべえさんとキツネの知恵比べがはらはらドキドキします。
意外な結末が大変面白くて、
私が最もたくさん読み語りに使っているご本の内の一冊です。

出張(?)して読む時には、たいてい持っていくようにしています。
子供も大人も喜んでくれる絵本です。


ゆきだるまのさがしもの
 ゲルダ・マリー・シャイドル・作 ヨゼフ・ウィルコン・絵 いずみちほこ・訳

ゆきだるまのさがしものゆきだるまのさがしもの
作・絵:ゲルダ・マリー・シャイドル / 訳:いずみ ちほこ出版社:セーラー出版絵本ナビ


冬らしい雰囲気の静かな絵柄です。

どこもかしこも真っ白な景色に飽き、
花を探し求めに出掛ける「ゆきだるま」。
ウサギもカラスもネコも「だるまは花に会うことはできない」と言います。

しかし、あきらめずに探し続け、
ついにゆきだるまは色とりどりの花に出会うことができました。
でも、そこは……。


悲しい結末のお話のようですが、
実は本当のラストシーンが非常に感動的なお話です。
先週は二年生のクラスで読みましたが、
ぜひ高学年のクラスで読んでみたいご本です。
きっと大人も大好きになれる絵本だと思います。


関連記事

2008.12.04 *Thu*

購入した絵本

今日購入した絵本です。

ならなしとり」小暮正夫・文 村上豊・絵(チャイルド本社)

ねずみのすもう」関根栄一・文 二俣英五郎・絵(チャイルド本社)

イラストが私の好きな画家さんで嬉しい♪

◇本館ブログ「銀うさぎの庭」から転載。
関連記事

12
1
2
3
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

花が流れる水中時計

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在131冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)