This Archive : 2008年05月

2008.05.21 *Wed*

おはなし会@朝読

今朝は、小学校の読み語りのボランティアへ行って参りました。
六年生の予定でしたが、変更があって、五年生のお教室へ。

複数で入りましたので、私は二冊読みました。
今日読んだ絵本です。

おおきくなるっていうことは」中川ひろたか・文 村上康弘・絵
おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)
(1999/01)
中川 ひろたか

商品詳細を見る

ぶす」もとしたいづみ・文 ささめやゆき・絵
狂言えほん ぶす (講談社の創作絵本)狂言えほん ぶす (講談社の創作絵本)
(2007/04/24)
もとした いづみ

商品詳細を見る

「おおきくなるっていうことは」は、5月9日に二年生で読みましたが、
今回は高学年の子供達が、
低学年とはまた違った心で受け止めてくれたら良いな…という気持ちで読みました。

「ぶす」は、「狂言」の「附子」をもとにした絵本です。
軽妙なテンポの良い文章で、読んでいると私も楽しくなります。

ちなみに「附子」というのはトリカブトの猛毒の事です。
頓知の利いた昔のお話は本当に楽しいですね! 
もっともっと素敵な昔話の絵本を見つけたいです。


関連記事

2008.05.16 *Fri*

おはなし会@朝読

今朝は、小学校の朝読書の時間に絵本の読み語りに行って参りました。
が、大失敗してしまいました。

朝起きた時から、アレルギーの症状が出て、くしゃみ鼻水が……(汚くてすみません)
私は一年中アレルギー体質ですので、薬を服用しています。
でも、時々今日のように症状がひどくなる時があります。

普段の薬に加えて、頓服も容量いっぱいまで飲んで、咳止め+のど飴をなめて、小学校へ。
一年生の予定で絵本を準備しておりましたら、急遽変更で三年生のお教室へ。
これは良くある事ですし、他学年向けの絵本も用意しておりますから、特に構わないのですが。

二人で入りましたので、それぞれ二冊読みました。
ここからが困った…。
くしゃみ鼻水は治まったのですが、声がかすれてしまう……。

最悪な事に、二冊目のラストシーンで、咳が!! 
さらに悪い事に、つい「ごめん」と口走ってしまった私……さらっと読み続けるべきでしたのに!(反省)

気を取り直して、今朝の絵本をご紹介します。

わらしべちょうじゃ」武鹿悦子・文 二俣英五郎・絵(おはなしメイト)
まほうのうま」ブラートフ・原作 佐野朝子・文 本庄ひさ子(世界文化社)

「わらしべちょうじゃ」
とても有名な日本の昔話で、殆どの子供達が知っていましたが、自分達の知っている「わらしべちょうじゃ」と異なるところも見つけながら楽しんでもらいました。

ちょっと驚いたのは、子供達が以前読んだ事のあるお話の細部まで覚えている事でした。
良いお話は、心にちゃんと残るのですね。
と同時に、自分もきちんと絵本を読んで伝えるようにしなければ…と気持ちが引き締まりました。

こちらの「わらしべちょうじゃ」は、とても温かみのある絵柄で、文章も話の筋道も分かりやすく、良く読み語りに使わせて頂いております。
私の大好きな昔話の一冊です。

「まほうのうま」
ロシアの古い民話で、民話の収集家・研究者のブラートフ氏が幼児の為に再話したお話です。
とにかくファンタジックで優しい絵で描かれた愛らしいお話ですので、機会があれば一年中、何回でも読んでしまうお話です。

魔法の馬がとても幻想的な絵で描かれています。そして、主人公のイワン少年が初めてお姫様に会った時にとる行動が、本当に可愛いくて、絵も美しくて、大好きな場面です。

そんな素敵なお話ですのに、感動のラストで咳してしまった私って……本当にごめんなさい……!


関連記事

2008.05.09 *Fri*

あはなし会@朝読

小学校で本の読み語り(読み聞かせ)のボランティアをしています。
今朝は一時間目が始まる前の20分間ほど、二年生のクラスに入りました。
二人で入りましたので、私は二冊読みました。

おおきくなるっていうことは」中川ひろたか・文 村上康成・絵(童心社)
おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)
(1999/01)
中川 ひろたか

商品詳細を見る


ききみみずきん」かたおかしろう・文 村上豊・絵(ひかりのくに)

「おおきくなるっていうことは」
明るい挿絵と、繰り返しの言葉のリズムが楽しい、大好きな絵本です。
子供達の成長を喜ぶ気持ちが伝わる、新年度に読むのにぴったりのご本です。

「ききみみずきん」
子供達に「ずきん」の説明をするのが難しかったです。
「赤ずきんちゃん」はみんな知っているのですが、それとはまた違いますから……。
こちらのご本は、ほのぼのと温かい挿絵で、文章も音読しやすいので、良く読み語りに使わせ頂いております。

昔話は大好きですので、昨年度に引き続き、今年度も日本や世界の昔話をたくさん読んでいきたいと思います。


関連記事

05
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

花が流れる水中時計

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在133冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)