FC2ブログ

This Category : 図書館で借りた絵本

2019.04.02 *Tue*

『とりのうた』

青い小鳥が主役の詩のような絵本です。


とりのうた』すえのぶひろこ・文 さこももみ・絵(教育画劇)

←Amazonへ


 季節は冬。
 風の車が走ってきて、雪が降りてきます。

 小さな動物たちはコートを着て、
 雪がみんな一つに染めていきます。

 やがて、ぽかぽか優しい朝が来て…
 春が来たのです!


一話の青い小鳥が、冬から春へと、
季節の移り変わりを案内してくれます。

私は「ゆきは おひさまと てを つなぐ」のページが好きです。
小鳥がダンゴ虫や尺取虫と遊ぶシーンも可愛い。

作者のすえのぶさんによれば、「『とりのうた』は緑への賛歌」とのことです。
美しく、楽しく、可愛い絵本です。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書館利用)

名画と解剖学~『マダムX』にはなぜ鎖骨がないのか?』原島広至(CCCメディアハウス)




5秒ひざ裏のばしですべて解決』川村明(主婦の友社)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

2019.02.28 *Thu*

『もももすももも』

早口言葉の絵本です。


もももすももも』新井洋行(講談社)

←Amazonへ


「生麦生米生卵」のようなオーソドックスな早口言葉、
そして「ゆで麦ゆで米ゆで卵」のような変形バージョンなど、
色々な早口言葉が登場します。

私が一番好きなのは、
「かえるぴょこぴょこ」のパンダ・バージョン。
「パンダごろごろみごろごろ~」が可愛いです。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
tag : 言葉遊び

2019.02.08 *Fri*

『おどりたいの』

おどりたいの』豊福まきこ(BL出版)

←Amazonへ


 深い森のはずれに、美しい音楽が流れてくる建物がありました。
 ある晩、白い子うさぎは窓から中を覗きこんでみました。

 白いふわふわしたチュチュを着た女の子たちが、
 音楽に合わせて踊っています。
 なんてきれいで可愛いのでしょう!

 子うさぎは「わたしも踊りたい…!」と、
 思わず入り口をノックしていました。

 子うさぎは、女の子たちと一緒にバレエを習います。
 失敗はあったけど、ジャンプは一番。
 だって、うさぎですから。

 やがて、子うさぎの友だちも大勢やってきて…


子うさぎたちとバレリーナのお嬢さんたちの、可愛いお話です。
特に、ラストの発表会に向かう子うさぎたちの愛らしい行列(?)が好きです。
ドキドキわくわく感が伝わってきます。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

2019.01.02 *Wed*

『つららが ぽーっとん』

真冬から、春がやってくるまでを描いた科学絵本です。


つららが ぽーっとん』小野寺悦子・文 藤枝つう・絵(福音館書店 ふしぎなたねシリーズ)

←Amazonへ


 窓の外にはつらら。
 春が近いか教えて?とつららさんに尋ねると、
 「ぽーっとん、ちーかい!」と教えてくれます。

 「ぽっとん」のテンポは段々速くなり、春がどんどん近づいてきます。

 
リズムが楽しいです♪


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書室利用)

銀河鉄道の父』門井慶喜(講談社)



宮澤賢治の父の目から見た賢治とその家族の模様を描いた小説。
ずっと読みたかった本ですが、やっと読めました。

こちらも気なる一冊。

カンパネルラ版 銀河鉄道の夜』長野まゆみ(河出書房新社)




◇読んだ絵本(図書館利用)

ふゆですよ(四季の絵本)』柴田晋吾・文 降矢なな・絵(金の星社)




あったまろう』もろはらじろう(すずき出版)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
tag : 科学絵本

2018.12.30 *Sun*

猫絵本(備忘録)

最近読んだ絵本です。備忘録です。



サイモンは、ねこである。』ガリア・バーンスタイン作 なかがわちひろ・訳(あすなろ書房)

←Amazonへ

 猫と、猛獣のライオンや虎は仲間なのでしょうか?
 全然似ていない? 似ている?
 そんな子猫の問い掛けに答えます。


私はネコ以外のネコ科の動物では、ヒョウが好きです。
黒ヒョウとか、ユキヒョウとか、格好良いですよね!


ふゆねこさんハワード=ノッツ作/絵 まつおかきょうこ・訳(偕成社)』




 初めての冬を迎えた灰色の猫。
 寒い野原に猫は一人ぼっちです。
 子どもたちが声を掛けますが…
 クリスマスのお話です。(白黒のイラストです)



花びら姫とねこ魔女』朽木祥・作 こみねゆら・絵(小学館)


 

私はネコが嫌いだ。』よこただいすけ・作/絵(新風舎)



 お父さんと黒猫の物語。
 泣いてしまう…


i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

2018.12.28 *Fri*

『あおいちきゅうのいちにち うみ』

あおいちきゅうのいちにち うみ』エラ・ベイリー作 せなあいこ・訳(児童図書館・絵本の部屋)

←Amazonへ


 太平洋、バンドウイルカの女の子が、
 迷子の赤ちゃんクジラを見つけた。

 オーストラリアの沿岸の温かいサンゴ礁の海には、
 色々な魚たちが泳いでいる。

 深い海に出ると、イルカの群れが集まって、
 赤ちゃんクジラを守るように泳ぐ。

 やがて、赤ちゃんクジラはお母さんに会えた。良かった!

 海の底で魚の群れを見つけたイルカたちは、
 力を合わせて魚を水面まで追い上げる。
 食事の時間だ…



サンゴ礁の海、夜の海…
様々な顔を見せる海を舞台に、色々な生き物が登場します。
美しいイラストで、眺めているだけでほっとする気持ちになれる絵本です。

絵本の中にイルカの狩りの様子が描かれていますが、
海洋物のドキュメンタリーでイルカの狩りの様子を見ると、
とても迫力があって、ドキドキします。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書館利用)

『異世界居酒屋のぶ 二杯目』蝉川夏哉(宝島社)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
tag : 科学絵本    

2018.11.29 *Thu*

『ねえ だっこして』

切ない気持ちになる絵本です。


ねえ だっこして』竹下文子・文 田中清代・絵(金の星社)

←Amazonへ


 お母さんのお膝にいる赤ちゃんを見つめる猫。
 朝も昼も夜もお母さんのそばには赤ちゃんがいる。
 「待ってね」「あとでね」とお母さんは言う。

 私(猫)はそこがどんなにすてきな場所だか知っている。
 私は待っているから…
 「おかあさん 少しで良いから抱っこして」……


猫の姿を借りていますが、第二子を迎えたおうちの
お兄ちゃんお姉ちゃんの気持ちを描いた絵本なのでしょう。
親御さん向けの絵本だなあと思いました。

表紙の、お母さんと赤ちゃんの微笑ましい様子に対して、
猫ちゃんの暗い瞳が切ないです。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書室利用)

コーヒーはぼくの杖』岩野響/開人/久美子・著(三才ブックス)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
tag :   親子

2018.11.16 *Fri*

『ぼくのちいさなともだち』

ぼくのちいさなともだち』アンドレ・ダーハン作 きたやまようこ・文(講談社)

←Amazonへ


 猫は小さな魚が大好き。
 魚はガラスの鉢の中に住んでいる。
 猫は魚を大切にしていた。

 でも、小さな魚はどんどん大きくなり、
 猫は魚を海に放してやった。

 やがて再会の日、
 魚は猫よりもずっと大きくなっていた…


猫と魚はずっと仲良く幸せに暮らしました。
大好きな人がいる場所は、ステキな場所ですね。

私は猫も魚も大好き。
表紙の、仲良しの猫ちゃんと魚ちゃんが可愛い!

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
tag :     友達

2018.11.13 *Tue*

『いすちゃんです。』

いすちゃんです。』とよたかずひこ(童心社)

←Amazonへ


 小さな椅子のいすちゃんが、
 「かたかた こんこん」とステップを踏みます。

 すると窓から猫がぴょ~んと飛び込んできて、
 いすちゃんの上で丸くなって「すーすー」と眠ります。

 それから、男の子とお父さんがやってきて、
 一緒にいすちゃんに座って絵本を読み始めます。

 やがて、いすちゃんの上に絵本が一冊残されます。
 いすちゃんはその絵本を読みたいと思いますが…


絵本は、はっきりとは見えないのですが、
『3びきのくま』なのではないかな~と思いました。
こちらのお話にも椅子が登場します。
いすちゃんの感想を聞いてみたいです!

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
tag : 赤ちゃん  絵本

2018.10.30 *Tue*

『難民になったねこ クンクーシュ』

実話を元に描かれた絵本です。


難民になったねこ クンクーシュ
 マイン・ヴェンチューラ文 ベディ・グオ絵 中井はるの・訳(かもがわ出版)

←Amazonへ


 2015年10月、ある家族が人で一杯のボートに乗っていた。
 母親と五人の子どもたちで、
 イラクの都市モスルから逃げてきたのだ。

 イスラム過激派がイラクの兵士と戦っていたため、
 爆撃や銃弾が飛び交っていたからだ。

 母親は二歳の猫クンクーシュを籠に入れていた。
 家からほとんど何も持ち出せなかったが、
 この猫だけはどうしてもおいて来れなかった。

 その家族が乗ったボートがギリシャのレスボス島に着いた時、
 猫はいなくなってしまった…
 
 家族は猫を探すのをあきらめ、次の難民キャンプへ移って行った。
 やがて猫は漁村で保護され、多くのボランティアがSNSを使って飼い主を捜した。

 そして2016年2月、ノルウェーに住んでいた飼い主の家族は、
 インターネット新聞とテレビのニュースでクンクーシュのことを知った。

 クンクーシュは優しい人々に出会い、
 5000キロも旅をし、ついに家族と再会したのだった。


世界中の人々が、一匹の猫と家族の為に協力したのですね。
SNSの力ってすごい!
インターネットがない頃でしたら、猫は家族と再会できなかったかもしれません。

その後、クンクーシュのぬいぐるみが製造・販売されるようになりました。
ぬいぐるみを作った難民は、売り上げの半分のお金を得ることができます。
ぬいぐるみには作った人のメッセージが付いていて、
買った人も難民を知るきっかけになります。

絵本の巻末には資料付きです。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

04
3
4
6
7
8
9
11
12
13
14
15
17
18
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30

月と星と妖精ダスト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在143冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

Twitter

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)