FC2ブログ
2018.10.30 *Tue*

『難民になったねこ クンクーシュ』

実話を元に描かれた絵本です。


難民になったねこ クンクーシュ
 マイン・ヴェンチューラ文 ベディ・グオ絵 中井はるの・訳(かもがわ出版)

←Amazonへ


 2015年10月、ある家族が人で一杯のボートに乗っていた。
 母親と五人の子どもたちで、
 イラクの都市モスルから逃げてきたのだ。

 イスラム過激派がイラクの兵士と戦っていたため、
 爆撃や銃弾が飛び交っていたからだ。

 母親は二歳の猫クンクーシュを籠に入れていた。
 家からほとんど何も持ち出せなかったが、
 この猫だけはどうしてもおいて来れなかった。

 その家族が乗ったボートがギリシャのレスボス島に着いた時、
 猫はいなくなってしまった…
 
 家族は猫を探すのをあきらめ、次の難民キャンプへ移って行った。
 やがて猫は漁村で保護され、多くのボランティアがSNSを使って飼い主を捜した。

 そして2016年2月、ノルウェーに住んでいた飼い主の家族は、
 インターネット新聞とテレビのニュースでクンクーシュのことを知った。

 クンクーシュは優しい人々に出会い、
 5000キロも旅をし、ついに家族と再会したのだった。


世界中の人々が、一匹の猫と家族の為に協力したのですね。
SNSの力ってすごい!
インターネットがない頃でしたら、猫は家族と再会できなかったかもしれません。

その後、クンクーシュのぬいぐるみが製造・販売されるようになりました。
ぬいぐるみを作った難民は、売り上げの半分のお金を得ることができます。
ぬいぐるみには作った人のメッセージが付いていて、
買った人も難民を知るきっかけになります。

絵本の巻末には資料付きです。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2017.10.17 *Tue*

『わたしのそばできいていて』

以前「読書介助犬」について書かれた本を読みましたが、
こちらは読書介助犬が登場するお話です。



わたしのそばできいていて』リサ・パップ作 菊田まりこ・訳(WAVE出版)

←Amazonへ


 マディは字を読むのが大嫌い。
 一番嫌いなのは、国語の時間。
 みんなの前で本を読むと、つっかえてしまって、みんながくすくす笑うから。

 土曜日、ママはマディを図書館に連れだした。
 奥の部屋へ行くと、犬がたくさんいた。

 図書館員のテンプルさんが大きな白い犬の前にマディを連れて行った。
 犬の名前はボニー。
 「ボニーに本を読んであげてほしい。
 ボニーはお話を聞くのが大好きなの」とテンプルさんに言われて、
 マディは思わず「うん」と答えていた。

 言葉が上手く出てこなくても、ボニーは笑ったりしない。
 マディの目を静かに見つめているだけだった。
 マディは気持ちが楽になった。

 それから、マディは図書館でボニーに本を読んであげるようになった。
 「ゆっくりでいい。まちがえてもいい」とボニーは言っているようだった。

 そして、ついにクラスで本を読む日がやってきた…



大きくて白い犬のボニーはふわふわ。
ボニーにもたれて本を読んだら楽しそうですね!


「読書介助犬」については、講談社の青い鳥文庫の『読書介助犬オリビア』が詳しいです。



 特別に訓練された読書介助犬は、
 何らかの理由で読書が困難な子どもたちの為に始まりました。

 犬は子どもが上手に朗読できなくても、決して笑いません。
 批判もしません。
 子どもたちは読書介助犬に朗読することで、
 自信を持つことができるようになるそうです。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書館利用)

クラッシュ・ブレイズ(6) ソフィアの正餐会』茅田砂胡(中央公論新社)



潜入捜査のため他校に潜り込む金銀黒天使の三人。
やはり銀天使が一番好き♪


クラッシュ・ブレイズ(7)大峡谷のパピヨン』茅田砂胡(中央公論新社)



誘拐事件多めのシリーズ。
今回誘拐(?)されたのは戦闘機!

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

ティーンズ向けのノンフィクションです。「読書介助犬オリビア」今西乃子・作 浜田一男・写真 (青い鳥文庫 講談社 2009年9月発行)←Amazonへ ――ソルトレークシティ中央図書館では、 お気に入りの犬と一緒に本を読むことができる―― 1998年に一匹の犬・オリビアから始まった、 R.E.A.D(Reading Education Assistance Dogs=読書介助犬)プログラムについて 書かれたノンフィクションです。 子どもたちは、読書介助犬に...
「読書介助犬オリビア」

関連記事

2017.10.09 *Mon*

『この本をかくして』

この本をかくして』マーガレット・ワイルド文 フレヤ・ブラックウッド絵
 アーサー・ビナード訳(岩崎書店)

←Amazonへ


 敵の飛行機が落とした爆弾が町の図書館にあたった。
 町は燃え、図書館は爆発し、本は皆木っ端みじんになり空に舞い上がった。

 だが、ピーターのお父さんが図書館から借りていた一冊の本が残った。
 次の日、敵の軍隊がやってきた。

 ピーターとお父さんは鉄の箱に本を入れ、町を脱出した。
 人々は長い列を作り、何日も歩き続ける。

 お父さんはやせ細り、ある夜息が止まっていた。
 ピーターは鉄の箱だけを持ち、歩き続けた。

 だが、高い山を越えなければならなくなり、
 ピーターは鉄の箱を山の手前の村はずれのシナノキの下に埋めた。
 そして山を越え、ピーターは海を渡った。

 戦争が終わり、ピーターは再び鉄の箱を埋めたシナノキを訪れた。
 シナノキの枝にはブランコが掛けられ、女の子がブランコに乗って遊んでいた…



恐らく第二次世界大戦中、ユダヤ人の人たちが決死の覚悟で
ヨーロッパを脱出した時のお話ではないかと思います。
歴史が苦手な私の推測ですので、間違っていましたら本当に申し訳ありません。

本には解説がなく、出版社のホームページにも
元になった出来事があるのか否かの記述がありませんでした。

ピーターがたどった道は、『おさるのジョージ』の作者のレイ夫妻が
ドイツ軍のパリ侵攻前にパリを脱出し、ジョージの原稿を守りながら
スペインとの国境を越えてアメリカへ渡った時のいきさつと良く似ています。


ところで、ピーターが守り抜いた本は赤い表紙で、
昔の人たちの話が書いてあり、それは金銀・宝石より大事だと
お父さんから言われていました。
それはどんな本だったのでしょう?

「ぼくらがどこからきたか」が書かれている本とは…
もしかすると、「ハガダー」かな?と思いました。
これも私の拙い推理ですので、全然違うかもしれませんが。

※ハガダー(ハッガーダー)とは
 ユダヤ教徒が過越の祭りで用いる本。
 過越祭は、虐げられていたユダヤ人が、
 モーセに率いられてエジプトを脱出した歴史に由来する祭り。
 ハガダーには「出エジプト記」や祭りの式次第が記されている。

もう少し歴史的背景や本に関する解説が欲しかったですね。
日本人にはピンときにくい内容だと思いますので、
こちらの絵本を読んだお子さんから質問されても、
困ってしまう方が多いかもしれません。



*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ児童書(図書館利用)

池上彰のよくわかる世界の宗教 イスラム教』池上彰・著
 こどもくらぶ・編(丸善出版株式会社)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2017.03.11 *Sat*

「いじめと戦おう!」

いじめと戦おう!」玉間伸啓(小学館)

←Amazonへ


筆者の玉間伸啓さんは、
ホームページ「いじめと戦おう!~対策と克服法」の管理人さんです。
本書は、ホームページの内容を元に執筆されています。

 ・第1章:いじめられているあなたへ…いじめに負けない5つの方法・
  気持ちを切り替えるアドバイス・大人に相談しよう

 ・第2章:いじめと戦う!…どんないじめにも効く2つの方法・
  シカトされたら「シカトくずし」作戦・物いじめにあったら

 ・第3章:友達を助ける方法…ひとりでもできて、安全な助け方

 ・第4章:保護者の方へ


第2章で、「影の実力者を味方につける」という策が紹介されています。

 影の実力者とは…地味だけど、クラスの中で一目置かれている。
  周りに振り回されず、自分で考えて行動できる。
  一人でいても平気で周りの人を縛らない人。

つまり、自律している人のことだと思います。
一人一人が自律してれば、いじめも起こらないのでしょうね…


◇著者の方のホームページ
様々な事例があり、参考になります→「いじめと戦おう!

いじめと戦おう!


もちろん、本を読めば即いじめ解決とはならないでしょう。
でも、いじめの傾向と対策を知識として持っていることは強みとなると思います。


◇同じシリーズの本

いじめから脱出しよう! 自分をまもる方法12か月分」玉間伸啓(小学館)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

子ども向けの本です。「いじめから脱出しよう! 自分をまもる方法12か月分」玉間伸啓(小学館)←Amazonへ著者の方はネットでいじめ対策のホームページを運営していて、メールで子どもたちのいじめ相談に対応されています。本書は実際のいじめの事例を元に書かれています。「いじめ」には月ごとの傾向があり、年度初めから終わりまで、いじめから自分の身を守るための傾向と対策を知ることができます。いじめから自分を守る方法...
「いじめから脱出しよう! 自分をまもる方法12か月分」

関連記事

2017.02.28 *Tue*

「いじめから脱出しよう! 自分をまもる方法12か月分」

子ども向けの本です。


いじめから脱出しよう! 自分をまもる方法12か月分」玉間伸啓(小学館)

←Amazonへ


著者の方はネットでいじめ対策のホームページを運営していて、
メールで子どもたちのいじめ相談に対応されています。
本書は実際のいじめの事例を元に書かれています。

「いじめ」には月ごとの傾向があり、年度初めから終わりまで、
いじめから自分の身を守るための傾向と対策を知ることができます。

いじめから自分を守る方法、
いじめが始まる構造、
いじめっ子の心理、
いじめに加担しないための知恵等々。

自分がいじめのターゲットではないその多大勢のクラスメートとなった場合の振る舞い方も、
知っておくと力になると思いました。

著者の方のホームページには更に色々な事例があり、参考になります→「いじめと戦おう!

いじめと戦おう!


もちろん、本を読めば即いじめ解決とはならないでしょう。
でも、いじめの傾向と対策を知識として持っていることは強みとなると思います。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本

一気に同時読み 世界史までわかる日本史」島崎普(SBクリエイティブ株式会社)




ビブリア古書堂の事件手帖7 栞子さんと果てない舞台」水上延(メディアワークス文庫)



物語としては完結ですが、スピンオフの予定があるようです。
映画化やアニメ化の情報も。
色々楽しみです!

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2017.02.01 *Wed*

購入した絵本(2月)

備忘録です。


◇購入した絵本

さばくのジン」新藤悦子・文 荒木郁代・絵
 (こどものとも 2017年3月号 福音館書店)

へんてこなおきゃくさん」浜田桂子
 (こどものとも年中向き 2017年2月号 福音館書店)



◇読んだ絵本&児童書(お正月休み)

ひゃくおくまんのサンタクロース」もたいひろこ・文 マリカ・マイヤラ・絵(アノニマ・スタジオ)



大人が読むと、妙に納得してしまうかも。
でも、サンタクロースを信じている小さな子どもさんには向かないかな…


なつのゆきだるま(岩波の子どもの本)」ジーン・ジオン文
 マーガレット・ブロイ・グレアム絵 ふしみみさを・翻訳(岩波書店)



すてきブログ様で教えて頂いた絵本です。
本当にあったようなお話です。


オバケちゃんとむわむわむう」松谷みよ子・作 いとうひろし・絵(講談社)



児童書です。


池上彰のよくわかる世界の宗教 キリスト教
 池上彰・著 こどもへんしゅうぶ・編(丸善出版)



子供向けに書かれたキリスト教の歴史解説。
大人にも分かりやすいですね。
関連記事

2016.11.13 *Sun*

「読書介助犬オリビア」

ティーンズ向けのノンフィクションです。


読書介助犬オリビア」今西乃子・作 浜田一男・写真
 (青い鳥文庫 講談社 2009年9月発行)

←Amazonへ


 ――ソルトレークシティ中央図書館では、
 お気に入りの犬と一緒に本を読むことができる――


 1998年に一匹の犬・オリビアから始まった、
 R.E.A.D(Reading Education Assistance Dogs=読書介助犬)プログラムについて
 書かれたノンフィクションです。

 子どもたちは、読書介助犬に本を読み聞かせ、
 犬は、本を読む子どもたちに寄り添います。
 何らかの理由で読書が困難な子どもたちの為に始まりました。

 犬は子どもが上手に朗読できなくても、決して笑いません。
 批判もしません。
 子どもたちは読書介助犬に朗読することで、
 自信を持つことができるようになるそうです。


「読書介助犬」という言葉を初めて知りました。
2009年現在、北米49州、カナダ3州で約2200のボランティア団体が活動しているそうです。
日本でも広がっていくかもしれませんね。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事
tag :   社会  実話  学習  子育て

2016.05.05 *Thu*

「せいそうせんのくりんまる」

2012年発行のこどものともです。

せいそうせんのくりんまる」鎌田歩・作
 (こどものとも2012年5月号 福音館書店)

せいそうせんのくりんまるせいそうせんのくりんまる絵本ナビ


 港に変わった形の船がいる。
 清掃船のくりんまるだ。
 くりんまるは毎日ごみを集めて港をきれいにしている。

 でも、くりんまるは遅いし、モーターの音はうるさいので、
 他の船たちから邪魔者扱いされていた。
 そんな時、嵐と共にたくさんのゴミが漂着し…


先月購入したこどものとも「ふねをまつ」のリーフレットに、
清掃船の絵本があるという記事を読み、「清掃船」に興味を持ちました。

絵本を読んで、実際に働いている清掃船をぜひ見てみたい!と思いました。
でも、港に行っても都合良くは会えないですよね…
ところが、ネットで画像や関連記事、更に動画まで見ることができました。
清掃船って、格好良い!


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ絵本

やぎのブッキラボー3きょうだい」ポール・ガルドン著 青山南(小峰書店)




すてきブログ様でご紹介されていた絵本です。
おはなし会で読んでみたいです♪

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪


※追記 購入しました♪(2016年5月)
書店に在庫がありました。
駄目元で行ってみましたが、購入出来てうれしいです!

今月(2016年4月)発売のちいさなかがくのともです。「ふねをまつ」笠野祐一・作 (ちいさなかがくのとも2016年5月号 福音館書店) 僕はお母さんと一緒に自転車に乗り、防波堤の灯台まで行く。 色々な船がやってくる。 人や車を乗せたフェリーボート、 荷物を載せた貨物船、 小さいけど速いモーターボート… やがて、お父さんの白い船がきた!お父さんの船は漁船でした。この後、僕とお母さんは港でお父さんの手伝いをしま...
「ふねをまつ」

関連記事

2016.04.08 *Fri*

「ハヤブサの都市」

子供向けの科学読み物です。写真も満載です。

「森の新聞2 ハヤブサの都市」宮崎学(フレーベル館)

←Amazonへ


 ハヤブサなどの野生の鳥が、都市で見られるようになってきた。
 カナダのカルガリーやニューヨークなどの大都会で、
 ハヤブサが繁殖しているのだ。
 
 ハヤブサは海沿いの切り立った崖などに生息する。
 都会の高層ビルは海岸の崖地にそっくりで、エサとなるドバトもいる。
 ビルのテラスを岩棚と見て、巣を作っているのだ。


本書では、ハヤブサの家族の記録や、保護活動の様子、
高層ビルでハヤブサの巣箱を設置するヒントなどが
書かれていて、興味深いです。

「ハヤブサの都市」は1996年の初版です。
日本でも各地の都市でハヤブサの姿が見られるそうです。
調べてみたところ、何と!
私が住んでいる市のビルでも、ハヤブサが生息していることが分かりました。
何だか、嬉しいですね~♪


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇コミックス

進撃の巨人 19巻 限定版」諌山創(講談社コミックス)




ネットで注文したら、到着は明日とのこと。
早く読みたいな~ 

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2016.04.04 *Mon*

「ハヤブサの四季」

子供向けの科学図鑑です。


「科学のアルバム ハヤブサの四季」伊藤正清・写真 松田忠徳・文(あかね書房)

←Amazonへ


先日、写真集「ハヤブサ」を見て、
やはりハヤブサって格好良いな~!と思いました。

という訳で、子供向けのハヤブサの図鑑です。
獲物を襲うハヤブサ、食事の様子、子育ての様子などが、
写真と図で解説されています。
巻末には、ワシやタカの仲間について、より詳しい説明があります。


また、世界中でハヤブサの数が以下のような理由で激減しているそうです。

・自然破壊による環境の悪化。
・農薬による汚染(食物連鎖の頂点にいる為、
 汚染の影響を受けやすい。卵が壊れやすくなる)
・釣り船を警戒し、子育て中の巣を放棄してしまう。
・ハヤブサが生息する崖がロッククライミングの訓練場として使われ、巣を放棄。

釣り船やロッククライミングがハヤブサの生息に影響を与えることがあるとは、驚きでした。
自然のバランスは難しいですね…

※「ハヤブサの四季」は1986年初版、2005年4月新装版発行です。

◇ハヤブサの写真集

ハヤブサ」吉野俊幸・写真/文(文一総合出版)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

絵本ではなく、一般向けの写真本です。「ハヤブサ」吉野俊幸・写真/文(文一総合出版) ハヤブサとは…カラスよりやや小さい猛禽類。  主なエサは小鳥。エサの少ない冬場には、  サギ類・カモメ類・小型哺乳類も捕食する。  最大飛翔速度は300Kmと言われる。三年間にわたり、ハヤブサの生態を記録した写真集です。捕食の一瞬を捉えた写真、雌雄の求愛の様子、ヒナの誕生から巣立ちまで――迫力のある写真が満載です。親鳥の後...
「ハヤブサ」

関連記事

12
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

月と星と妖精ダスト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在144冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

Twitter

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)