FC2ブログ
2019.05.12 *Sun*

『なまえのないねこ』

なまえのないねこ』竹下文子・文 町田尚子・絵(小峰書店)

←Amazonへ


 路地の隅にうずくまる一匹の猫。
 名前のない猫だった。

 町の猫には、みんな名前がある。
 靴屋さんの猫は「レオ」。ライオンという意味だ。
 本屋さんの猫の「げんた」は店の人気者…

 名前のない猫は、名前を探して町を歩く。
 でも、「のらねこ」「きたないねこ」「へんなねこ」と追い払われる。
 そんなのは名前じゃない!

 なかなか止まない雨。
 猫はベンチの下でうずくまる。
 心の中も雨の音で一杯だった。

 その時、一人の少女がベンチの下を覗き込んで言った。
 「きれいなメロン色の目をしているね」と。

 猫は気が付いた。
 欲しかったのは名前じゃない。
 名前を呼んでくれる人なんだ!


表紙の緑の瞳の猫のイラストに惹かれて手に取りました。
町の猫たちの表情も楽しい。
心が温かくなる絵本です。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事
tag : 

2019.05.01 *Wed*

購入した絵本(5月)

備忘録です。


にゃーご』宮西達也(鈴木出版)




ひゅるりとかぜがふくおかで』accototo (幻冬舎)




おはなだーれ?』よねづゆうすけ(講談社)





ちいさなかくれんぼ』松永悠一郎
 (こどものとも0.1.2. 2019年6月号 福音館書店)


あめあがりのしゃぼんだま』吉田留美
 (ちいさなかがくのとも 2019年6月号 福音館書店)


◇購入したムーミン・コミックス

ムーミン・コミックス(14) ひとりぼっちのムーミン
 トーベ・ヤンソン+ラッセル・ヤンソン 冨原眞弓・訳(筑摩書房)

関連記事

2019.03.01 *Fri*

購入した絵本(3月)

備忘録です。


ねこです。』北村裕花(講談社)




どんどんばしわたれ』こばやしえみこ・アン ましませつこ・絵(こぐま社)

関連記事

2019.02.25 *Mon*

『ねこです。』

ねこです。』北村裕花(講談社)

←Amazonへ


 画面いっぱいに描かれた猫が、
 どーんと、「猫です。」と主張します。

 時には、「猫ですか?」の問い掛けもあります。
 もちろん、「猫です。」

 が、油断は禁物。
 猫ではないものもまぎれていたりします。
 そう、「大体猫なんです。」ね。

 最後は、猫たちの魅力的なポーズ集と猫大集合です。


迫力のある大胆なイラストで、
猫好きにはたまりません。

私は『うえきばちです』や『いちごです』などの
「です系(?)絵本」が好きなので、
こちらの絵本もおはなし会で読んでみたいと思いました。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


体調不良のため、昨日のおはなし会を欠席してしまいました。
う~ん、残念!
やはり健康あってこそですね。
もっと気を付けなければ…


◇読んだ児童書

魔法使いマーリンの犬
 エリック・カーン・ゲイル著 大山泉・訳(評論社)



こちらは犬が主役。魔法が使えるわんこです。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事
tag : 

2018.12.30 *Sun*

猫絵本(備忘録)

最近読んだ絵本です。備忘録です。



サイモンは、ねこである。』ガリア・バーンスタイン作 なかがわちひろ・訳(あすなろ書房)

←Amazonへ

 猫と、猛獣のライオンや虎は仲間なのでしょうか?
 全然似ていない? 似ている?
 そんな子猫の問い掛けに答えます。


私はネコ以外のネコ科の動物では、ヒョウが好きです。
黒ヒョウとか、ユキヒョウとか、格好良いですよね!


ふゆねこさんハワード=ノッツ作/絵 まつおかきょうこ・訳(偕成社)』




 初めての冬を迎えた灰色の猫。
 寒い野原に猫は一人ぼっちです。
 子どもたちが声を掛けますが…
 クリスマスのお話です。(白黒のイラストです)



花びら姫とねこ魔女』朽木祥・作 こみねゆら・絵(小学館)


 

私はネコが嫌いだ。』よこただいすけ・作/絵(新風舎)



 お父さんと黒猫の物語。
 泣いてしまう…


i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2018.12.01 *Sat*

購入した絵本(12月)

備忘録です。


わたしのものよ』マルー絵/文(WAVE出版)




おなかのなかで』島野雫(教育画劇)




ねーずみねーずみ どーこいきゃ?』こがようこ・構成/文 降矢なな・絵(童心社)




たべものだーれ?』よねづゆうすけ(講談社)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2018.11.29 *Thu*

『ねえ だっこして』

切ない気持ちになる絵本です。


ねえ だっこして』竹下文子・文 田中清代・絵(金の星社)

←Amazonへ


 お母さんのお膝にいる赤ちゃんを見つめる猫。
 朝も昼も夜もお母さんのそばには赤ちゃんがいる。
 「待ってね」「あとでね」とお母さんは言う。

 私(猫)はそこがどんなにすてきな場所だか知っている。
 私は待っているから…
 「おかあさん 少しで良いから抱っこして」……


猫の姿を借りていますが、第二子を迎えたおうちの
お兄ちゃんお姉ちゃんの気持ちを描いた絵本なのでしょう。
親御さん向けの絵本だなあと思いました。

表紙の、お母さんと赤ちゃんの微笑ましい様子に対して、
猫ちゃんの暗い瞳が切ないです。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書室利用)

コーヒーはぼくの杖』岩野響/開人/久美子・著(三才ブックス)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事
tag :   親子

2018.11.16 *Fri*

『ぼくのちいさなともだち』

ぼくのちいさなともだち』アンドレ・ダーハン作 きたやまようこ・文(講談社)

←Amazonへ


 猫は小さな魚が大好き。
 魚はガラスの鉢の中に住んでいる。
 猫は魚を大切にしていた。

 でも、小さな魚はどんどん大きくなり、
 猫は魚を海に放してやった。

 やがて再会の日、
 魚は猫よりもずっと大きくなっていた…


猫と魚はずっと仲良く幸せに暮らしました。
大好きな人がいる場所は、ステキな場所ですね。

私は猫も魚も大好き。
表紙の、仲良しの猫ちゃんと魚ちゃんが可愛い!

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事
tag :     友達

2018.10.30 *Tue*

『難民になったねこ クンクーシュ』

実話を元に描かれた絵本です。


難民になったねこ クンクーシュ
 マイン・ヴェンチューラ文 ベディ・グオ絵 中井はるの・訳(かもがわ出版)

←Amazonへ


 2015年10月、ある家族が人で一杯のボートに乗っていた。
 母親と五人の子どもたちで、
 イラクの都市モスルから逃げてきたのだ。

 イスラム過激派がイラクの兵士と戦っていたため、
 爆撃や銃弾が飛び交っていたからだ。

 母親は二歳の猫クンクーシュを籠に入れていた。
 家からほとんど何も持ち出せなかったが、
 この猫だけはどうしてもおいて来れなかった。

 その家族が乗ったボートがギリシャのレスボス島に着いた時、
 猫はいなくなってしまった…
 
 家族は猫を探すのをあきらめ、次の難民キャンプへ移って行った。
 やがて猫は漁村で保護され、多くのボランティアがSNSを使って飼い主を捜した。

 そして2016年2月、ノルウェーに住んでいた飼い主の家族は、
 インターネット新聞とテレビのニュースでクンクーシュのことを知った。

 クンクーシュは優しい人々に出会い、
 5000キロも旅をし、ついに家族と再会したのだった。


世界中の人々が、一匹の猫と家族の為に協力したのですね。
SNSの力ってすごい!
インターネットがない頃でしたら、猫は家族と再会できなかったかもしれません。

その後、クンクーシュのぬいぐるみが製造・販売されるようになりました。
ぬいぐるみを作った難民は、売り上げの半分のお金を得ることができます。
ぬいぐるみには作った人のメッセージが付いていて、
買った人も難民を知るきっかけになります。

絵本の巻末には資料付きです。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2018.10.13 *Sat*

『わたしのものよ』

表紙の白猫ちゃんの可愛いこと!


わたしのものよ』マルー絵/文(WAVE出版)

←Amazonへ


 犬のゴマと猫のサカナは、リリさんの家に住んでいる。
 ゴマとサカナはリリさんと一日過ごす。

 朝起きて、ご飯を食べて、二匹で枕の取り合いっこ。
 サカナは、「リリさんの匂いがする枕は私のもの!」と。

 たんすは私(サカナ)の秘密基地。
 リリさんは私(サカナ)を見るのがお仕事。
 ベランダも買い物かごも、私(サカナ)のもの…


心地良いものは全て自分のものと主張する猫のサカナが可愛い。
う~ん、猫ってそういうところがあるかも。

ラスト、サカナが「私は誰のもの?」と考えます。
その答えがすてきです。―――私はこの世界のものよ―――

サカナも可愛いですが、
タンポポの野原、アーモンドの木、星空、夢の中の花の森…等々、
美しく印象的なイラストです。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


表紙の猫が可愛過ぎる絵本は、こちらも。
(タイトルからブログ記事へリンクしています)

チャーちゃん保坂和志・作 小沢さかえ・絵(福音館書店)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪


◇購入しました♪(2018年12月)
関連記事
tag : 

06
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

月と星と妖精ダスト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在144冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

Twitter

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)