FC2ブログ
2018.07.03 *Tue*

『笑いの止まらないお姫さま』~今年もパネルシアター制作

今年も夏休みのおはなし会向けにパネルシアターの制作をしています。
人形は出来上がりましたので、後はひたすら練習あるのみ!


いつでも楽しい パネルシアター』阿部恵(株式会社メイト)

←Amazonへ


こちらの本の中から、『笑いの止まらないお姫さま』を上演予定です。


ーー『笑いの止まらないお姫さま』ーー

 ある国に、一日中笑いの止まらないお姫さまがいました。
 王様はこんなお触れを出しました。
 「姫の笑いを止めてくれた者に褒美をやろう」と。

 大勢の人がやってきて、色々試しましたが、
 誰もお姫さまの笑いを止められませんでした。

 最後に残ったのは一人の若者。
 若者は黙ってお姫さまの出ると、突然大きな声で笑い出しました…

ラストはもちろんハッピーエンド。
可愛いお話です。

まだ実践練習は始めていないのですが、
多分人形操作もそんなに難しくない筈…と信じています(*^_^*)


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇ちょこっとお知らせ

Twitter始めました。
サイト&ブログの更新のお知らせ用ですが、時々ぼやいたりしています。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事
tag : 昔話風
category : 雑談 | 雑記 | 本・雑誌

2018.04.01 *Sun*

購入した絵本(4月)

備忘録です。


いちごです』川端誠(文化出版局)




にこにこばあ』新井洋行(えほんの杜)




おもちのかみさま』かとうまふみ(佼成出版社)




いただきますのおつきさま』鈴木真美(講談社)




なんのくるまにのるのかな?』小和瀬護安・作
 (こどものとも年少版 2018年5月号 福音館書店)

リュックしょってピクニック』こさかまさみ・作 こやまともこ・絵
 (こどものとも年中版 2018年5月号 福音館書店)
関連記事

2018.01.30 *Tue*

『おもちのかみさま』

おもちのかみさま』かとうまふみ(佼成出版社)

←Amazonへ


 昔々、ものすごく硬いお餅があった。
 お百姓の母と娘が七輪で焼いてもふくらまない。
 お餅は捨てられた。
 そしてお餅は旅に出た。

 旅の途中、たき火で焼かれても、立派なかまで焼かれても、
 やはりお餅はふくらまなかった。

 そこで、お餅はもっと硬くなるために山にこもり、
 修行にはげんだ。

 そこへ神様が現れ、お餅を「お餅の神さまにしてやろう」と言った。
 最後の試練を乗り越え、お餅は「お餅の神さま」になることができるだろうか…?

 
あっと驚くラストが待っています。
最後の神さまのお言葉は、ごもっとも。

小学校で読んでみたいな~と思いました。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書館利用)

盤上の向日葵』柚木裕子(中央公論社)




ラブリー壁面 12か月』(ナツメ社)



アイデアいっぱい! 壁面&室内飾り』寺西恵里子(成美堂出版)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

◇追記 『おもちのかみさま』購入しました♪(2018年4月)
関連記事
tag : 食べ物  昔話風

2017.04.25 *Tue*

『されどオオカミ』

されどオオカミ』きむらゆういち・作/絵(あるまじろ書房株式会社)

←Amazonへ


 ここはモンゴルの大草原。
 羊やニワトリなどの家畜がオオカミの群れに襲われ、村人たちは困っていた。
 バートルは、オオカミを憎んで育ったたくましい若者だ。

 バートルはオオカミの群れを追い掛けて観察する内に、
 オオカミがただ家畜を殺すだけの存在ではないと気が付き始める。
 オオカミの群れのリーダーのタオは、強く賢く、仲間を大切にしている。
 バートルは、タオに対して、心の友のような気持ちを抱くようになった。

 だが、ある日、村人たちがバートルにオオカミを退治するリーダーとなってくれ
 と頼みに来た。
 バートルは引き受けるしかなかった。

 バートルとタオ、正々堂々一対一の戦いが始まった…

 やがて、オオカミが去った草原に残されたのは、増えすぎた羊。
 羊は草を食べ尽くし、食べる物を失って数を減らす。
 荒れ果てた草原を見渡して、人間はやっと自分たちの愚かしさを知ったのだった。



「モンゴル絵本プロジェクト」の一冊です。

 モンゴル絵本プロジェクトとは…
  

 『モンゴルの素晴らしさを日本の子どもたちに伝えたい。
   モンゴルの子どもたちには、日本の絵本のすばらしさを伝えたい。』

  
  そんな思いで2012年に始まった企画です。
  詳しくは検索して公式ホームページで。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2015.05.05 *Tue*

「めんどりペニー」

昔話風の物語です。

めんどりペニー」ポール・ガルドン作/絵 谷川俊太郎・訳(童話館出版)

めんどりペニーめんどりペニー
作・絵:ポール・ガルドン / 訳:谷川 俊太郎出版社:童話館出版絵本ナビ


 ある日、めんどりペニーが落葉をひっかいていると、
 どんぐりが落ちて来て頭に当たりました。

 「まあ大変! 空が落っこってくる!!」
 ペニーは空が落ちてくることを王さまに知らせるため、お城へ向かいます。
 途中で出会った、おんどりのロッキー、かものラッキー、がちょうのルーシー、
 しちめんちょうのラーキーもペニーと共にお城へ急ぎます。

 そして最後に出会ったのはきつねのロキシー。
 ロキシーはお城への近道を教えてくれますが…


あっと驚くブラックな結末で、思わずにやりとしてしまいます。
軽妙な文章で、動物たちの仕草や様子がとても生き生きと描かれています。

私は特に、近道に誘う時のロキシーの笑顔や、
ラストの幸せそうなロキシー一家のイラストが好きです。


が、おはなし会で読む場合、
何歳ぐらいに向いているかと考えると、迷ってしまう絵本です。
繰り返しのリズムと言葉の面白さは低学年向きですが、
ブラックなラストは高学年向きかもしれません。

先日購入したこどものともの「そらがおちてくるんです」ととても似ている展開です。
でも、ラストが正反対なのが面白いです。

「そらがおちてくるんです」はスリランカの昔話。
「めんどりペニー」も昔話風ですので調べてみましたが、
特にどこの国の昔話であるという資料は見つかりませんでした。 

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

今月(2015年5月)発売のこどものとも年中向きは、スリランカの昔話絵本です。「そらがおちてくるんです」スリランカの昔話より プンニャ・クマーリ再話/絵(こどものとも年中向き 2015年6月号 福音館書店) ある日、うさぎがヤシの木の下で「空は広いなあ。 もし、この空が落ちてきたら、どうなっちゃうのかなあ」と色々考えていると、 「どさっ!」と何かが落ちる音がした。 「大変だ、空が落ちてくる!」とうさぎは慌て...
「そらがおちてくるんです」

関連記事
tag : 昔話風  キツネ

2014.09.03 *Wed*

「かにのしょうばい」

新美南吉さんの童話絵本です。

かにのしょうばい」新美南吉・作 山口マオ・絵(すずき出版)

かにのしょうばい (ひまわりえほんシリーズ)かにのしょうばい (ひまわりえほんシリーズ)
(2012/03)
新美 南吉

商品詳細を見る


 カニが床屋を始めた。
 海でタコに会うが、タコは髪がない。

 そこで、カニは山のタヌキに声を掛けた。
 タヌキは自分の毛をかった後に、お父さんの毛もかってくれと言う。

 タヌキに、「お父さんはあの山ぐらい大きい」と言われたカニは、
 とても一人では無理だと考え、
 自分の子も孫も、全て床屋にしたのだった。



「カニにハサミがあるのはなぜ?」の由来話風。
優しくて温かい語り口です。
おはなし会で読みたいけど、
この雰囲気を出すのは、私には難しいかな…?
いつか挑戦したいです。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


今日は、映画「るろうに剣心 京都大火編」を見てきました。
剣心役の佐藤健さん、格好良いですね(*^_^*)
「伝説の最後編」も楽しみです♪

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2014.09.02 *Tue*

購入した絵本(9月)

備忘録です。


あめふりうります」平田昌広・文 野村たかあき・絵(講談社)

あめふりうります (講談社の創作絵本)あめふりうります (講談社の創作絵本)
(2014/05/15)
平田 昌広

商品詳細を見る


めくってごらん」accototo ふくだとしお+あきこ/作・絵(イースト・プレス)

めくってごらん―ことばのかくれんぼ (こどもプレス)めくってごらん―ことばのかくれんぼ (こどもプレス)
(2010/04/01)
accototo

商品詳細を見る


まどからおくりもの」五味太郎(偕成社)

まどから おくりもの (五味太郎・しかけ絵本(3))まどから おくりもの (五味太郎・しかけ絵本(3))
(1983/11)
五味太郎

商品詳細を見る


ビロードうさぎ」マージェリィ・ウィリアムズ文
 ウィリアム・ニコルソン絵 石井桃子・訳(童話館出版)

ビロードうさぎビロードうさぎ
(2002/03)
マージェリィ ウィリアムズ

商品詳細を見る



ぱんぱんあーん」すとうあさえ・文  堀川理万子・絵
 (こどものとも0.1.2 2014年10月号 福音館書店)

紙芝居 「おにぎりなっぱ」野村たかあき(童心社)

おにぎりなっぱ (ともだちだいすき)おにぎりなっぱ (ともだちだいすき)
(2012/12)
野村 たかあき

商品詳細を見る


全国訪問おはなし隊絵本の読み聞かせガイドブック」山本省三(講談社)

全国訪問おはなし隊 絵本の読み聞かせガイドブック DVD付き全国訪問おはなし隊 絵本の読み聞かせガイドブック DVD付き
(2014/06/12)
講談社

商品詳細を見る



きゃあ~!
今月は予算オーバーだ~
来月は引き締めねば……p(´⌒`q)
関連記事

2014.05.07 *Wed*

「まげすけさんとしゃべるどうぐ」

「こどものとも」の今月号です。

まげすけさんとしゃべるどうぐ」太田大輔
 (こどものとも2014年6月号 福音館書店)

 昔、髪結いの「まげすけ」さんという人がいました。
 まげすけさんは、いつも家の道具に話しかけていました。
 「障子さん、いつも開けたり閉めたりごめんよ」
 「行燈さん、今火を入れますよ」とね。

 ある日、「お前たちも口がきけたら良いのにね」と言うと、
 しゃもじがピクリと動いて…

 この後、まげすけさんの喋る道具たちは町中の評判となり、
 見世物小屋の「わるべえ」に狙われることになります。
 まげすけさんと仲間たちの運命やいかに!?


道具たちがとてもチャーミング!
名前も可愛いです。
「かまきち」「おわんこ」「てつびんた」「おけぞう」…
細かく描き込まれた江戸の町の風景も面白いです。

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方ありがとうございます! 励みになります♪

関連記事
tag : 昔話風  お化け

2014.05.01 *Thu*

「ばけねこになりたい」

ばけねこになりたい」せなけいこ(童心社)

ばけねこになりたい (せなけいこ・おばけえほん)ばけねこになりたい (せなけいこ・おばけえほん)
(2001/07)
せな けいこ

商品詳細を見る


 昔、小さな猫がいた。
 小さな猫はみんなに馬鹿にされ、いじめられていた。

 ある時化け猫の話を聞き、「化け猫になりたい!」と思った。
 そして化け猫の親分に会うため、墓場へ行った。

 墓場には化け猫はおらず、
 足をなくした幽霊が泣いているのだった…


幽霊の意外な秘密が判明!
幽霊はこの世に来るとき、冥途の入り口に足を置いてくるそうです。
この幽霊は、うっかり足を付けたままこの世に来てしまったので、
足をその辺の木の下に立てかけておいたのですね。
で、その足を盗まれて泣いていた……という訳です。

幽霊の留守は 冥途に足ばかり
(お話の元になった江戸時代の川柳)



さて、小さな猫は名探偵よろしく、幽霊の足事件を見事に解決!
お礼に化け猫の親分から化け猫になる方法を教えてもらい、
修行に励むことになりました。

化け猫になるには、厳しい訓練が必要です。

・踊りの稽古
・行燈の油を舐める
・怖い顔の練習

修行のメニューはまだまだありますが、
表紙を見ると、踊りはバッチリのようですね。
頑張れ、小さな猫ちゃん!


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


最近、神奈川県の民話を調べていたのですが、
「猫の踊り場」という面白いお話を見つけました。
(私は神奈川出身です☆)

戸塚宿の醤油屋で、夜になると手拭が1本ずつなくなることがあった。
ある夜に醤油屋の主人が仕事に出かけると、
人のいないはずの寂しい場所から賑やかな音楽が聞こえた。
見ると、そこには何匹ものネコたちが集まり、
その中心では主人の飼いネコが手拭をかぶって踊っていた。

wikipedia「化け猫」より



猫さんは踊りが上手なのですね!
面白い民話なので、絵本か紙芝居になったら嬉しいな~♪(←他力本願…)

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事
tag :   お化け  昔話風

2014.04.18 *Fri*

「だいふくもち」

ちょっぴり怖~い、昔話風のお話です。

だいふくもち」田島征三(福音館書店)

だいふくもち (こどものとも傑作集)だいふくもち (こどものとも傑作集)
(1977/04/01)
田島 征三

商品詳細を見る


 昔、『ごさく』という、怠け者がいた。
 ある冬の夜、床の下から「腹が減った」と声がした。

 声の主は「大福餅」!
 ごさくは大福餅に言われるまま、小豆を食べさせる。
 すると、大福は『こんまい餅』を次々と生んだ。

 こんまい餅は、とても美味しかった。
 ごさくはこんまい餅を売って、大金持ちになる。

 ごさくはもっとたくさん餅を作ろうと、
 大福餅に無理矢理小豆を食べさせた。だが…


欲をかき過ぎると、手痛いしっぺ返しが待っているのは昔話の常。
途中コミカルな場面はありますが、結末はかなり怖いです…

土佐の方言で書かれています。

i_ball02.jpg拍手&ランキングを押して下さる方ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

09
2
4
5
7
9
11
12
13
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

月と星と妖精ダスト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在144冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

Twitter

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)