FC2ブログ
2018.09.29 *Sat*

『おすわり どうぞ』

おすわり どうぞ』しもかわらゆみ(講談社)

←Amazonへ

 ねずみさんの椅子は、小さな丸いキノコの椅子。
 ぴったり!

 リスさんの椅子は、のっぽのキノコの椅子。
 うさぎさんの椅子は、お花いっぱいの椅子…


色々な動物がやってきて、ぴったりの椅子に座ります。
カエル・ハリネズミ・キツネ・シカ・いのしし・小鳥たち…
みんなで集まって、何をするのでしょうか?

とても繊細で美しいイラストです。
赤ちゃんから楽しめる絵本ですが、
大人の方にも楽しんで頂けると思います。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2018.09.25 *Tue*

『ユーゴ修道士と本を愛しすぎたクマ』

修道会が舞台の絵本です。


ユーゴ修道士と本を愛しすぎたクマ』ケイティ・ビービ文
 S.D.シンドラー絵 千葉茂樹・訳(光村教育図書)




 ユーゴ修道士は、聖アウグスティヌスの言葉が書かれた本を借りに、
 グランド・シャルトルーズ修道院へ向かった。
 四旬節の償いに、写本するためだ。
 
 熊に追われながらも、アヴェ・マリアの祈りを唱え、
 ユーゴ修道士は無事に本を借りて修道院に帰りついた。

 「どうやって、たった一人で写本を?」と
 ユーゴ修道士が途方に暮れていると、
 みんなが手伝ってくれた。

 羊の皮で羊皮紙を作ってくれる者、
 羊皮紙に罫線をひいてくれる者、
 がちょうの羽やインクをくれる者…

 写本は無事に出来上がり、
 ユーゴは再びグランド・シャトルーズ修道院へ、本を返すために向かう。
 が、クマが後を追い掛けてくるのだった…


中世の実話が元になっているそうです。
本がクマに食べられてしまうことって、本当にあるのでしょうか?
羊皮紙で出来ていますから、狙われたのでしょうか?
オオカミにも狙われそうですね。

こちらの絵本では、修道院の雰囲気や、
写本の作り方が詳しく描かれていて、とても興味深いです。

また、美しいイラストで、
中世の写本を見ているような気持ちになります。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ絵本(図書館利用)

6つの色』とだこうしろう(戸田デザイン研究室)




実物大!世界のどうぶつ絵本』ソフィー・ヘン作 藤田千枝・訳(あすなろ書房)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪


◇追記(2018/9/29)

サイトの「歴史修道会ミステリ」のページに、
もう少し詳しい記事をアップしました。
ご興味のある方、こちらへ→『ユーゴ修道士と本を愛しすぎたクマ
関連記事

2018.09.01 *Sat*

購入した絵本(9月)

備忘録です。


ユーゴ修道士と本を愛しすぎたクマ』ケイティ・ビービ/文 S.D.シンドラー/絵
 千葉茂樹/訳(光村教育図書)

関連記事

2018.08.24 *Fri*

『ゆきがふる』

大人の方にもおススメの美しい絵本です。


ゆきがふる』八飼耳・文 牧野千穂・絵(ブロンズ新社)

←Amazonへ


 一面の雪景色。
 赤いマフラーを巻いたうさぎの子が、緑のそりを引いている。
 
 真っ白な高い木々の群れ。
 大きな「ふわふわころり」がいる。
 
 ふわふわころりと一緒に雪のお菓子を食べる。
 お菓子は、きゅうっと甘い。

 灰色の雲を連れた「ゆきぐも」がやってきた。
 ふわふわころりはゆきぐもにもお菓子を上げた。

 ゆきぐもの降らせる雪は本当に美しい。
 うさぎの子は、自分の家に来て雪を降らせてくれないかと頼んだ。
 熱を出して寝ている妹にも見せてやりたいと思ったから。

 ゆきぐもは、「一番大事なおもちゃをくれるなら」と言った…



美しい雪と美しい雪を描いた、美しく切ない絵本です。

個人的には、おはなし会では使えないな~と思いました。
読んだら、絶対泣いてしまうから…!

同じ作家さんコンビの絵本で、こちらも美しい物語の『うきわねこ』。



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2018.08.01 *Wed*

購入した絵本(8月)

備忘録です。


おしりじまん』齋藤槙
 (ちいさなかがくのとも2018年9月号) 福音館書店)

ノホディとかいぶつ(イランの昔話)』愛甲恵子・再話 ナルゲス・モハンディ絵
 (こどものとも2018年9月号 福音館書店)

すてきなタータンチェック』奥田実紀・文 穂積和夫・絵
 (たくさんのふしぎ2018年9月号 福音館書店)
関連記事

2018.07.02 *Mon*

『海のぷかぷか~ただよう海の生きもの』

広い海にぷかぷか漂って暮らす生き物を紹介する、
写真絵本です。


海のぷかぷか』高久至・写真 寒竹孝子・文(アリス館)

←Amazonへ


漂う海の生きものと言えば、まずクラゲが思い浮かびます。
コノハゾウクラゲ・ニチリンクラゲ…

キビナゴの群れも青くキラキラ光りながらぷかぷかしています。
タコやイカ、クリオネ。

海の青色がとてもきれい。
眺めているだけで涼しくなれるような気がします。
夏におススメの写真絵本です。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2018.06.28 *Thu*

紙芝居『お茶にしましょ』

いわゆる老人ケア向けの紙芝居です。


お茶にしましょ』遠山昭雄・監修 菅野博子・脚本/絵(雲母書房)

←Amazonへ


 「まあまあ お寒い中
 よくおいでなさいました。
 さ、お茶にしましょ。」の言葉で始まる紙芝居。

 順に出てくる品物がしりとりになっています。

  お茶→ちゃぶ台→大福もち→……
 
 一般的なしりとりとはちょっと変わって変わっていますね。
 中盤からは、美味しいお茶の時間になります。



老人向けの紙芝居ですが、
「子供向けのおはなし会でも使えるのでは?」
と教えて頂きました。

冬の話なので、チャンスがあったらトライしてみたいです。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ絵本(図書館利用)

もりのとしょかん』ふくざわゆみこ(学研プラス)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2018.06.27 *Wed*

紙芝居『夏のおもてなし』

いわゆる老人ケア向けの紙芝居です。


夏のおもてなし』遠山昭雄・監修 菅野博子・脚本/絵(雲母書房)

←Amazonへ


 夏休み、田舎の祖父母の家に孫の太郎と花子がやってきました。

  麦茶
  ところてん
  枝豆・お漬物
  鮎の塩焼き
  ソーメン
  スイカ・ラムネ

 みんなで美味しく頂きます。



夏の美味しいものが色々登場します。
老人向けとのことですが、工夫をすれば、
子供向けのおはなし会でも使えそう。

ところてんの場面では、黒蜜か酢醤油か、どちらが好きか聞かれます。
ここは盛り上がりそうですね。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本

月のしるし』エリン・ハンター著 高林由香子・訳(小峰書店)



ウォーリアーズ・シリーズ第4期の第4巻です。
いつものように、一晩で読んでしまいました(*^ー^)ノ♪

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2018.05.22 *Tue*

『すごいね! みんなの通学路』

写真絵本です。


すごいね! みんなの通学路』ローズマリー・マカーニー文
 西田桂子・訳(西村書店)

←Amazonへ


困難な道のりを学校へと向かう子どもたちの姿を撮影した写真絵本です。
表紙の写真に惹かれて手に取りました。

学校がすごく遠くて、危険な道、道なき道を通う子どもたちがいます。

川を歩いて渡ったり、船に乗ったり。
川や谷に渡されたロープを手繰ったり。

ロバや牛や犬ぞりに乗って。
学校に飲み水がなければ、大きなたらいに水を入れて頭に乗せて。

そして、貧しくて家族のために働かなければならず、
学校へ行けない子どもたちもいるのです。


写真の子どもたちの笑顔が印象的でした。
小学校の読み聞かせで紹介したい内容ですが、
人数の多いクラスでは、ちょっと難しいかなと思いました。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書館利用)

花窗玻璃  シャガールの黙示』深水黎一郎(講談社)



フランスのランス・ノートルダム大聖堂を舞台にしたミステリ。
ランス大聖堂と言えばジャンヌ・ダルクですね。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2018.05.15 *Tue*

『ニャンさん なにみてるの?』

ニャンさん なにみてるの?』おくむらくにこ(新風舎)

←Amazonへ


 赤いお目めのニャンさん、何見てるの?
 真っ赤なリンゴ。大きなりんごを食べたいのね。

 ピンクのお目めのニャンさん、何見てるの?
 ピンクのお花。ちょうちょさんも気になるのかな。

 青いお目めのニャンさん、何見てるの?
 青い海。広い海のむこうへ行きたいな。


色々なものを見て目の色が変わるニャンさん。
ラストは、お月さまを見ておやすみなさい!

猫好きさんにおススメの一冊。詩のような雰囲気の絵本です。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書館利用)

トスカの接吻』深水黎一郎(講談社)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

10
3
4
6
7
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

月と星と妖精ダスト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在140冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

Twitter

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)