2017.10.17 *Tue*

『わたしのそばできいていて』

以前「読書介助犬」について書かれた本を読みましたが、
こちらは読書介助犬が登場するお話です。



わたしのそばできいていて』リサ・パップ作 菊田まりこ・訳(WAVE出版)

←Amazonへ


 マディは字を読むのが大嫌い。
 一番嫌いなのは、国語の時間。
 みんなの前で本を読むと、つっかえてしまって、みんながくすくす笑うから。

 土曜日、ママはマディを図書館に連れだした。
 奥の部屋へ行くと、犬がたくさんいた。

 図書館員のテンプルさんが大きな白い犬の前にマディを連れて行った。
 犬の名前はボニー。
 「ボニーに本を読んであげてほしい。
 ボニーはお話を聞くのが大好きなの」とテンプルさんに言われて、
 マディは思わず「うん」と答えていた。

 言葉が上手く出てこなくても、ボニーは笑ったりしない。
 マディの目を静かに見つめているだけだった。
 マディは気持ちが楽になった。

 それから、マディは図書館でボニーに本を読んであげるようになった。
 「ゆっくりでいい。まちがえてもいい」とボニーは言っているようだった。

 そして、ついにクラスで本を読む日がやってきた…



大きくて白い犬のボニーはふわふわ。
ボニーにもたれて本を読んだら楽しそうですね!


「読書介助犬」については、講談社の青い鳥文庫の『読書介助犬オリビア』が詳しいです。



 特別に訓練された読書介助犬は、
 何らかの理由で読書が困難な子どもたちの為に始まりました。

 犬は子どもが上手に朗読できなくても、決して笑いません。
 批判もしません。
 子どもたちは読書介助犬に朗読することで、
 自信を持つことができるようになるそうです。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書館利用)

クラッシュ・ブレイズ(6) ソフィアの正餐会』茅田砂胡(中央公論新社)



潜入捜査のため他校に潜り込む金銀黒天使の三人。
やはり銀天使が一番好き♪


クラッシュ・ブレイズ(7)大峡谷のパピヨン』茅田砂胡(中央公論新社)



誘拐事件多めのシリーズ。
今回誘拐(?)されたのは戦闘機!

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

ティーンズ向けのノンフィクションです。「読書介助犬オリビア」今西乃子・作 浜田一男・写真 (青い鳥文庫 講談社 2009年9月発行)←Amazonへ ――ソルトレークシティ中央図書館では、 お気に入りの犬と一緒に本を読むことができる―― 1998年に一匹の犬・オリビアから始まった、 R.E.A.D(Reading Education Assistance Dogs=読書介助犬)プログラムについて 書かれたノンフィクションです。 子どもたちは、読書介助犬に...
「読書介助犬オリビア」

関連記事

2017.10.14 *Sat*

『いらないねこ』

ぬいぐるみの猫のニャンコと本物の猫たちの物語『せかいいちのねこ』の続編です。


いらないねこ』ヒグチユウコ(白泉社)

←Amazonへ


 ある日ぬいぐるみの猫のニャンコは、草むらの中に捨てられていた
 赤ちゃん猫を拾いました。
 子猫は今にも死にそうに弱っていました。

 ニャンコは同じ家で暮らす猫と一緒に子猫を育てることにしました。
 子猫用のミルクを飲ませてやり、病院へも連れていきました。

 ニャンコの友達の猫の手助けもあり、子猫はすくすくと大きくなりました。
 ところが、別れは突然やってきたのでした…


タイトルの『いらないねこ』、何とも不穏な空気が漂っていますが、
猫たち(ぬいぐるみ含む)の優しいお話です。
ラストもハッピーエンドです。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書館利用)

クラッシュ・ブレイズ(3) ヴェロニカの嵐』茅田砂胡(中央公論新社)




子供の頃、『15少年漂流記』が大好きでした。
『ヴェロニカの嵐』は12人の子どもたちが無人の惑星で
サバイバルを繰り広げる物語で、面白かったです。
ただ、金天使の超人能力がなければ生存は厳しかったでしょうね。


クラッシュ・ブレイズ(4) パンドラの檻』茅田砂胡(中央公論新社)




クラッシュ・ブレイズ(5) オンタロスの剣』茅田砂胡(中央公論新社)




誰かがさらわれて、誰かが救出に向かう…そのパターンが多いかも(^_^.)
そして、何となく蚊帳の外に置かれ気味の銀天使が不憫…
『ヴェロニカの嵐』では銀天使も大活躍だったのですが。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪

『せかいいちのねこ』ヒグチユウコ(白泉社)←Amazonへ 男の子とずっと仲良しでいるため、 本物の猫になりたいと願うぬいぐるみのニャンコ。  猫のひげには魔力があるので、猫のひげを体の中に入れれば 猫になれると聞いたニャンコは、旅に出ます。 そして、色々な猫たちに出会います。   ずっと帽子を被って顔を隠している猫。  本屋の食いしん坊な猫。  年をとった大きな猫。(犬を連れて旅をしています!)   ...
『せかいいちのねこ』

関連記事

2017.10.09 *Mon*

『この本をかくして』

この本をかくして』マーガレット・ワイルド文 フレヤ・ブラックウッド絵
 アーサー・ビナード訳(岩崎書店)

←Amazonへ


 敵の飛行機が落とした爆弾が町の図書館にあたった。
 町は燃え、図書館は爆発し、本は皆木っ端みじんになり空に舞い上がった。

 だが、ピーターのお父さんが図書館から借りていた一冊の本が残った。
 次の日、敵の軍隊がやってきた。

 ピーターとお父さんは鉄の箱に本を入れ、町を脱出した。
 人々は長い列を作り、何日も歩き続ける。

 お父さんはやせ細り、ある夜息が止まっていた。
 ピーターは鉄の箱だけを持ち、歩き続けた。

 だが、高い山を越えなければならなくなり、
 ピーターは鉄の箱を山の手前の村はずれのシナノキの下に埋めた。
 そして山を越え、ピーターは海を渡った。

 戦争が終わり、ピーターは再び鉄の箱を埋めたシナノキを訪れた。
 シナノキの枝にはブランコが掛けられ、女の子がブランコに乗って遊んでいた…



恐らく第二次世界大戦中、ユダヤ人の人たちが決死の覚悟で
ヨーロッパを脱出した時のお話ではないかと思います。
歴史が苦手な私の推測ですので、間違っていましたら本当に申し訳ありません。

本には解説がなく、出版社のホームページにも
元になった出来事があるのか否かの記述がありませんでした。

ピーターがたどった道は、『おさるのジョージ』の作者のレイ夫妻が
ドイツ軍のパリ侵攻前にパリを脱出し、ジョージの原稿を守りながら
スペインとの国境を越えてアメリカへ渡った時のいきさつと良く似ています。


ところで、ピーターが守り抜いた本は赤い表紙で、
昔の人たちの話が書いてあり、それは金銀・宝石より大事だと
お父さんから言われていました。
それはどんな本だったのでしょう?

「ぼくらがどこからきたか」が書かれている本とは…
もしかすると、「ハガダー」かな?と思いました。
これも私の拙い推理ですので、全然違うかもしれませんが。

※ハガダー(ハッガーダー)とは
 ユダヤ教徒が過越の祭りで用いる本。
 過越祭は、虐げられていたユダヤ人が、
 モーセに率いられてエジプトを脱出した歴史に由来する祭り。
 ハガダーには「出エジプト記」や祭りの式次第が記されている。

もう少し歴史的背景や本に関する解説が欲しかったですね。
日本人にはピンときにくい内容だと思いますので、
こちらの絵本を読んだお子さんから質問されても、
困ってしまう方が多いかもしれません。



*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ児童書(図書館利用)

池上彰のよくわかる世界の宗教 イスラム教』池上彰・著
 こどもくらぶ・編(丸善出版株式会社)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2017.09.26 *Tue*

『パネルシアターやってみよう』

実践講義 パネルシアターやってみよう』月下和恵・著 太田理恵・絵(アイ企画)

今年の夏休みに初めてパネルシアターに挑戦しましたが、
そのころ読んだ本(参考書)です。
パネルシアターの基礎知識・作り方・演じ方、
そして下絵と脚本付きの作品が5点紹介されています。

パネルシアターも昔話に挑戦したいです。
『おばけのびんづめ』は面白そう♪



*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*



◇読んだ本(図書館利用)

デルフィニア戦記(17) 遥かなる星の流れに(上)』茅田砂胡(中央公論新社)

←Amazonへ


デルフィニア戦記(18) 遥かなる星の流れに(下)』茅田砂胡(中央公論新社)




『デルフィニア戦記』全18巻読み終わりました。
次は外伝を読み始めています。

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2017.09.22 *Fri*

『せかいいちのねこ』

せかいいちのねこ』ヒグチユウコ(白泉社)

←Amazonへ


 男の子とずっと仲良しでいるため、
 本物の猫になりたいと願うぬいぐるみのニャンコ。
 
 猫のひげには魔力があるので、猫のひげを体の中に入れれば
 猫になれると聞いたニャンコは、旅に出ます。
 そして、色々な猫たちに出会います。
 
  ずっと帽子を被って顔を隠している猫。
  本屋の食いしん坊な猫。
  年をとった大きな猫。(犬を連れて旅をしています!)
  
 途中、ニャンコの友達のアノマロが行方不明になったり、
 一人ぼっちの赤ちゃん猫を助けたりします。

 旅で出会う猫たちはみんな優しく親切です。
 ニャンコは、自分が望む幸せを手に入れることができるでしょうか…?


犬を連れた大きな猫が格好良いですね。
ちょっとスナフキンのようだな~と思いました。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書館利用)

デルフィニア戦記(16) 伝説の終焉』茅田砂胡(中央公論新社)


 
i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2017.09.20 *Wed*

『おりがみでのりものおもちゃ』

おりがみでのりものおもちゃ』いまいみさ(実業之日本社)

←Amazonへ


色々な乗り物を立体的に作りことができる折り紙の本です。

 はしご車・ポンプ車・パトカー・救急車・宅配車、
 ダンプ・トラック・ブルドーザー、清掃車・タンクローリー、
 電車に蒸気機関車…等々。

立体的な作品がメインですが、、平面的な作品もあります。
たくさん作って並べたら壮観だと思います。




◇こちらも(図書館利用)

男の子のかっこいい折り紙』いまいみさ(PHP)



上記の本と同じ作家さんの本です。

 機関車・車・船・ヨット、ロボット・UHO、
 動物・魚・恐竜・怪獣、ケータイ、スマホ、
 ハンバーガーセット・ケーキ、
 こいのぼり、サンタとトナカイ…等々。

平面的な折り紙です。



◇読んだ本(図書館利用)

デルフィニア戦記(12) ファロットの誘惑』茅田砂胡(中央公論新社)



P149の主人公の美しさに感動しました☆


デルフィニア戦記(13) 闘神達の祝宴』茅田砂胡(中央公論新社)



前巻に引き続き、美し過ぎる主人公に眼福眼福♪

i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2017.09.03 *Sun*

『季節を楽しむかわいい童謡おりがみ』

季節を楽しむかわいい童謡おりがみ』いまいみさ(チャイルド本社)

←Amazonへ


とても可愛い折り紙作品が150点以上登場します。
もちろん、作り方ものっています。

 【春】ちょうちょう・ことりのうた・まあるいたまご他

 【夏】かたつむり・あめふりくまのこ・やさいのうた他

 【秋】くいしんぼおばけ・パンダうさぎコアラ・どんぐりころころ他

 【冬】おはなしゆびさん・あわてんぼうのサンタクロース・こぶたたぬききつねねこ他

季節ごとの童謡に分けられています。
保育の現場以外でも、壁面飾りにしたり、
ペープサートやマグネットシアターなどなど、
図書室やおはなし会でも活躍しそうです。
おはなし会に参加してくれたお子さんに渡すプレゼントにしても良いですね。

色々アイディアは湧くのですが、なかなか作る時間が……p(´⌒`q)
いまいみさ氏のおりがみ・シリーズの本はたくさんあるようですので、
まずはどんどん読んでみたいと思います。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ本(図書館利用)

デルフィニア戦記(1) 放浪の戦士』茅田砂胡(中央公論新社)



i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2017.08.06 *Sun*

『ねこの看護師ラディ』

実話です。



ねこの看護師ラディ』渕上サトリーノ・文 上杉忠弘・絵(講談社)

←Amazonへ


 雪の日に捨てられていた黒いオスの子猫。
 アニマルシェルター(動物保護施設)に連れて来られた時には、
 ほとんど死にかけていた。

 「少しでも楽に死なせてあげよう」と獣医さんが言った時、
 奇跡が起きた。
 その日から子猫は必死に立ち上がり、
 エサを食べるようになったのだ。

 子猫は、ラディ(ラデネメス)と名付けられ、
 三か月後にはすっかり元気になった。

 ある日、車にはねられた大きな犬が施設に運び込まれてきた。
 ラディは犬にそっと寄り添い、犬を抱きしめた。

 ある時は、ひどいやけどを負った大きなヘラジカが運び込まれた。
 ラディは、朝までヘラジカに体を摺り寄せて過ごした。
 ヘラジカはもう助からない運命だったが…

 施設には様々な動物がやってくる。
 何日も食べられなかった子猫。
 飛べなくなったフクロウ。
 車にはねられたリス。
 人間に傷つけられたジャーマン・シェパード。

 ラディがそこにいるだけで、傷ついた動物たちを穏やかな空気が包み、
 いやすのだった。
 ラディは猫の看護師として今日も働いている。



ラディは、2014年11月、ポーランド北部の町で保護された、
実在する黒猫です。
ラディの話題はインターネットで広がり、海外からの取材も来るようになりました。
心温まるお話です。


*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*


◇読んだ児童書(図書館利用)

絵本 旅猫リポート』有川浩・文 村上勉・絵(文藝春秋)


 
i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2017.08.04 *Fri*

『シュヴァル 夢の宮殿をたてた郵便配達夫』

フランスの郵便配達夫がたった一人で建てた「宮殿」。
TV番組「美の巨人」で紹介された絵本です。
実話です。



シュヴァル 夢の宮殿をたてた郵便配達夫』岡谷公二・文 山根秀信・絵(福音館書店)

←Amazonへ


 今から100年ほど前、フランス南部のオートリーヴという小さな村に、
 一人の無口な郵便配達夫シュヴァルという人がいた。

 シュヴァルが43歳の時、配達の途中で不思議な形の石につまずいた。
 その日からシュヴァルは面白い形の石を集め始めた。
 シュヴァルの家の敷地は、集めてきた石で一杯になった。
 
 シュヴァルは建築の知識は全くなかったし、村人たちからは白い目で見られたが、
 たった一人で石を積み上げ続けた。
 
 そして、33年の歳月を掛け、
 シュヴァルの「理想宮」と名付けられた夢の宮殿が完成したのだった。



1912年に完成した宮殿の広さは約100坪、高さは約10m。
摩訶不思議な彫像が立ち並ぶ、古代の遺跡のような、
神秘的な寺院のような建物です。

1924年、シュヴァルは亡くなりました。
1937年にピカソが訪れ、絶賛しました。
1969年には、フランスの重要建造物に指定されました。


時代背景としては、植民地などの国々の情報がどっと入ってきたこと。
万国博覧会が開かれて、他国への憧れが掻き立てられたこと。
それらが、シュヴァルの想像力をさらに羽ばたかせたのでしょう。

「美の巨人たち ピカソ絶賛!郵便配達人が作り上げた夢の宮殿シュヴァルの理想宮」は、
テレビ東京で2017年6月17日に放送されました。



*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*



◇読んだ絵本(図書館利用)

よしおくんがぎゅうにゅうをこぼしてしまったおはなし』及川賢治 竹内繭子(岩崎書店)


 
i_ball02.jpg拍手ありがとうございます! 励みになります♪
関連記事

2017.08.01 *Tue*

購入した絵本(8月)

備忘録です。


ねこの看護師ラディ』渕上サトリーノ・文 上杉忠弘・絵(講談社)

category : 未分類 | 絵本 | 本・雑誌

10
2
3
4
6
8
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

ムーンライト

fc2ブログランキング

ブログランキングから退会致しました。
これまで応援ポチをして下さった皆様、
本当にありがとうございました!

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

タグで検索

↑カテゴリー「絵本の感想」についているタグです。クリックで検索できます。(大まかな分類です)

最新コメント

リンク

プロフィール

真雪

Author:真雪
管理人の真雪(まゆき)です。
趣味はお人形の収集と
写真撮影です。
人形は本館「銀うさぎの庭」へ、
写真は別館「MoonFish」へどうぞ♪

◇当ブログはリンクフリーです。
(相互は募集しておりません)

★予告なく人形の写真を
アップする事があります。
人形が苦手な方はご注意下さい。


ブログ開設日:2009/07/03

管理人のホームページ

月夜の青猫
当ブログの倉庫サイト
絵本の本棚ではおはなし会向けの絵本をご紹介(現在133冊) 紙芝居(50冊以上)と中世ミステリのページもあります♪

ムーミンの小箱
ムーミンの小箱

銀うさぎの庭:本館
本館:お人形のサイト

MoonFish
別館:野の花の写真サイト

FC2カウンター

My本棚

月別アーカイブ

Copyright © 月夜の青猫絵本箱 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)